中国茶ファンのためのデータベース&ニュース


  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  4. ランキング一覧
  1. 産地情報
  2. 208 view

お茶が分かりにくくなる理由

お茶の産地については雄弁に語られることが多いのですが、しかし具体的な話になるとぼかした書き方になり、それによって分かりにくいと感じられることもあります。普洱…

  1. 科学と機能性
  2. 223 view

プーアル茶に賞味期限が無い理由

プーアル茶は賞味期限が無いとか長期保存ができると言われます。とりわけ、生茶と呼ばれる渥堆発酵をしていないものは珍重されるのですが、その変化について分かりやす…

  1. 産地情報
  2. 77 view

普洱茶の名産地・昔帰の忙麓山

プーアル茶の名産地として知られる臨滄市の昔帰にある忙麓山について紹介する記事がありました。全ての大葉種茶の中で、個人的に最も好きな名…

  1. 産地情報
  2. 186 view

法外な値段の武夷岩茶の裏にある事情

武夷岩茶では、最近、”牛肉”、”馬肉”などの産地を細分化したお茶が人気を集めていて、1斤1万元を超えるようなお茶も珍しくありません。しかし、産地の状況を見る…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 83 view

中国の茶教育業界の現状と展望

中国では茶芸師、評茶員などの国家資格取得のための訓練講座の開設を中心に、お茶の教育ビジネスが拡大傾向を見せています。その教育の現状と課題を考察した記事をご紹…

  1. 産地情報
  2. 152 view

写真で見るプーアル茶の作り方

プーアル茶の製法について写真でわかりやすく解説している記事がありましたので、ご紹介します。普洱茶制作工艺详解雲南景邁山景邁山は一年中…

  1. 歴史と文化
  2. 131 view

茶馬貿易の停止が引き起こした戦争

お茶が戦争に関わった事例として、アヘン戦争を思い浮かべる方も多いと思います。あまり日本では知られていないのですが、辺境の少数民族との間でも激しい戦争を引き起…

  1. 産地情報
  2. 151 view

雲南の至宝「紫娟茶」

最近、日本でも名前が聞かれるようになってきた紫娟茶。あまり詳しい情報がないので、現地の記事を翻訳してご紹介します。云南瑰宝——紫娟20世纪50年…

  1. 産地情報
  2. 69 view

安渓の鑑定ブレンド&焙煎コンテスト

安渓鉄観音はブレンドが基本になっているお茶で、さまざまな畑のお茶だったり、場合によってはさまざまな品種をブレンド、そして焙煎を加えて安定した製品のお茶に仕上げる…

  1. 市場環境
  2. 91 view

抹茶は浙江省の茶産業の新たな力に

浙江省が抹茶の輸出に力を入れているようです。抹茶为浙江茶产业出口带来新动力今年前三季度,经浙江检验检疫局检验出口的抹茶约9吨,货值22万美元,同比数…

  1. 市場環境
  2. 76 view

二極分化した今年のプーアル茶

今年、雲南のプーアル茶は逆行高の様相を呈していると報道されていますが、その中身を見てみると、二極分化が進んでいるようです。临沧马台/…

  1. 産地情報
  2. 68 view

茶摘み人不足をどうやって解決するか

労働集約的な茶業の典型とも言える茶摘み作業ですが、これに依存せざるをえない中国茶はコストアップの影響をもろに受けます。浙江省のある産地の様子をご紹介します。…

  1. 科学と機能性
  2. 153 view

雲南大葉種の特徴をみる

雲南省の茶葉品種である雲南大葉種についてまとめている記事がありましたので、ご紹介します。雲南大葉種茶中国の著名な優良茶樹品種で、雲南…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 120 view

茶はなぜ雅やかになりすぎるのか

中国の茶業界でもお茶会はどんどん先鋭化していって、それこそ茶室ごと作ってしまう茶空間などが流行っているわけですが、こうした過度な”雅やかさ”を懸念する向きもあり…

  1. 市場環境
  2. 83 view

福建南部では台湾茶の普及が進む

ECFAが発効したことなどから、中国大陸と台湾の間でのお茶の流通が活発化しています。福建省南部では、台湾茶が一般の家庭のお茶の間に登場することも増えているよ…

  1. 歴史と文化
  2. 169 view

洞庭山碧螺春の歴史と現状

蘇州の名茶である洞庭山碧螺春。その歴史と現状についてまとまっている記事がありましたので、ご紹介します。苏州打响洞庭山碧螺春"金字招牌"促茶产业发展…

  1. 産地情報
  2. 125 view

プーアル茶の唛号の読み方

プーアル茶の選び方の記事がありましたのでご紹介します。选普洱茶讲究“清纯正气”普洱茶因具有降血脂、暖胃、减肥等作用而受到人们的青睐,然而随着…

  1. 産地情報
  2. 100 view

英徳茶の過去・現在・未来

紅茶の産地として知られる広東省英徳市の茶産業について整理された記事がありましたので、ご紹介します。広東省随一の県レベルの茶産地である…

  1. 標準・基準
  2. 77 view

伝統鉄観音の標準作りへ

安渓ではここのところ伝統的な製法の鉄観音の見直しが進んでいます。そうした動きをさらに一歩進める取り組みとして、製茶のプロフェッショナル(製茶大師)を集めた会…

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 151 view

白沙渓の千両茶

湖南省益陽市安化県で作られている安化黒茶。その中でも見た目のインパクト抜群の千両茶の製造技法について、紹介されていました。白沙溪千两茶——精湛工艺成就完…

  1. 市場環境
  2. 74 view

中国の有機農業の現状

食の安全に関しては中国でも大変関心を持たれているところで、その結果、有機製品に関しての注目度も上がってきています。そんな中国の有機農業の事情の一端を紹介した…

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 98 view

安吉白茶30年の歩み

中国茶の世界では、ここのところ、一気に天下を取るようなお茶が続々と出ています。その中の1つが安吉白茶ですが、このお茶の30年ほどの歩みについて、安吉県の副県…

  1. 産地情報
  2. 186 view

法外な値段の武夷岩茶の裏にある事情

武夷岩茶では、最近、”牛肉”、”馬肉”などの産地を細分化したお茶が人気を集めていて、1斤1万元を超えるようなお茶も珍しくありません。しかし、産地の状況を見る…

  1. 科学と機能性
  2. 118 view

普洱熟茶の軽発酵と重発酵

渥堆発酵を経た普洱熟茶でも、渥堆の程度により軽い発酵のものと重い発酵のものがあります。その違いについてまとめた記事がありましたのでご紹介します。&n…

  1. 産地情報
  2. 76 view

雲南省広南県、抹茶生産で戦略提携

雲南省文山チワン族ミャオ族自治州にある広南県では、抹茶の生産に力を入れる方針を打ち出しており、北京の会社と戦略提携を結び、3つの試験茶園を稼働させているそうです…

  1. 歴史と文化
  2. 60 view

中国でお茶を学べる大学

中国ではお茶は学問になっており、茶学部(中国語では「茶学系」)を設けている大学(学院=Collage、単科大学のこと)が全国にあります。雲南省の地方紙が全国…

  1. 科学と機能性
  2. 58 view

雲南大葉種の特徴をみる

雲南省の茶葉品種である雲南大葉種についてまとめている記事がありましたので、ご紹介します。雲南大葉種茶中国の著名な優良茶樹品種で、雲南…

  1. 産地情報
  2. 30 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. 産地情報
  2. 27 view

法外な値段の武夷岩茶の裏にある事情

武夷岩茶では、最近、”牛肉”、”馬肉”などの産地を細分化したお茶が人気を集めていて、1斤1万元を超えるようなお茶も珍しくありません。しかし、産地の状況を見る…

  1. 科学と機能性
  2. 26 view

”水味”が生じる4つの原因

お茶とお湯の味が馴染んでおらず、水っぽさやお湯の味の特徴が感じられてしまうことを”水味”と呼びます。プーアル茶で”水味"が発生する場合の原因について考察した…

  1. 科学と機能性
  2. 24 view

普洱茶の老茶頭について

普洱茶に老茶頭(茶頭とも)と呼ばれるお茶があります。このお茶について詳しく解説している記事がありましたので紹介します。老茶頭は、…

  1. 歴史と文化
  2. 24 view

ロシアの代用茶・イワン茶

中国とロシアの間では昔から茶貿易が行われていました。昔から「中国のお茶は高い」という評価だったようで、代用品としてイワン茶というお茶がロシアでは出回っており…

  1. 産地情報
  2. 23 view

無量山の茶を守る人

普洱茶の著名な産地の一つに無量山(无量山。「无」は「無」の簡体字)という産地があります。有名な産地というのは、「昔から有名」だけでは成立せず、今の時代に合わ…

  1. 産地情報
  2. 21 view

英徳茶の過去・現在・未来

紅茶の産地として知られる広東省英徳市の茶産業について整理された記事がありましたので、ご紹介します。広東省随一の県レベルの茶産地である…

  1. 科学と機能性
  2. 21 view

プーアル茶に賞味期限が無い理由

プーアル茶は賞味期限が無いとか長期保存ができると言われます。とりわけ、生茶と呼ばれる渥堆発酵をしていないものは珍重されるのですが、その変化について分かりやす…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 21 view

紫砂コレクターの嘆き

お茶にハマっていくと欲しくなるのが紫砂茶壺です。しかし、値段の高騰が著しく、地元のコレクターたちも色々考えることがあるようです。紫砂壶收藏 “传世之壶”…

  1. 産地情報
  2. 20 view

困鹿山の古茶園保護に向けた現地調査

雲南省普洱市の寧洱ハニ族イ族自治県にある困鹿山は、かつて献上茶の茶園があったことで知られています。この古茶園を保護する動きが進んでいますが、県のトップが現地…

  1. 科学と機能性
  2. 20 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 茶と旅
  2. 19 view

130年前の九曲紅梅と茶旅の進展

130年以上前の九曲紅梅の骨董茶が大変な高値の値付けをされたそうです。また、産地では新しい博物館が建設されたり、最近の九曲紅梅の動きが出ているようです。…

  1. 産地情報
  2. 19 view

湖北省の青磚茶、再興に向けての動き

名前は知られているものの、日本にはあまり実態が紹介されていないお茶というのが良くあります。そのようなお茶の1つ、湖北省の青磚茶について紹介し、また今後の課題…

  1. 茶と旅
  2. 18 view

茶と旅の融合で茶産地が観光地に

中国の各茶産地では、旅行需要を取り込む”茶旅”の推進が盛んです。重慶市開州区にある村の茶園にも、観光客が続々と訪れているようです。…

  1. 歴史と文化
  2. 18 view

世界茶葉図書館がオープン

5月21日の国際お茶の日に、雲南省昆明市にある西南林業大学で「世界茶葉図書館」と「古茶樹研究センター」がオープンしたそうです。5月21日、初めての”国際…

  1. 産地情報
  2. 18 view

重慶市南川区の茶摘みの様子

新型コロナウイルスによる感染症の影響で企業活動が止まっていましたが、茶葉会社の操業が徐々に再開されています。湖北省の隣にある重慶市。その南川区での茶摘みと生…

  1. 産地情報
  2. 18 view

天台黄茶の茶摘み風景

最近、中国で流行している品種的な黄茶(製法上は緑茶)である天台黄茶の収穫の様子が紹介されていました。最近,记者在街头镇、南屏乡走访时,看到茶农正忙着…

  1. 産地情報
  2. 17 view

溧陽白茶の茶摘み風景

江蘇省溧陽(りつよう)市で生産されている溧陽白茶(天目湖白茶)の茶摘みの様子が紹介されていました。4月2日,在江苏天目湖生态农业有限公司的茶园内,工人在采摘…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 17 view

中国の”積み茶”事情

今年は大分冷え込んでいるようですが、ここ数年、中国では贈答品としての茶葉の需要が高まっていました。しかし、贈答品というと、やはり飲みきれないというお茶も出て…

  1. 科学と機能性
  2. 118 view

普洱熟茶の軽発酵と重発酵

渥堆発酵を経た普洱熟茶でも、渥堆の程度により軽い発酵のものと重い発酵のものがあります。その違いについてまとめた記事がありましたのでご紹介します。&n…

  1. 産地情報
  2. 76 view

雲南省広南県、抹茶生産で戦略提携

雲南省文山チワン族ミャオ族自治州にある広南県では、抹茶の生産に力を入れる方針を打ち出しており、北京の会社と戦略提携を結び、3つの試験茶園を稼働させているそうです…

  1. 歴史と文化
  2. 60 view

中国でお茶を学べる大学

中国ではお茶は学問になっており、茶学部(中国語では「茶学系」)を設けている大学(学院=Collage、単科大学のこと)が全国にあります。雲南省の地方紙が全国…

  1. 科学と機能性
  2. 58 view

雲南大葉種の特徴をみる

雲南省の茶葉品種である雲南大葉種についてまとめている記事がありましたので、ご紹介します。雲南大葉種茶中国の著名な優良茶樹品種で、雲南…

  1. 産地情報
  2. 30 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. 産地情報
  2. 27 view

法外な値段の武夷岩茶の裏にある事情

武夷岩茶では、最近、”牛肉”、”馬肉”などの産地を細分化したお茶が人気を集めていて、1斤1万元を超えるようなお茶も珍しくありません。しかし、産地の状況を見る…

  1. 科学と機能性
  2. 26 view

”水味”が生じる4つの原因

お茶とお湯の味が馴染んでおらず、水っぽさやお湯の味の特徴が感じられてしまうことを”水味”と呼びます。プーアル茶で”水味"が発生する場合の原因について考察した…

  1. 科学と機能性
  2. 24 view

普洱茶の老茶頭について

普洱茶に老茶頭(茶頭とも)と呼ばれるお茶があります。このお茶について詳しく解説している記事がありましたので紹介します。老茶頭は、…

  1. 歴史と文化
  2. 24 view

ロシアの代用茶・イワン茶

中国とロシアの間では昔から茶貿易が行われていました。昔から「中国のお茶は高い」という評価だったようで、代用品としてイワン茶というお茶がロシアでは出回っており…

  1. 産地情報
  2. 23 view

無量山の茶を守る人

普洱茶の著名な産地の一つに無量山(无量山。「无」は「無」の簡体字)という産地があります。有名な産地というのは、「昔から有名」だけでは成立せず、今の時代に合わ…

  1. 産地情報
  2. 21 view

英徳茶の過去・現在・未来

紅茶の産地として知られる広東省英徳市の茶産業について整理された記事がありましたので、ご紹介します。広東省随一の県レベルの茶産地である…

  1. 科学と機能性
  2. 21 view

プーアル茶に賞味期限が無い理由

プーアル茶は賞味期限が無いとか長期保存ができると言われます。とりわけ、生茶と呼ばれる渥堆発酵をしていないものは珍重されるのですが、その変化について分かりやす…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 21 view

紫砂コレクターの嘆き

お茶にハマっていくと欲しくなるのが紫砂茶壺です。しかし、値段の高騰が著しく、地元のコレクターたちも色々考えることがあるようです。紫砂壶收藏 “传世之壶”…

  1. 産地情報
  2. 20 view

困鹿山の古茶園保護に向けた現地調査

雲南省普洱市の寧洱ハニ族イ族自治県にある困鹿山は、かつて献上茶の茶園があったことで知られています。この古茶園を保護する動きが進んでいますが、県のトップが現地…

  1. 科学と機能性
  2. 20 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 茶と旅
  2. 19 view

130年前の九曲紅梅と茶旅の進展

130年以上前の九曲紅梅の骨董茶が大変な高値の値付けをされたそうです。また、産地では新しい博物館が建設されたり、最近の九曲紅梅の動きが出ているようです。…

  1. 産地情報
  2. 19 view

湖北省の青磚茶、再興に向けての動き

名前は知られているものの、日本にはあまり実態が紹介されていないお茶というのが良くあります。そのようなお茶の1つ、湖北省の青磚茶について紹介し、また今後の課題…

  1. 茶と旅
  2. 18 view

茶と旅の融合で茶産地が観光地に

中国の各茶産地では、旅行需要を取り込む”茶旅”の推進が盛んです。重慶市開州区にある村の茶園にも、観光客が続々と訪れているようです。…

  1. 歴史と文化
  2. 18 view

世界茶葉図書館がオープン

5月21日の国際お茶の日に、雲南省昆明市にある西南林業大学で「世界茶葉図書館」と「古茶樹研究センター」がオープンしたそうです。5月21日、初めての”国際…

  1. 産地情報
  2. 18 view

重慶市南川区の茶摘みの様子

新型コロナウイルスによる感染症の影響で企業活動が止まっていましたが、茶葉会社の操業が徐々に再開されています。湖北省の隣にある重慶市。その南川区での茶摘みと生…

  1. 産地情報
  2. 18 view

天台黄茶の茶摘み風景

最近、中国で流行している品種的な黄茶(製法上は緑茶)である天台黄茶の収穫の様子が紹介されていました。最近,记者在街头镇、南屏乡走访时,看到茶农正忙着…

  1. 産地情報
  2. 17 view

溧陽白茶の茶摘み風景

江蘇省溧陽(りつよう)市で生産されている溧陽白茶(天目湖白茶)の茶摘みの様子が紹介されていました。4月2日,在江苏天目湖生态农业有限公司的茶园内,工人在采摘…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 17 view

中国の”積み茶”事情

今年は大分冷え込んでいるようですが、ここ数年、中国では贈答品としての茶葉の需要が高まっていました。しかし、贈答品というと、やはり飲みきれないというお茶も出て…

中国茶の本棚 新着

中国茶のお店・教室 新着

ブログチェッカー

PAGE TOP