中国茶ファンのためのデータベース&ニュース


  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  4. ランキング一覧
  1. 産地情報
  2. 63 view

湖南省茶陵県、茶業が急成長中

湖南省株洲市に茶陵県という場所があります。ここの茶業の様子について紹介した記事がありました。茶陵は茶にちなんだ名前で、中国で唯一…

  1. 産地情報
  2. 84 view

白鶯山の茶と仏教の繋がり

雲南省臨滄市の雲県にある白鶯山村は、良質なプーアル茶の産地として知られていますが、仏教と茶の繋がりを考察する上でも重要な場所です。産地の様子を臨滄県政府が紹…

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 155 view

安吉白茶30年の歩み

中国茶の世界では、ここのところ、一気に天下を取るようなお茶が続々と出ています。その中の1つが安吉白茶ですが、このお茶の30年ほどの歩みについて、安吉県の副県…

  1. 市場環境
  2. 162 view

茶葉市場の生き残り競争も激化

中国ではあちこちに茶葉市場(茶城)があります。日本人がイメージする”市場”とはちょっと違い、小売りもやってくれる場所なので、一般の人も足を運んでいます。…

  1. 市場環境
  2. 190 view

芽苞茶はプーアル茶とは無関係

以前にもご紹介したことのある芽包茶。 「芽包茶が福州でも話題に」プーアル茶専門店で販売されていることが多いことから、プーアル茶の芽の部分であるかのように思わ…

  1. 産地情報
  2. 148 view

桂花烏龍茶、中高級路線へも

桂花烏龍茶というと、安い烏龍茶に香りを付けたもの・・・というイメージがありますが、最近は高級路線のお茶も出てきているようです。安溪金秋"打桂花" 桂花乌龙茶…

  1. 産地情報
  2. 142 view

福建省最貧の村、お茶で豊かに

中国の社会問題で「農村と都市の格差」というのがあるわけですが、その解決策の1つとして茶業が積極的に利用されています。福建省のある村の事例です。柘荣熊透村…

  1. 産地情報
  2. 152 view

安渓県、茶からの転作を奨励

福建省安渓県といえば、安渓鉄観音の産地として名高く、山全体が茶畑になっているような所もありました。しかし、こうした発展の方向性は既に過去のものになっているよ…

  1. 産地情報
  2. 227 view

英徳茶の過去・現在・未来

紅茶の産地として知られる広東省英徳市の茶産業について整理された記事がありましたので、ご紹介します。広東省随一の県レベルの茶産地である…

  1. 産地情報
  2. 287 view

金駿眉の贅沢な暗号

金骏眉的奢华密码(一)金骏眉在茶界江湖上是个神话,短短数年,从无到有,从初问世的500克3600元到目前的上万元甚至数万元。金骏眉缘何奢华至此?本报《茶…

  1. 産地情報
  2. 161 view

武夷山、品種茶の時代がまもなく

武夷山の岩茶は、これまで大紅袍推しで来た面が強くありました。しかし、これからは様々な品種のお茶を推奨していく時代になっていくかもしれません。武夷山:品种…

  1. 歴史と文化
  2. 232 view

炒青と蒸青

茶本主义:中国人的茶感觉系统演变史中国人贪念茶叶的香气与滋味,“蒸青”即以热气煮蒸方式将鲜茶所含各种香与味的成分保留下来,以供享受;鲁成银说:“炒青”技…

  1. 科学と機能性
  2. 295 view

普洱熟茶の軽発酵と重発酵

渥堆発酵を経た普洱熟茶でも、渥堆の程度により軽い発酵のものと重い発酵のものがあります。その違いについてまとめた記事がありましたのでご紹介します。&n…

  1. 産地情報
  2. 84 view

白鶯山の茶と仏教の繋がり

雲南省臨滄市の雲県にある白鶯山村は、良質なプーアル茶の産地として知られていますが、仏教と茶の繋がりを考察する上でも重要な場所です。産地の様子を臨滄県政府が紹…

  1. 市場環境
  2. 141 view

ペットボトルの普及は茶業界のチャンス

日本の場合、ペットボトルのお茶は大変低く見られがちですが、どうやら中国では、茶を現代人の生活に溶け込ませる手段として、非常にポジティブに捉えられているようです。…

  1. 産地情報
  2. 117 view

勐臘県の古茶山

雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州にある勐臘県(勐腊县)には、古六大茶山のうちの5つの茶山があります。これらの産地の違いについて解説している記事がありました…

  1. 市場環境
  2. 136 view

福建南部では台湾茶の普及が進む

ECFAが発効したことなどから、中国大陸と台湾の間でのお茶の流通が活発化しています。福建省南部では、台湾茶が一般の家庭のお茶の間に登場することも増えているよ…

  1. 産地情報
  2. 139 view

復興に向かう九曲紅梅

杭州の双璧とされながらも、なかなか見かけることの少なかった九曲紅梅。いよいよ本格的に復興に向けての動きが出ているようです。开始走…

  1. 産地情報
  2. 248 view

写真で見るプーアル茶の作り方

プーアル茶の製法について写真でわかりやすく解説している記事がありましたので、ご紹介します。普洱茶制作工艺详解雲南景邁山景邁山は一年中…

  1. 標準・基準
  2. 264 view

陳香型鉄観音についてのQ&A

今年の4月、鉄観音の国家標準に新たに加わった陳香型鉄観音(いわゆる陳年鉄観音)。その内容については、今ひとつ理解が深まっていないということなのか、Q&A形式…

  1. 産地情報
  2. 241 view

雲南の至宝「紫娟茶」

最近、日本でも名前が聞かれるようになってきた紫娟茶。あまり詳しい情報がないので、現地の記事を翻訳してご紹介します。云南瑰宝——紫娟20世纪50年…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 148 view

中国の茶教育業界の現状と展望

中国では茶芸師、評茶員などの国家資格取得のための訓練講座の開設を中心に、お茶の教育ビジネスが拡大傾向を見せています。その教育の現状と課題を考察した記事をご紹…

  1. 産地情報
  2. 132 view

信陽市の新製品品評会

名茶・信陽毛尖の産地として知られる河南省信陽市。最近は、信陽紅という紅茶をヒットさせ、新商品開発にも力を入れています。そんな信陽市の次の一手が分かるよう…

  1. 産地情報
  2. 285 view

湖北省の青磚茶、再興に向けての動き

名前は知られているものの、日本にはあまり実態が紹介されていないお茶というのが良くあります。そのようなお茶の1つ、湖北省の青磚茶について紹介し、また今後の課題…

  1. 科学と機能性
  2. 469 view

雲南大葉種の特徴をみる

雲南省の茶葉品種である雲南大葉種についてまとめている記事がありましたので、ご紹介します。雲南大葉種茶中国の著名な優良茶樹品種で、雲南…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 185 view

茶はなぜ雅やかになりすぎるのか

中国の茶業界でもお茶会はどんどん先鋭化していって、それこそ茶室ごと作ってしまう茶空間などが流行っているわけですが、こうした過度な”雅やかさ”を懸念する向きもあり…

  1. 市場環境
  2. 72 view

杭州市、天価茶の取り締まりを強化

ここのところ、当局が取り締まりを強化しているのが”天価茶”と呼ばれる、実勢とはかけ離れた高額の茶葉です。浙江省杭州市では、その取り締まり強化が行われており、…

  1. 産地情報
  2. 68 view

数年で進化した四川省の茶産地

四川省の茶産地の様子と産業化への改革や取り組みを紹介した記事がありましたので、ご紹介します。中国の茶産地の取り組みが良く分かる記事だと思います。&n…

  1. 産地情報
  2. 58 view

生態的防除を行う黄山毛峰の茶園

中国では農薬問題に消費者が過敏になっており、最近では農薬などを使用しない生態的防除(绿色防控)を行う茶園(生態茶園といいます)が増えています。名茶として知ら…

  1. 産地情報
  2. 35 view

広東省肇慶市懐集県の単叢茶

単叢といえば、広東省潮州市の鳳凰単叢のイメージですが、広東省の別の地域でも単叢茶の生産が行われています。広東省北西部にある肇慶市懐集県では、現在、単叢茶の収…

  1. 科学と機能性
  2. 29 view

雲南大葉種の特徴をみる

雲南省の茶葉品種である雲南大葉種についてまとめている記事がありましたので、ご紹介します。雲南大葉種茶中国の著名な優良茶樹品種で、雲南…

  1. 歴史と文化
  2. 26 view

中国でお茶を学べる大学

中国ではお茶は学問になっており、茶学部(中国語では「茶学系」)を設けている大学(学院=Collage、単科大学のこと)が全国にあります。雲南省の地方紙が全国…

  1. 市場環境
  2. 22 view

辺銷茶の増値税、免税措置継続を決定

少数民族向けの辺銷茶は、生産企業への補助金の支給や税制面での優遇などで、購入しやすい価格になるような調整が行われていますが、このたび、日本の消費税に相当する増値…

  1. 産地情報
  2. 21 view

法外な値段の武夷岩茶の裏にある事情

武夷岩茶では、最近、”牛肉”、”馬肉”などの産地を細分化したお茶が人気を集めていて、1斤1万元を超えるようなお茶も珍しくありません。しかし、産地の状況を見る…

  1. 産地情報
  2. 18 view

4枚の図で分かる普洱茶の主要産地

プーアル茶の産地は広範囲に及んでおり、馴染みの無い地名があるために、混乱しがちです。4枚の図で分かりやすく産地を解説している記事がありましたので、ご紹介しま…

  1. 茶と旅
  2. 18 view

カシュガルの百年老茶館

カシュガルの旧市街地(古城)にある茶館が紹介されていました。カシュガルに来なければ新疆に来たとは言えなくて、カシュガル古城に来なけれ…

  1. 科学と機能性
  2. 18 view

茯茶の金花が特別なところ

茯磚茶などで見られる、黄色い粒々のことを金花といいます。その金花がどのように特別なのかについて書かれた記事がありましたので、ご紹介します。"金花"是一种…

  1. 科学と機能性
  2. 17 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 産地情報
  2. 17 view

深刻な人手不足

河南:信阳毛尖出现“茶工荒”从清明节前3天至今,大量没有任何营运手续甚至没有车牌的面包车来回穿梭于信阳火车站、汽车站与各地茶山之间。车主和雇用这些车辆的…

  1. 市場環境
  2. 16 view

中国茶の機械化が進まない理由

中国茶の機械化が何故進まないのかについて考察した記事がありましたので、紹介します。茶業機械業界と茶業界の一致した努力により、中国茶葉…

  1. 科学と機能性
  2. 16 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 産地情報
  2. 16 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. 産地情報
  2. 16 view

紅茶になる梅占

梅占というと、烏龍茶の品種というイメージがあります。しかし、最近は紅茶の良質な原料としてブレイクしているようです。梅占茶叶成“政和工夫”红茶优质原料…

  1. 産地情報
  2. 14 view

湖南省茶陵県、茶業が急成長中

湖南省株洲市に茶陵県という場所があります。ここの茶業の様子について紹介した記事がありました。茶陵は茶にちなんだ名前で、中国で唯一…

  1. 産地情報
  2. 13 view

雲南省普洱市の茶摘みの様子

雲南省普洱市の茶摘みの様子も報道されていましたので、ご紹介します。2月24日、取材をしていると、普洱市思茅区の茶園も続々と茶摘みの時…

  1. 市場環境
  2. 72 view

杭州市、天価茶の取り締まりを強化

ここのところ、当局が取り締まりを強化しているのが”天価茶”と呼ばれる、実勢とはかけ離れた高額の茶葉です。浙江省杭州市では、その取り締まり強化が行われており、…

  1. 産地情報
  2. 68 view

数年で進化した四川省の茶産地

四川省の茶産地の様子と産業化への改革や取り組みを紹介した記事がありましたので、ご紹介します。中国の茶産地の取り組みが良く分かる記事だと思います。&n…

  1. 産地情報
  2. 58 view

生態的防除を行う黄山毛峰の茶園

中国では農薬問題に消費者が過敏になっており、最近では農薬などを使用しない生態的防除(绿色防控)を行う茶園(生態茶園といいます)が増えています。名茶として知ら…

  1. 産地情報
  2. 35 view

広東省肇慶市懐集県の単叢茶

単叢といえば、広東省潮州市の鳳凰単叢のイメージですが、広東省の別の地域でも単叢茶の生産が行われています。広東省北西部にある肇慶市懐集県では、現在、単叢茶の収…

  1. 科学と機能性
  2. 29 view

雲南大葉種の特徴をみる

雲南省の茶葉品種である雲南大葉種についてまとめている記事がありましたので、ご紹介します。雲南大葉種茶中国の著名な優良茶樹品種で、雲南…

  1. 歴史と文化
  2. 26 view

中国でお茶を学べる大学

中国ではお茶は学問になっており、茶学部(中国語では「茶学系」)を設けている大学(学院=Collage、単科大学のこと)が全国にあります。雲南省の地方紙が全国…

  1. 市場環境
  2. 22 view

辺銷茶の増値税、免税措置継続を決定

少数民族向けの辺銷茶は、生産企業への補助金の支給や税制面での優遇などで、購入しやすい価格になるような調整が行われていますが、このたび、日本の消費税に相当する増値…

  1. 産地情報
  2. 21 view

法外な値段の武夷岩茶の裏にある事情

武夷岩茶では、最近、”牛肉”、”馬肉”などの産地を細分化したお茶が人気を集めていて、1斤1万元を超えるようなお茶も珍しくありません。しかし、産地の状況を見る…

  1. 産地情報
  2. 18 view

4枚の図で分かる普洱茶の主要産地

プーアル茶の産地は広範囲に及んでおり、馴染みの無い地名があるために、混乱しがちです。4枚の図で分かりやすく産地を解説している記事がありましたので、ご紹介しま…

  1. 茶と旅
  2. 18 view

カシュガルの百年老茶館

カシュガルの旧市街地(古城)にある茶館が紹介されていました。カシュガルに来なければ新疆に来たとは言えなくて、カシュガル古城に来なけれ…

  1. 科学と機能性
  2. 18 view

茯茶の金花が特別なところ

茯磚茶などで見られる、黄色い粒々のことを金花といいます。その金花がどのように特別なのかについて書かれた記事がありましたので、ご紹介します。"金花"是一种…

  1. 科学と機能性
  2. 17 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 産地情報
  2. 17 view

深刻な人手不足

河南:信阳毛尖出现“茶工荒”从清明节前3天至今,大量没有任何营运手续甚至没有车牌的面包车来回穿梭于信阳火车站、汽车站与各地茶山之间。车主和雇用这些车辆的…

  1. 市場環境
  2. 16 view

中国茶の機械化が進まない理由

中国茶の機械化が何故進まないのかについて考察した記事がありましたので、紹介します。茶業機械業界と茶業界の一致した努力により、中国茶葉…

  1. 科学と機能性
  2. 16 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 産地情報
  2. 16 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. 産地情報
  2. 16 view

紅茶になる梅占

梅占というと、烏龍茶の品種というイメージがあります。しかし、最近は紅茶の良質な原料としてブレイクしているようです。梅占茶叶成“政和工夫”红茶优质原料…

  1. 産地情報
  2. 14 view

湖南省茶陵県、茶業が急成長中

湖南省株洲市に茶陵県という場所があります。ここの茶業の様子について紹介した記事がありました。茶陵は茶にちなんだ名前で、中国で唯一…

  1. 産地情報
  2. 13 view

雲南省普洱市の茶摘みの様子

雲南省普洱市の茶摘みの様子も報道されていましたので、ご紹介します。2月24日、取材をしていると、普洱市思茅区の茶園も続々と茶摘みの時…

中国茶の本棚 新着

中国茶のお店・教室 新着

ブログチェッカー

2021/04/19 23:55 
『五感で楽しむ中国茶・台湾茶』朝日カルチャーセンターくずは教室
(中国茶・台湾茶教室『茶遊サロン』中国茶を楽しむ教室)

2021/04/19 23:40 
台中の茶館(兆兆茶苑)
(Chinese Tea ・ 禮茶のブログ)

2021/04/19 23:23 
阿里山
(modokunのブログ)

2021/04/19 20:36 
武夷山から届いたお菓子
(中国&台湾茶 遥かなる銘茶への旅)

2021/04/19 20:25 
器に溢れる大輪の薔薇のエッセンス
(お茶をどうぞ♪)

2021/04/19 14:57 
飲むも読むも習慣。
(小梅茶荘)

2021/04/19 13:19 
クラフトマーケットありがとうございました♪
(遠州ひとりごと ~日本でも中国茶三昧~)

2021/04/19 11:00 
祥華鉄観音茎茶&電気ケトルの買い替え
(   茶と猫と。)

2021/04/19 10:51 
選挙
(一碗)

2021/04/19 06:00 
ゴールデンウィークの営業について
(烏龍茶・国産紅茶販売ピュアウーロン(人情横丁店)~お茶屋さん日記)

2021/04/18 23:27 
近鉄文化サロン阿倍野 茶遊サロン『中国茶・台湾茶を楽しむ講座』
(中国茶・台湾茶教室『茶遊サロン』中国茶を楽しむ教室)

2021/04/18 23:23 
宵越し 蘭香単叢
(modokunのブログ)

2021/04/18 23:09 
4月後半の予定
(カメリア・シネンシス便り)

2021/04/18 22:14 
次の飲み比べ企画@東京・富士見ヶ丘サロンは
(上海小町のまったり中国茶日記)

2021/04/18 22:11 
卯月も台湾茶会あります@桜樺苑さん
(上海小町のまったり中国茶日記)


これ以前の更新記事は こちら
PAGE TOP