中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 科学と機能性
  2. 13 view

プーアル茶を餅状に緊圧する意味

プーアル茶はなぜ、餅状などの形に成型されるのでしょうか?
さまざまな角度から、その理由を述べている記事がありましたので、ご紹介します。

普洱茶紧压成饼不仅仅是美观

为什么普洱茶要紧压而不散存?这或许是一个很无聊的问题,但却是最基本的问题。大家知道普洱茶为什么要压制成茶饼么?如果你是老茶客,那一定是知道这个原理的,如果你是新茶友,一定也对于这个问题基于表面的一个理解。很多的茶友,觉得把普洱茶饼做的紧压状是为了方便存储,或是就觉得紧压更好。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/1015/article_174814.html

どうしてプーアル茶は緊圧され、散茶の形では保存されないのでしょうか?これはひょっとしたら、とてもつまらない問題かもしれませんが、とても基本的な問題です。みなさんはプーアル茶がなぜ緊圧して茶餅のような形にされるのか知っているでしょうか?
もしあなたが昔からの茶の愛好者であれば、おそらくその原理を知っていることでしょう。しかしもしあなたが最近、お茶の愛好家になったばかりであれば、おそらくこの問題に対しては表面的な1つの理解だけかもしれません。多くのお茶の愛好家のみなさんは、プーアル茶を餅状に緊圧するのは、保存の利便性のためだったり、緊圧した方がよりよく見えるからと考えているのではないかと思います。

一般に緊圧茶は、餅茶、沱茶、方茶、磚茶など数種類に分けられます。最近は多くの人が餅茶が一番良いのではないかと考えるようですが、これは誤解です。かつての言い方であれば、1,2級のお茶は散茶にし、3,4級のお茶は沱茶にし、7,8級のお茶は餅茶にし、9,10級のお茶は磚茶にされました。しかし現在のプーアル茶においては、これらの外観と品質はもはや関係なくなっており、磚茶、餅茶、沱茶、散茶などの原料はさまざまです。

実はプーアル茶の緊圧が始まった理由は、あの時代、交通が不便だったことにより引き起こされる輸送上の損失を避けるためだけのことです。プーアル茶の多くは餅状に成型されて貯蔵や輸送をされました。歴史上、1枚の餅茶は357gで、7枚の餅茶で1挑としました。これによって計算とロバや馬での輸送が便利になりました。雲南の茶葉は、古代から多くは茶馬古道を通ってチベットなどの地方へ輸送されており、長い距離を運ぶので、輸送の便利さと同時にたくさんの茶葉を運べるように、磚茶、餅茶、沱茶などの形状があるのです。そして、このように加工することによって、茶の香りと味、栄養の面でも良いところがあります。

散茶は場所を取り、さらに生茶の元々の香りが簡単に飛んでしまうので、緊圧茶の方が香りをより長い時間保つことができるのです。プーアル茶が追求する”寝かせれば寝かせるほど味が良くなる”という特徴から見ると、プーアル散茶を保存することは、品質の陳化という点では有利です。短い時間のうちに比較的理想的な効果を得られるでしょう。

 

【プーアル茶の保存と転化の角度から】

プーアル茶は保存している間に、茶葉は自動酸化し、茶葉の中のポリフェノール類の物質は酵素によって酸化したり、微生物の作用によって転化します。これらの転化の要因は、主には水分、温度、酸素と光線です。

第一に、プーアル茶を緊圧して餅状に成型すると、水分の吸収と蒸発がプーアル茶に与える影響を小さくすることができるので、このため微生物と香気を良く保つことができるようになります。

第二に、プーアル茶を緊圧して餅状に成型すると、空気中の温度が緊圧茶の内部に与える影響を小さくすることができるので、茶に含まれる微生物をより良く活かし続けることができます。

第三に、酸素や光線と茶の接触する面積を相対的に小さくすることができるので、ポリフェノール、 ケトン類と葉緑素の酸化をかなりゆっくりにすることができ、茶の品質をより良く保存することができます。

当然、プーアル茶の保存による転化は、その基礎は茶葉本来の品質によるところで、茶葉の原料の品質が良いという前提の下、さらには優れた技術による加工、緊圧成形によって、優良なプーアル陳茶となることができます。

 

【プーアル茶のコレクションの角度から】

もしプーアル茶を飲むことが”歴史を味わう”という精神を享受することであると考えるならば、プーアル茶が茶として長年珍重されてきたことを考慮したり、プーアル緊圧茶のその形の違いを鑑賞して楽しむこともコレクターの保存する意味合いを広げてくれることでしょう。ある専門家は、家庭でプーアル茶をコレクションするのであれば、緊圧された後のプーアル緊圧茶の方が良いと認識しています。

まず、プーアル茶をコレクションする目的は良い品質にして、価値を高くすることです。同じ時期に生産されたプーアル茶は、生茶であろうと熟茶であろうと、高温の蒸気によって緊圧され、焙煎(乾燥)されることを経て緊圧茶になります。散茶と比較すると衛生面の他に、味も散茶に比べるとよりまろやかで厚みが出て、甘くて爽やかになり、低い沸点の青渋みの出る物質も、高温の蒸気、乾燥、焙煎によって減少します。緊圧茶はコレクション開始時の品質の初期段階において散茶よりも優れているのです。

次に、緊圧茶は蒸気によって緊圧されているので、茶が散茶に比べてしっかりと締まっており、その通気性は散茶よりも良くありません。しかし、お茶が占める空間は小さくて済むので、狭い空間でも大量に貯蔵することができ、お茶を保存するコストを低くすることができます。そして、緊圧茶の茶の内部の温度や湿度も安定するので、陳化は均等に長く続き、保存にも耐えられるのです。

三つ目に、緊圧茶には一定の形があることから、一定の観賞性もあります。飲むときにも、”草茶”といわれる散茶よりも楽しみが大きく、鑑賞する楽しみがあります。プーアル緊圧茶の多くは”方”、”円”の2つの形に作られます(沱茶も円で、柱状の茶もまた円です)、それは中国の伝統文化である”天圓地方”の哲学思想を良く体現しています。”円”の餅茶は宇宙が育んだ世界の”天”の象徴で、”方”の磚茶は、万物の”地”の象徴です。お茶の愛好家は”天”と”地”の交わりの間で、加護を受けるのであって、これも悠々としたものでまた良いものではありませんか?
多くの方は保存や運搬を第一義として覚えていると思いますが、お茶の品質に与える影響としては、緊圧による変化だったり、形状が変化することで散茶よりも空気に触れる面積が格段に小さくなる、という点がかなり大きい変化だったりします。

 

科学と機能性の最近記事

  1. 茯茶の金花が特別なところ

  2. 安渓鉄観音の保健機能、研究成果発表

  3. お茶は冷蔵庫で保管すべきか

  4. 安徽農業大学、黄大茶の血糖低下機能を発見

  5. 安渓鉄観音、高度加工が進む。茶酒や茶飲料へ

関連記事

PAGE TOP