中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  4. ランキング一覧
  1. 産地情報
  2. 207 view

日本と貴州のお茶の縁

近年、茶業の躍進が著しい貴州省ですが、日本との繋がりも生まれているようです。贵州省投资产业智库专家、日本贵州之友会副会长靳飞: “放心”贵州茶必将大有作为…

  1. 歴史と文化
  2. 102 view

径山、禅茶文化の中心地に

日本との繋がりも深い浙江省杭州市余杭区の径山ですが、このたび3つの称号を得たそうです。「良渚の世界遺産申請の成功がもたらした素晴らしい時間は、文…

  1. 産地情報
  2. 110 view

六大分類を網羅する開化県の茶業者

浙江省衢州市開化県といえば、開化龍頂茶の産地であり、緑茶の産地だろう・・・と思いがちなのですが、近年はさまざまなお茶を作っているそうで、その評価も上々のようです…

  1. 産地情報
  2. 84 view

蒙頂甘露の品種検討会

四川省雅安市名山区で蒙頂山茶のうちの蒙頂甘露について、最適な茶樹品種を検討する会が開催されたようです。名山区の茶葉の品質向上、効益の…

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 59 view

白沙渓の千両茶

湖南省益陽市安化県で作られている安化黒茶。その中でも見た目のインパクト抜群の千両茶の製造技法について、紹介されていました。白沙溪千两茶——精湛工艺成就完…

  1. 産地情報
  2. 8 view

信陽市の新製品品評会

名茶・信陽毛尖の産地として知られる河南省信陽市。最近は、信陽紅という紅茶をヒットさせ、新商品開発にも力を入れています。そんな信陽市の次の一手が分かるよう…

  1. 産地情報
  2. 18 view

桂花烏龍茶、中高級路線へも

桂花烏龍茶というと、安い烏龍茶に香りを付けたもの・・・というイメージがありますが、最近は高級路線のお茶も出てきているようです。安溪金秋"打桂花" 桂花乌龙茶…

  1. 産地情報
  2. 22 view

GDP優先主義を取りやめた安渓

安渓鉄観音は茶園の大規模開発を推し進めた結果、環境の破壊や農薬の汚染などさまざまな問題に直面しています。このような状況を受け、昨今の安渓は数字優先のGDP優…

  1. 科学と機能性
  2. 12 view

保存する価値の無いプーアル茶

プーアル茶は、寝かせておけば美味しくなる&価値が上がるということが、日本でも知られるようになってきていますが、実は寝かせて置いても全く意味の無いプーアル茶が出回…

  1. 産地情報
  2. 147 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. 産地情報
  2. 53 view

写真で見るプーアル茶の作り方

プーアル茶の製法について写真でわかりやすく解説している記事がありましたので、ご紹介します。普洱茶制作工艺详解雲南景邁山景邁山は一年中…

  1. 産地情報
  2. 5 view

茶摘み人不足をどうやって解決するか

労働集約的な茶業の典型とも言える茶摘み作業ですが、これに依存せざるをえない中国茶はコストアップの影響をもろに受けます。浙江省のある産地の様子をご紹介します。…

  1. 産地情報
  2. 43 view

雲南の至宝「紫娟茶」

最近、日本でも名前が聞かれるようになってきた紫娟茶。あまり詳しい情報がないので、現地の記事を翻訳してご紹介します。云南瑰宝——紫娟20世纪50年…

  1. 市場環境
  2. 25 view

レノボグループが龍井茶を発売

大きなニュースが飛び込んできました。世界有数のコンピューターメーカーであるレノボ(聯想集団)の持ち株会社レジェンドホールディングスが、龍井茶の会社を中国茶葉…

  1. 歴史と文化
  2. 52 view

洞庭山碧螺春の歴史と現状

蘇州の名茶である洞庭山碧螺春。その歴史と現状についてまとまっている記事がありましたので、ご紹介します。苏州打响洞庭山碧螺春"金字招牌"促茶产业发展…

  1. 産地情報
  2. 20 view

復興に向かう九曲紅梅

杭州の双璧とされながらも、なかなか見かけることの少なかった九曲紅梅。いよいよ本格的に復興に向けての動きが出ているようです。开始走…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 14 view

お茶教室で独立した女性

中国でも茶業界が成長するに従い、茶藝を教える教室などが出て来ています。重慶で独立した27才の女性の例をご紹介します。卖茶叶、教茶艺 重庆“茶妹子”年收入…

  1. 市場環境
  2. 26 view

芽苞茶はプーアル茶とは無関係

以前にもご紹介したことのある芽包茶。 「芽包茶が福州でも話題に」プーアル茶専門店で販売されていることが多いことから、プーアル茶の芽の部分であるかのように思わ…

  1. 科学と機能性
  2. 75 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 21 view

中国の茶教育業界の現状と展望

中国では茶芸師、評茶員などの国家資格取得のための訓練講座の開設を中心に、お茶の教育ビジネスが拡大傾向を見せています。その教育の現状と課題を考察した記事をご紹…

  1. 産地情報
  2. 30 view

諸説入り交じる茶王-大紅袍

中国茶には様々な伝説がつきまといますが、そのせいで話が分かりにくくなることも多々あります。その典型的な例が武夷山の名茶・大紅袍であると思います。これにつ…

  1. 産地情報
  2. 17 view

長興紫笋茶、再興なるか

浙江省長興県の長興紫笋茶(顧渚紫笋茶)。歴史的な名茶としても知られるこのお茶ですが、今では存在感が希薄になっており、なかなか店頭でも見かけないお茶になってい…

  1. 市場環境
  2. 15 view

抹茶は浙江省の茶産業の新たな力に

浙江省が抹茶の輸出に力を入れているようです。抹茶为浙江茶产业出口带来新动力今年前三季度,经浙江检验检疫局检验出口的抹茶约9吨,货值22万美元,同比数…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 35 view

茶はなぜ雅やかになりすぎるのか

中国の茶業界でもお茶会はどんどん先鋭化していって、それこそ茶室ごと作ってしまう茶空間などが流行っているわけですが、こうした過度な”雅やかさ”を懸念する向きもあり…

  1. 産地情報
  2. 17 view

福建省最貧の村、お茶で豊かに

中国の社会問題で「農村と都市の格差」というのがあるわけですが、その解決策の1つとして茶業が積極的に利用されています。福建省のある村の事例です。柘荣熊透村…

  1. 歴史と文化
  2. 30 view

茶馬貿易の停止が引き起こした戦争

お茶が戦争に関わった事例として、アヘン戦争を思い浮かべる方も多いと思います。あまり日本では知られていないのですが、辺境の少数民族との間でも激しい戦争を引き起…

  1. 市場環境
  2. 14 view

若者の茶の消費事情

お茶は年輩の人の専売特許のように感じるのは、日本も中国も差は無いと思いますが、最近、中国では80后、90后と呼ばれる1980年代、90年代生まれの間でも、お茶の…

  1. 標準・基準
  2. 12 view

伝統鉄観音の標準作りへ

安渓ではここのところ伝統的な製法の鉄観音の見直しが進んでいます。そうした動きをさらに一歩進める取り組みとして、製茶のプロフェッショナル(製茶大師)を集めた会…

  1. 茶と旅
  2. 62 view

台湾、”お茶探し”バスツアーを発売

最近、大陸からの観光客が減少気味と報道されている台湾ですが、大陸の茶旅ブームに合わせて?か、茶産地を巡るバスツアーの発売を始めたようです。台湾推出“找茶”、…

  1. 産地情報
  2. 34 view

日本と貴州のお茶の縁

近年、茶業の躍進が著しい貴州省ですが、日本との繋がりも生まれているようです。贵州省投资产业智库专家、日本贵州之友会副会长靳飞: “放心”贵州茶必将大有作为…

  1. 産地情報
  2. 26 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. 産地情報
  2. 21 view

湖北省の青磚茶、再興に向けての動き

名前は知られているものの、日本にはあまり実態が紹介されていないお茶というのが良くあります。そのようなお茶の1つ、湖北省の青磚茶について紹介し、また今後の課題…

  1. 産地情報
  2. 19 view

石阡苔茶の産地

貴州省銅仁市の石阡県には石阡苔茶というお茶があります。その産地の様子をまとめた記事がありましたのでご紹介します。 近年、石阡県は緑色生態農業…

  1. 科学と機能性
  2. 19 view

茯茶の金花が特別なところ

茯磚茶などで見られる、黄色い粒々のことを金花といいます。その金花がどのように特別なのかについて書かれた記事がありましたので、ご紹介します。"金花"是一种…

  1. 歴史と文化
  2. 17 view

径山、禅茶文化の中心地に

日本との繋がりも深い浙江省杭州市余杭区の径山ですが、このたび3つの称号を得たそうです。「良渚の世界遺産申請の成功がもたらした素晴らしい時間は、文…

  1. 歴史と文化
  2. 15 view

ロシアの代用茶・イワン茶

中国とロシアの間では昔から茶貿易が行われていました。昔から「中国のお茶は高い」という評価だったようで、代用品としてイワン茶というお茶がロシアでは出回っており…

  1. 歴史と文化
  2. 12 view

内モンゴルの現代のお茶事情

日本で得られる中国のお茶事情は、得てしてステレオタイプになりがちです。例えば、内モンゴルの人々はどのようなお茶を飲んでいるのでしょうか?伝統的にはミルク…

  1. 産地情報
  2. 11 view

天台黄茶の茶摘み風景

最近、中国で流行している品種的な黄茶(製法上は緑茶)である天台黄茶の収穫の様子が紹介されていました。最近,记者在街头镇、南屏乡走访时,看到茶农正忙着…

  1. 歴史と文化
  2. 11 view

日本茶と天台山の繋がり

日本茶がどこからやって来たのか、は未だに諸説があるところですが、中国から日本に伝わった最も古いお茶は、おそらく天台山のものではないか、という説が中国では有力にな…

  1. 産地情報
  2. 11 view

金駿眉の贅沢な暗号

金骏眉的奢华密码(一)金骏眉在茶界江湖上是个神话,短短数年,从无到有,从初问世的500克3600元到目前的上万元甚至数万元。金骏眉缘何奢华至此?本报《茶…

  1. 産地情報
  2. 10 view

六大分類を網羅する開化県の茶業者

浙江省衢州市開化県といえば、開化龍頂茶の産地であり、緑茶の産地だろう・・・と思いがちなのですが、近年はさまざまなお茶を作っているそうで、その評価も上々のようです…

  1. 産地情報
  2. 10 view

武夷山の茶摘みが本格化

武夷山でも岩茶の茶摘みが本格化しているようです。武夷山市天心村茶农忙采茶27日,武夷山市天心村茶农正在采摘武夷岩茶——大红袍。当日,武夷山两…

  1. 科学と機能性
  2. 9 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 9 view

白沙渓の千両茶

湖南省益陽市安化県で作られている安化黒茶。その中でも見た目のインパクト抜群の千両茶の製造技法について、紹介されていました。白沙溪千两茶——精湛工艺成就完…

  1. 産地情報
  2. 9 view

福鼎で人気の”荒山茶”

白茶人気で沸き立っている福鼎ですが、地元では”荒山茶”というお茶が人気のようです。福鼎流行什么茶? “野味十足”荒山茶最畅销 福鼎白茶在国内…

  1. 産地情報
  2. 9 view

信陽紅、只今売り出し中

河南省の名茶といえば、まず真っ先に信陽毛尖の名前が挙がりますが、新商品として紅茶が登場したようです。赵西岳:今年还喝 信阳茶http://news.…

  1. 産地情報
  2. 8 view

ネット販売が好調の大田美人茶

中国でも台湾風の烏龍茶は多数生産されています。東方美人茶と同様のお茶も生産されており、福建省三明市大田県では、特にネットでの販売が好調なようです。同県の…

  1. 産地情報
  2. 8 view

福建省で古茶樹群が発見される

福建省の武夷岩茶や安渓烏龍茶の先祖と見られる古茶樹群が福建省漳州市の雲霄県で見つかったそうです。云霄惊现福建最早古茶树群落 初判为武夷岩…

  1. 科学と機能性
  2. 8 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 産地情報
  2. 8 view

海と陸の万里茶道の起点・武夷山

現在、中国、モンゴル、ロシアの3国で万里茶道の世界遺産申請に向けた動きが活発化しています。このための会合に向けたプレス座談会が福州市で開かれたのですが、そこ…

  1. 茶と旅
  2. 62 view

台湾、”お茶探し”バスツアーを発売

最近、大陸からの観光客が減少気味と報道されている台湾ですが、大陸の茶旅ブームに合わせて?か、茶産地を巡るバスツアーの発売を始めたようです。台湾推出“找茶”、…

  1. 産地情報
  2. 34 view

日本と貴州のお茶の縁

近年、茶業の躍進が著しい貴州省ですが、日本との繋がりも生まれているようです。贵州省投资产业智库专家、日本贵州之友会副会长靳飞: “放心”贵州茶必将大有作为…

  1. 産地情報
  2. 26 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. 産地情報
  2. 21 view

湖北省の青磚茶、再興に向けての動き

名前は知られているものの、日本にはあまり実態が紹介されていないお茶というのが良くあります。そのようなお茶の1つ、湖北省の青磚茶について紹介し、また今後の課題…

  1. 産地情報
  2. 19 view

石阡苔茶の産地

貴州省銅仁市の石阡県には石阡苔茶というお茶があります。その産地の様子をまとめた記事がありましたのでご紹介します。 近年、石阡県は緑色生態農業…

  1. 科学と機能性
  2. 19 view

茯茶の金花が特別なところ

茯磚茶などで見られる、黄色い粒々のことを金花といいます。その金花がどのように特別なのかについて書かれた記事がありましたので、ご紹介します。"金花"是一种…

  1. 歴史と文化
  2. 17 view

径山、禅茶文化の中心地に

日本との繋がりも深い浙江省杭州市余杭区の径山ですが、このたび3つの称号を得たそうです。「良渚の世界遺産申請の成功がもたらした素晴らしい時間は、文…

  1. 歴史と文化
  2. 15 view

ロシアの代用茶・イワン茶

中国とロシアの間では昔から茶貿易が行われていました。昔から「中国のお茶は高い」という評価だったようで、代用品としてイワン茶というお茶がロシアでは出回っており…

  1. 歴史と文化
  2. 12 view

内モンゴルの現代のお茶事情

日本で得られる中国のお茶事情は、得てしてステレオタイプになりがちです。例えば、内モンゴルの人々はどのようなお茶を飲んでいるのでしょうか?伝統的にはミルク…

  1. 産地情報
  2. 11 view

天台黄茶の茶摘み風景

最近、中国で流行している品種的な黄茶(製法上は緑茶)である天台黄茶の収穫の様子が紹介されていました。最近,记者在街头镇、南屏乡走访时,看到茶农正忙着…

  1. 歴史と文化
  2. 11 view

日本茶と天台山の繋がり

日本茶がどこからやって来たのか、は未だに諸説があるところですが、中国から日本に伝わった最も古いお茶は、おそらく天台山のものではないか、という説が中国では有力にな…

  1. 産地情報
  2. 11 view

金駿眉の贅沢な暗号

金骏眉的奢华密码(一)金骏眉在茶界江湖上是个神话,短短数年,从无到有,从初问世的500克3600元到目前的上万元甚至数万元。金骏眉缘何奢华至此?本报《茶…

  1. 産地情報
  2. 10 view

六大分類を網羅する開化県の茶業者

浙江省衢州市開化県といえば、開化龍頂茶の産地であり、緑茶の産地だろう・・・と思いがちなのですが、近年はさまざまなお茶を作っているそうで、その評価も上々のようです…

  1. 産地情報
  2. 10 view

武夷山の茶摘みが本格化

武夷山でも岩茶の茶摘みが本格化しているようです。武夷山市天心村茶农忙采茶27日,武夷山市天心村茶农正在采摘武夷岩茶——大红袍。当日,武夷山两…

  1. 科学と機能性
  2. 9 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 9 view

白沙渓の千両茶

湖南省益陽市安化県で作られている安化黒茶。その中でも見た目のインパクト抜群の千両茶の製造技法について、紹介されていました。白沙溪千两茶——精湛工艺成就完…

  1. 産地情報
  2. 9 view

福鼎で人気の”荒山茶”

白茶人気で沸き立っている福鼎ですが、地元では”荒山茶”というお茶が人気のようです。福鼎流行什么茶? “野味十足”荒山茶最畅销 福鼎白茶在国内…

  1. 産地情報
  2. 9 view

信陽紅、只今売り出し中

河南省の名茶といえば、まず真っ先に信陽毛尖の名前が挙がりますが、新商品として紅茶が登場したようです。赵西岳:今年还喝 信阳茶http://news.…

  1. 産地情報
  2. 8 view

ネット販売が好調の大田美人茶

中国でも台湾風の烏龍茶は多数生産されています。東方美人茶と同様のお茶も生産されており、福建省三明市大田県では、特にネットでの販売が好調なようです。同県の…

  1. 産地情報
  2. 8 view

福建省で古茶樹群が発見される

福建省の武夷岩茶や安渓烏龍茶の先祖と見られる古茶樹群が福建省漳州市の雲霄県で見つかったそうです。云霄惊现福建最早古茶树群落 初判为武夷岩…

  1. 科学と機能性
  2. 8 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 産地情報
  2. 8 view

海と陸の万里茶道の起点・武夷山

現在、中国、モンゴル、ロシアの3国で万里茶道の世界遺産申請に向けた動きが活発化しています。このための会合に向けたプレス座談会が福州市で開かれたのですが、そこ…

中国茶の本棚 新着

中国茶のお店・教室 新着

PAGE TOP