中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  4. ランキング一覧
  1. 産地情報
  2. 180 view

日本と貴州のお茶の縁

近年、茶業の躍進が著しい貴州省ですが、日本との繋がりも生まれているようです。贵州省投资产业智库专家、日本贵州之友会副会长靳飞: “放心”贵州茶必将大有作为…

  1. 歴史と文化
  2. 92 view

径山、禅茶文化の中心地に

日本との繋がりも深い浙江省杭州市余杭区の径山ですが、このたび3つの称号を得たそうです。「良渚の世界遺産申請の成功がもたらした素晴らしい時間は、文…

  1. 産地情報
  2. 105 view

六大分類を網羅する開化県の茶業者

浙江省衢州市開化県といえば、開化龍頂茶の産地であり、緑茶の産地だろう・・・と思いがちなのですが、近年はさまざまなお茶を作っているそうで、その評価も上々のようです…

  1. 産地情報
  2. 81 view

蒙頂甘露の品種検討会

四川省雅安市名山区で蒙頂山茶のうちの蒙頂甘露について、最適な茶樹品種を検討する会が開催されたようです。名山区の茶葉の品質向上、効益の…

  1. 産地情報
  2. 61 view

金駿眉の贅沢な暗号

金骏眉的奢华密码(一)金骏眉在茶界江湖上是个神话,短短数年,从无到有,从初问世的500克3600元到目前的上万元甚至数万元。金骏眉缘何奢华至此?本报《茶…

  1. 産地情報
  2. 58 view

平陽黄湯茶、復刻までの道のり

平陽黄湯という、清代の浙江省の名茶(黄茶)があります。例によって解放後には断絶していたお茶なのですが、このたび原産地保護制度の対象になることが決まり、名実と…

  1. 産地情報
  2. 18 view

龍井茶の生育環境(気候)

中国の気象情報サイトが龍井茶の産地の気候について紹介していました。龙井茶与气候环境 堪称对西湖龙井茶的绝妙写真院外风荷西子笑,明前龙井女儿红…

  1. 歴史と文化
  2. 51 view

日本茶と天台山の繋がり

日本茶がどこからやって来たのか、は未だに諸説があるところですが、中国から日本に伝わった最も古いお茶は、おそらく天台山のものではないか、という説が中国では有力にな…

  1. 科学と機能性
  2. 48 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 産地情報
  2. 55 view

安吉白茶、一芽一葉の基準が仇に?

絶好調が続く安吉白茶ですが、自らで作った基準が仇になってしまうのでは?という観測が出ているようです。一芽一叶采摘标准给安吉白茶套上了“紧箍咒”?一芽…

  1. 歴史と文化
  2. 46 view

洞庭山碧螺春の歴史と現状

蘇州の名茶である洞庭山碧螺春。その歴史と現状についてまとまっている記事がありましたので、ご紹介します。苏州打响洞庭山碧螺春"金字招牌"促茶产业发展…

  1. 歴史と文化
  2. 29 view

炒青と蒸青

茶本主义:中国人的茶感觉系统演变史中国人贪念茶叶的香气与滋味,“蒸青”即以热气煮蒸方式将鲜茶所含各种香与味的成分保留下来,以供享受;鲁成银说:“炒青”技…

  1. 市場環境
  2. 25 view

芽苞茶はプーアル茶とは無関係

以前にもご紹介したことのある芽包茶。 「芽包茶が福州でも話題に」プーアル茶専門店で販売されていることが多いことから、プーアル茶の芽の部分であるかのように思わ…

  1. 市場環境
  2. 11 view

中国の有機農業の現状

食の安全に関しては中国でも大変関心を持たれているところで、その結果、有機製品に関しての注目度も上がってきています。そんな中国の有機農業の事情の一端を紹介した…

  1. 産地情報
  2. 127 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. 市場環境
  2. 12 view

抹茶は浙江省の茶産業の新たな力に

浙江省が抹茶の輸出に力を入れているようです。抹茶为浙江茶产业出口带来新动力今年前三季度,经浙江检验检疫局检验出口的抹茶约9吨,货值22万美元,同比数…

  1. 市場環境
  2. 17 view

ペットボトルの普及は茶業界のチャンス

日本の場合、ペットボトルのお茶は大変低く見られがちですが、どうやら中国では、茶を現代人の生活に溶け込ませる手段として、非常にポジティブに捉えられているようです。…

  1. 産地情報
  2. 8 view

信陽市の新製品品評会

名茶・信陽毛尖の産地として知られる河南省信陽市。最近は、信陽紅という紅茶をヒットさせ、新商品開発にも力を入れています。そんな信陽市の次の一手が分かるよう…

  1. 産地情報
  2. 18 view

安渓県、茶からの転作を奨励

福建省安渓県といえば、安渓鉄観音の産地として名高く、山全体が茶畑になっているような所もありました。しかし、こうした発展の方向性は既に過去のものになっているよ…

  1. 市場環境
  2. 10 view

若者の茶の消費事情

お茶は年輩の人の専売特許のように感じるのは、日本も中国も差は無いと思いますが、最近、中国では80后、90后と呼ばれる1980年代、90年代生まれの間でも、お茶の…

  1. 歴史と文化
  2. 25 view

茶馬貿易の停止が引き起こした戦争

お茶が戦争に関わった事例として、アヘン戦争を思い浮かべる方も多いと思います。あまり日本では知られていないのですが、辺境の少数民族との間でも激しい戦争を引き起…

  1. 産地情報
  2. 14 view

長興紫笋茶、再興なるか

浙江省長興県の長興紫笋茶(顧渚紫笋茶)。歴史的な名茶としても知られるこのお茶ですが、今では存在感が希薄になっており、なかなか店頭でも見かけないお茶になってい…

  1. 産地情報
  2. 25 view

諸説入り交じる茶王-大紅袍

中国茶には様々な伝説がつきまといますが、そのせいで話が分かりにくくなることも多々あります。その典型的な例が武夷山の名茶・大紅袍であると思います。これにつ…

  1. 産地情報
  2. 5 view

茶摘み人不足をどうやって解決するか

労働集約的な茶業の典型とも言える茶摘み作業ですが、これに依存せざるをえない中国茶はコストアップの影響をもろに受けます。浙江省のある産地の様子をご紹介します。…

  1. 標準・基準
  2. 31 view

陳香型鉄観音についてのQ&A

今年の4月、鉄観音の国家標準に新たに加わった陳香型鉄観音(いわゆる陳年鉄観音)。その内容については、今ひとつ理解が深まっていないということなのか、Q&A形式…

  1. 茶と旅
  2. 58 view

台湾、”お茶探し”バスツアーを発売

最近、大陸からの観光客が減少気味と報道されている台湾ですが、大陸の茶旅ブームに合わせて?か、茶産地を巡るバスツアーの発売を始めたようです。台湾推出“找茶”、…

  1. 産地情報
  2. 52 view

日本と貴州のお茶の縁

近年、茶業の躍進が著しい貴州省ですが、日本との繋がりも生まれているようです。贵州省投资产业智库专家、日本贵州之友会副会长靳飞: “放心”贵州茶必将大有作为…

  1. 歴史と文化
  2. 26 view

径山、禅茶文化の中心地に

日本との繋がりも深い浙江省杭州市余杭区の径山ですが、このたび3つの称号を得たそうです。「良渚の世界遺産申請の成功がもたらした素晴らしい時間は、文…

  1. 産地情報
  2. 21 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. 産地情報
  2. 14 view

六大分類を網羅する開化県の茶業者

浙江省衢州市開化県といえば、開化龍頂茶の産地であり、緑茶の産地だろう・・・と思いがちなのですが、近年はさまざまなお茶を作っているそうで、その評価も上々のようです…

  1. 歴史と文化
  2. 13 view

内モンゴルの現代のお茶事情

日本で得られる中国のお茶事情は、得てしてステレオタイプになりがちです。例えば、内モンゴルの人々はどのようなお茶を飲んでいるのでしょうか?伝統的にはミルク…

  1. 産地情報
  2. 13 view

平陽黄湯茶、復刻までの道のり

平陽黄湯という、清代の浙江省の名茶(黄茶)があります。例によって解放後には断絶していたお茶なのですが、このたび原産地保護制度の対象になることが決まり、名実と…

  1. 茶と旅
  2. 12 view

中国美麗茶園、2019年のリスト

茶旅ブームということもあり、美しい茶園を選定する”中国美麗茶園”というリストがあります。2019年のリストが先日発表され、全国で35の茶園が選ばれたそうです…

  1. 産地情報
  2. 11 view

石阡苔茶の産地

貴州省銅仁市の石阡県には石阡苔茶というお茶があります。その産地の様子をまとめた記事がありましたのでご紹介します。 近年、石阡県は緑色生態農業…

  1. 歴史と文化
  2. 11 view

ロシアの代用茶・イワン茶

中国とロシアの間では昔から茶貿易が行われていました。昔から「中国のお茶は高い」という評価だったようで、代用品としてイワン茶というお茶がロシアでは出回っており…

  1. 産地情報
  2. 11 view

”貴茶緑宝石”EU市場へ

最近、茶産地として頭角を現してきている貴州省。どうやら新しいタイプの緑茶を開発して、EU市場へ乗り込もうとしているようです。“贵茶绿宝石”远销欧洲市…

  1. 科学と機能性
  2. 10 view

茯茶の金花が特別なところ

茯磚茶などで見られる、黄色い粒々のことを金花といいます。その金花がどのように特別なのかについて書かれた記事がありましたので、ご紹介します。"金花"是一种…

  1. 歴史と文化
  2. 10 view

日本茶と天台山の繋がり

日本茶がどこからやって来たのか、は未だに諸説があるところですが、中国から日本に伝わった最も古いお茶は、おそらく天台山のものではないか、という説が中国では有力にな…

  1. 標準・基準
  2. 10 view

緊圧白茶の国家標準、公布される

白茶を固めた「緊圧白茶」の国家標準が、早くも制定されたそうです。《紧压白茶》国家标准正式发布15日,记者从宁德市质监局了解到,由福鼎市质量计量检测所…

  1. 産地情報
  2. 9 view

蒙頂甘露の品種検討会

四川省雅安市名山区で蒙頂山茶のうちの蒙頂甘露について、最適な茶樹品種を検討する会が開催されたようです。名山区の茶葉の品質向上、効益の…

  1. 科学と機能性
  2. 9 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 産地情報
  2. 9 view

雲南の至宝「紫娟茶」

最近、日本でも名前が聞かれるようになってきた紫娟茶。あまり詳しい情報がないので、現地の記事を翻訳してご紹介します。云南瑰宝——紫娟20世纪50年…

  1. 科学と機能性
  2. 8 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 産地情報
  2. 8 view

武夷山の茶摘みが本格化

武夷山でも岩茶の茶摘みが本格化しているようです。武夷山市天心村茶农忙采茶27日,武夷山市天心村茶农正在采摘武夷岩茶——大红袍。当日,武夷山两…

  1. イベント・展示会
  2. 7 view

貴州省の製茶コンテスト

貴州省の製茶コンテストが、黔東南ミャオ族トン族自治州の雷山県で開催されたそうです。5月28日、”雷公山高山緑・銀球茶杯”貴州省第8回手工製茶技能コンテス…

  1. 産地情報
  2. 7 view

西湖龍井、3月19日より茶摘み開始

西湖龍井の茶摘みがいよいよ本格的に始まったようです。伴随着明媚的春光,西湖龙井茶开始进入大面积采摘期。  3月19上午,杭州梅家坞的龙井茶园中,…

  1. 産地情報
  2. 7 view

写真で見る安渓鉄観音秋茶

安渓鉄観音の秋茶の生産が最盛期を迎えています。産地の様子を写真で紹介した記事がありましたので、ご紹介します。【航拍】福建安溪铁观音秋茶采摘忙 受台风影响…

  1. 産地情報
  2. 7 view

湖北省の青磚茶、再興に向けての動き

名前は知られているものの、日本にはあまり実態が紹介されていないお茶というのが良くあります。そのようなお茶の1つ、湖北省の青磚茶について紹介し、また今後の課題…

  1. 歴史と文化
  2. 7 view

洞庭山碧螺春の歴史と現状

蘇州の名茶である洞庭山碧螺春。その歴史と現状についてまとまっている記事がありましたので、ご紹介します。苏州打响洞庭山碧螺春"金字招牌"促茶产业发展…

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 7 view

白沙渓の千両茶

湖南省益陽市安化県で作られている安化黒茶。その中でも見た目のインパクト抜群の千両茶の製造技法について、紹介されていました。白沙溪千两茶——精湛工艺成就完…

  1. 産地情報
  2. 7 view

貴州省雷山県の銀球茶

貴州省の黔東南ミャオ族トン族自治州にある雷山県。ここでは銀球茶という変わったお茶を生産しています。贵州雷山县银球茶的深远影响 工艺独特、清香耐泡…

  1. 産地情報
  2. 7 view

豊かになった江山緑牡丹の村

歴史的な名茶として名高い、江山緑牡丹(工芸茶の黄山緑牡丹ではありません)。実は少し前までは、有名な割には低評価に甘んじていたお茶だったそうで、産地の村はかな…

  1. 茶と旅
  2. 58 view

台湾、”お茶探し”バスツアーを発売

最近、大陸からの観光客が減少気味と報道されている台湾ですが、大陸の茶旅ブームに合わせて?か、茶産地を巡るバスツアーの発売を始めたようです。台湾推出“找茶”、…

  1. 産地情報
  2. 52 view

日本と貴州のお茶の縁

近年、茶業の躍進が著しい貴州省ですが、日本との繋がりも生まれているようです。贵州省投资产业智库专家、日本贵州之友会副会长靳飞: “放心”贵州茶必将大有作为…

  1. 歴史と文化
  2. 26 view

径山、禅茶文化の中心地に

日本との繋がりも深い浙江省杭州市余杭区の径山ですが、このたび3つの称号を得たそうです。「良渚の世界遺産申請の成功がもたらした素晴らしい時間は、文…

  1. 産地情報
  2. 21 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. 産地情報
  2. 14 view

六大分類を網羅する開化県の茶業者

浙江省衢州市開化県といえば、開化龍頂茶の産地であり、緑茶の産地だろう・・・と思いがちなのですが、近年はさまざまなお茶を作っているそうで、その評価も上々のようです…

  1. 歴史と文化
  2. 13 view

内モンゴルの現代のお茶事情

日本で得られる中国のお茶事情は、得てしてステレオタイプになりがちです。例えば、内モンゴルの人々はどのようなお茶を飲んでいるのでしょうか?伝統的にはミルク…

  1. 産地情報
  2. 13 view

平陽黄湯茶、復刻までの道のり

平陽黄湯という、清代の浙江省の名茶(黄茶)があります。例によって解放後には断絶していたお茶なのですが、このたび原産地保護制度の対象になることが決まり、名実と…

  1. 茶と旅
  2. 12 view

中国美麗茶園、2019年のリスト

茶旅ブームということもあり、美しい茶園を選定する”中国美麗茶園”というリストがあります。2019年のリストが先日発表され、全国で35の茶園が選ばれたそうです…

  1. 産地情報
  2. 11 view

石阡苔茶の産地

貴州省銅仁市の石阡県には石阡苔茶というお茶があります。その産地の様子をまとめた記事がありましたのでご紹介します。 近年、石阡県は緑色生態農業…

  1. 歴史と文化
  2. 11 view

ロシアの代用茶・イワン茶

中国とロシアの間では昔から茶貿易が行われていました。昔から「中国のお茶は高い」という評価だったようで、代用品としてイワン茶というお茶がロシアでは出回っており…

  1. 産地情報
  2. 11 view

”貴茶緑宝石”EU市場へ

最近、茶産地として頭角を現してきている貴州省。どうやら新しいタイプの緑茶を開発して、EU市場へ乗り込もうとしているようです。“贵茶绿宝石”远销欧洲市…

  1. 科学と機能性
  2. 10 view

茯茶の金花が特別なところ

茯磚茶などで見られる、黄色い粒々のことを金花といいます。その金花がどのように特別なのかについて書かれた記事がありましたので、ご紹介します。"金花"是一种…

  1. 歴史と文化
  2. 10 view

日本茶と天台山の繋がり

日本茶がどこからやって来たのか、は未だに諸説があるところですが、中国から日本に伝わった最も古いお茶は、おそらく天台山のものではないか、という説が中国では有力にな…

  1. 標準・基準
  2. 10 view

緊圧白茶の国家標準、公布される

白茶を固めた「緊圧白茶」の国家標準が、早くも制定されたそうです。《紧压白茶》国家标准正式发布15日,记者从宁德市质监局了解到,由福鼎市质量计量检测所…

  1. 産地情報
  2. 9 view

蒙頂甘露の品種検討会

四川省雅安市名山区で蒙頂山茶のうちの蒙頂甘露について、最適な茶樹品種を検討する会が開催されたようです。名山区の茶葉の品質向上、効益の…

  1. 科学と機能性
  2. 9 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 産地情報
  2. 9 view

雲南の至宝「紫娟茶」

最近、日本でも名前が聞かれるようになってきた紫娟茶。あまり詳しい情報がないので、現地の記事を翻訳してご紹介します。云南瑰宝——紫娟20世纪50年…

  1. 科学と機能性
  2. 8 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 産地情報
  2. 8 view

武夷山の茶摘みが本格化

武夷山でも岩茶の茶摘みが本格化しているようです。武夷山市天心村茶农忙采茶27日,武夷山市天心村茶农正在采摘武夷岩茶——大红袍。当日,武夷山两…

  1. イベント・展示会
  2. 7 view

貴州省の製茶コンテスト

貴州省の製茶コンテストが、黔東南ミャオ族トン族自治州の雷山県で開催されたそうです。5月28日、”雷公山高山緑・銀球茶杯”貴州省第8回手工製茶技能コンテス…

  1. 産地情報
  2. 7 view

西湖龍井、3月19日より茶摘み開始

西湖龍井の茶摘みがいよいよ本格的に始まったようです。伴随着明媚的春光,西湖龙井茶开始进入大面积采摘期。  3月19上午,杭州梅家坞的龙井茶园中,…

  1. 産地情報
  2. 7 view

写真で見る安渓鉄観音秋茶

安渓鉄観音の秋茶の生産が最盛期を迎えています。産地の様子を写真で紹介した記事がありましたので、ご紹介します。【航拍】福建安溪铁观音秋茶采摘忙 受台风影响…

  1. 産地情報
  2. 7 view

湖北省の青磚茶、再興に向けての動き

名前は知られているものの、日本にはあまり実態が紹介されていないお茶というのが良くあります。そのようなお茶の1つ、湖北省の青磚茶について紹介し、また今後の課題…

  1. 歴史と文化
  2. 7 view

洞庭山碧螺春の歴史と現状

蘇州の名茶である洞庭山碧螺春。その歴史と現状についてまとまっている記事がありましたので、ご紹介します。苏州打响洞庭山碧螺春"金字招牌"促茶产业发展…

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 7 view

白沙渓の千両茶

湖南省益陽市安化県で作られている安化黒茶。その中でも見た目のインパクト抜群の千両茶の製造技法について、紹介されていました。白沙溪千两茶——精湛工艺成就完…

  1. 産地情報
  2. 7 view

貴州省雷山県の銀球茶

貴州省の黔東南ミャオ族トン族自治州にある雷山県。ここでは銀球茶という変わったお茶を生産しています。贵州雷山县银球茶的深远影响 工艺独特、清香耐泡…

  1. 産地情報
  2. 7 view

豊かになった江山緑牡丹の村

歴史的な名茶として名高い、江山緑牡丹(工芸茶の黄山緑牡丹ではありません)。実は少し前までは、有名な割には低評価に甘んじていたお茶だったそうで、産地の村はかな…

中国茶の本棚 新着

中国茶のお店・教室 新着

ブログチェッカー

2019/11/13 23:56 
『単欉茶の今』写真やビデオで烏崬山の茶旅をしよう
(台湾茶・中国茶教室『茶遊サロン』中国茶を楽しむ教室)

2019/11/13 23:23 
白葉単そうL1
(modokunのブログ)

2019/11/13 22:29 
ウラジオストクを歩く2019(3)モルグン先生と会って
(茶旅)

2019/11/13 22:22 
一日一茶の道を歩けば猫に当たる! 2019/11/15
(一日一茶@我愛中国茶)

2019/11/13 21:33 
新潟日報社から
(烏龍茶・国産紅茶販売ピュアウーロン~お茶屋さん日記)

2019/11/13 21:22 
コーヒーウォルナッツケーキ
(お茶をどうぞ♪)

2019/11/13 20:22 
12月の「ふわり、お茶時間」は12月の1&2(日曜月曜)です。
(ふわり、お茶時間~お茶とともに~)

2019/11/13 18:51 
出張講座のお知らせ
(中国茶サロンゆるり)

2019/11/13 16:59 
秋からふゆへ
(『 中国茶と美味しいもの。 こころとカラダのことも… 』  )

2019/11/13 14:11 
鉄観音茶の評茶
(中国&台湾茶 遥かなる銘茶への旅)

2019/11/13 13:47 
宜興朱泥壷と秋のインテリア
(Liu Xiang Tea Salon)

2019/11/13 11:41 
リフォームで余ったクロス(壁紙)を再利用
(遠州ひとりごと ~日本でも中国茶三昧~)

2019/11/13 11:13 
第5436茶 ?
(一日一茶@我愛中国茶)

2019/11/13 09:18 
じょうとう~手ぬぐい
(茶房 一葉)

2019/11/13 08:53 
本物の招き猫
(一碗)


これ以前の更新記事は こちら
PAGE TOP