中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  4. ランキング一覧
  1. 産地情報
  2. 29 view

貧困を抜け出した平陽黄湯の村

浙江省温州市平陽県には、平陽黄湯という黄茶があります。このお茶は、失われていた製法を近年復刻させた復刻名茶なのですが、これによって貧困問題を解決した村がある…

  1. 産地情報
  2. 17 view

上海の茶園で春茶の茶摘み

上海にある茶園で今年の春茶の茶摘みが行われたそうです。今日の午前、金山区楓涇鎮下坊村にある滬楓茶園で、400畝あまりの春茶が茶摘みシ…

  1. 科学と機能性
  2. 337 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 産地情報
  2. 161 view

龍井茶の生育環境(気候)

中国の気象情報サイトが龍井茶の産地の気候について紹介していました。龙井茶与气候环境 堪称对西湖龙井茶的绝妙写真院外风荷西子笑,明前龙井女儿红…

  1. 科学と機能性
  2. 344 view

プーアル茶に賞味期限が無い理由

プーアル茶は賞味期限が無いとか長期保存ができると言われます。とりわけ、生茶と呼ばれる渥堆発酵をしていないものは珍重されるのですが、その変化について分かりやす…

  1. 科学と機能性
  2. 385 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 産地情報
  2. 252 view

安吉白茶、一芽一葉の基準が仇に?

絶好調が続く安吉白茶ですが、自らで作った基準が仇になってしまうのでは?という観測が出ているようです。一芽一叶采摘标准给安吉白茶套上了“紧箍咒”?一芽…

  1. 歴史と文化
  2. 113 view

シェ族:豊かな茶文化を持つ人々

福建省や浙江省を中心に分布する少数民族であるシェ族(畲族)。茶を生活に取り入れていることでも知られていますが、それをまとめた記事がありましたのでご紹介します…

  1. 産地情報
  2. 121 view

勐臘県の古茶山

雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州にある勐臘県(勐腊县)には、古六大茶山のうちの5つの茶山があります。これらの産地の違いについて解説している記事がありました…

  1. 茶と旅
  2. 138 view

武夷山、民宿産業が急成長

福建省武夷山ではお茶の産地で民宿産業が急速に伸びているようです。福建武夷山开启茶乡民宿发展模式“武夷山的茶,让人很迷恋,尤其是景区内的正岩茶,那种香…

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 229 view

白沙渓の千両茶

湖南省益陽市安化県で作られている安化黒茶。その中でも見た目のインパクト抜群の千両茶の製造技法について、紹介されていました。白沙溪千两茶——精湛工艺成就完…

  1. 産地情報
  2. 164 view

武夷山、品種茶の時代がまもなく

武夷山の岩茶は、これまで大紅袍推しで来た面が強くありました。しかし、これからは様々な品種のお茶を推奨していく時代になっていくかもしれません。武夷山:品种…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 241 view

中国の”積み茶”事情

今年は大分冷え込んでいるようですが、ここ数年、中国では贈答品としての茶葉の需要が高まっていました。しかし、贈答品というと、やはり飲みきれないというお茶も出て…

  1. 産地情報
  2. 146 view

福建省最貧の村、お茶で豊かに

中国の社会問題で「農村と都市の格差」というのがあるわけですが、その解決策の1つとして茶業が積極的に利用されています。福建省のある村の事例です。柘荣熊透村…

  1. 産地情報
  2. 133 view

径山茶の生育環境

径山茶の産地情報についての記事がありましたので、ご紹介します。径山茶产地独特的生态环境余杭径山茶是浙江传统名茶,主产地以余杭、临安两县交界处…

  1. 科学と機能性
  2. 347 view

普洱茶の老茶頭について

普洱茶に老茶頭(茶頭とも)と呼ばれるお茶があります。このお茶について詳しく解説している記事がありましたので紹介します。老茶頭は、…

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 157 view

安吉白茶30年の歩み

中国茶の世界では、ここのところ、一気に天下を取るようなお茶が続々と出ています。その中の1つが安吉白茶ですが、このお茶の30年ほどの歩みについて、安吉県の副県…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 155 view

中国の茶教育業界の現状と展望

中国では茶芸師、評茶員などの国家資格取得のための訓練講座の開設を中心に、お茶の教育ビジネスが拡大傾向を見せています。その教育の現状と課題を考察した記事をご紹…

  1. 産地情報
  2. 266 view

平陽黄湯茶、復刻までの道のり

平陽黄湯という、清代の浙江省の名茶(黄茶)があります。例によって解放後には断絶していたお茶なのですが、このたび原産地保護制度の対象になることが決まり、名実と…

  1. 市場環境
  2. 147 view

レノボグループが龍井茶を発売

大きなニュースが飛び込んできました。世界有数のコンピューターメーカーであるレノボ(聯想集団)の持ち株会社レジェンドホールディングスが、龍井茶の会社を中国茶葉…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 186 view

茶はなぜ雅やかになりすぎるのか

中国の茶業界でもお茶会はどんどん先鋭化していって、それこそ茶室ごと作ってしまう茶空間などが流行っているわけですが、こうした過度な”雅やかさ”を懸念する向きもあり…

  1. 産地情報
  2. 49 view

広東省肇慶市懐集県の単叢茶

単叢といえば、広東省潮州市の鳳凰単叢のイメージですが、広東省の別の地域でも単叢茶の生産が行われています。広東省北西部にある肇慶市懐集県では、現在、単叢茶の収…

  1. 産地情報
  2. 29 view

貧困を抜け出した平陽黄湯の村

浙江省温州市平陽県には、平陽黄湯という黄茶があります。このお茶は、失われていた製法を近年復刻させた復刻名茶なのですが、これによって貧困問題を解決した村がある…

  1. 歴史と文化
  2. 28 view

中国でお茶を学べる大学

中国ではお茶は学問になっており、茶学部(中国語では「茶学系」)を設けている大学(学院=Collage、単科大学のこと)が全国にあります。雲南省の地方紙が全国…

  1. 科学と機能性
  2. 24 view

雲南大葉種の特徴をみる

雲南省の茶葉品種である雲南大葉種についてまとめている記事がありましたので、ご紹介します。雲南大葉種茶中国の著名な優良茶樹品種で、雲南…

  1. 科学と機能性
  2. 19 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 科学と機能性
  2. 18 view

プーアル茶に賞味期限が無い理由

プーアル茶は賞味期限が無いとか長期保存ができると言われます。とりわけ、生茶と呼ばれる渥堆発酵をしていないものは珍重されるのですが、その変化について分かりやす…

  1. 産地情報
  2. 17 view

上海の茶園で春茶の茶摘み

上海にある茶園で今年の春茶の茶摘みが行われたそうです。今日の午前、金山区楓涇鎮下坊村にある滬楓茶園で、400畝あまりの春茶が茶摘みシ…

  1. 産地情報
  2. 14 view

生態的防除を行う黄山毛峰の茶園

中国では農薬問題に消費者が過敏になっており、最近では農薬などを使用しない生態的防除(绿色防控)を行う茶園(生態茶園といいます)が増えています。名茶として知ら…

  1. 市場環境
  2. 14 view

中国茶の機械化が進まない理由

中国茶の機械化が何故進まないのかについて考察した記事がありましたので、紹介します。茶業機械業界と茶業界の一致した努力により、中国茶葉…

  1. 科学と機能性
  2. 14 view

茯茶の金花が特別なところ

茯磚茶などで見られる、黄色い粒々のことを金花といいます。その金花がどのように特別なのかについて書かれた記事がありましたので、ご紹介します。"金花"是一种…

  1. 産地情報
  2. 14 view

紅茶になる梅占

梅占というと、烏龍茶の品種というイメージがあります。しかし、最近は紅茶の良質な原料としてブレイクしているようです。梅占茶叶成“政和工夫”红茶优质原料…

  1. 市場環境
  2. 13 view

杭州市、天価茶の取り締まりを強化

ここのところ、当局が取り締まりを強化しているのが”天価茶”と呼ばれる、実勢とはかけ離れた高額の茶葉です。浙江省杭州市では、その取り締まり強化が行われており、…

  1. 産地情報
  2. 13 view

4枚の図で分かる普洱茶の主要産地

プーアル茶の産地は広範囲に及んでおり、馴染みの無い地名があるために、混乱しがちです。4枚の図で分かりやすく産地を解説している記事がありましたので、ご紹介しま…

  1. 産地情報
  2. 13 view

黄金芽の茶苗が好評

黄金芽は最近、人気の出て来ているアミノ酸含有量の多い品種です。その茶苗を福建省南平市の松渓県で生産しており、その出荷が好調だとのことです。&nbsp…

  1. 科学と機能性
  2. 13 view

普洱茶の老茶頭について

普洱茶に老茶頭(茶頭とも)と呼ばれるお茶があります。このお茶について詳しく解説している記事がありましたので紹介します。老茶頭は、…

  1. 産地情報
  2. 12 view

雲南省著名産地の頭春茶原料価格

雲南省の著名な茶山の頭春茶(一番茶)の原料価格一覧が紹介されていました。4月24日、2020昆明春茶発表会(貧困扶助イベント)が開催され、会場では、雲南…

  1. 産地情報
  2. 49 view

広東省肇慶市懐集県の単叢茶

単叢といえば、広東省潮州市の鳳凰単叢のイメージですが、広東省の別の地域でも単叢茶の生産が行われています。広東省北西部にある肇慶市懐集県では、現在、単叢茶の収…

  1. 産地情報
  2. 29 view

貧困を抜け出した平陽黄湯の村

浙江省温州市平陽県には、平陽黄湯という黄茶があります。このお茶は、失われていた製法を近年復刻させた復刻名茶なのですが、これによって貧困問題を解決した村がある…

  1. 歴史と文化
  2. 28 view

中国でお茶を学べる大学

中国ではお茶は学問になっており、茶学部(中国語では「茶学系」)を設けている大学(学院=Collage、単科大学のこと)が全国にあります。雲南省の地方紙が全国…

  1. 科学と機能性
  2. 24 view

雲南大葉種の特徴をみる

雲南省の茶葉品種である雲南大葉種についてまとめている記事がありましたので、ご紹介します。雲南大葉種茶中国の著名な優良茶樹品種で、雲南…

  1. 科学と機能性
  2. 19 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 科学と機能性
  2. 18 view

プーアル茶に賞味期限が無い理由

プーアル茶は賞味期限が無いとか長期保存ができると言われます。とりわけ、生茶と呼ばれる渥堆発酵をしていないものは珍重されるのですが、その変化について分かりやす…

  1. 産地情報
  2. 17 view

上海の茶園で春茶の茶摘み

上海にある茶園で今年の春茶の茶摘みが行われたそうです。今日の午前、金山区楓涇鎮下坊村にある滬楓茶園で、400畝あまりの春茶が茶摘みシ…

  1. 産地情報
  2. 14 view

生態的防除を行う黄山毛峰の茶園

中国では農薬問題に消費者が過敏になっており、最近では農薬などを使用しない生態的防除(绿色防控)を行う茶園(生態茶園といいます)が増えています。名茶として知ら…

  1. 市場環境
  2. 14 view

中国茶の機械化が進まない理由

中国茶の機械化が何故進まないのかについて考察した記事がありましたので、紹介します。茶業機械業界と茶業界の一致した努力により、中国茶葉…

  1. 科学と機能性
  2. 14 view

茯茶の金花が特別なところ

茯磚茶などで見られる、黄色い粒々のことを金花といいます。その金花がどのように特別なのかについて書かれた記事がありましたので、ご紹介します。"金花"是一种…

  1. 産地情報
  2. 14 view

紅茶になる梅占

梅占というと、烏龍茶の品種というイメージがあります。しかし、最近は紅茶の良質な原料としてブレイクしているようです。梅占茶叶成“政和工夫”红茶优质原料…

  1. 市場環境
  2. 13 view

杭州市、天価茶の取り締まりを強化

ここのところ、当局が取り締まりを強化しているのが”天価茶”と呼ばれる、実勢とはかけ離れた高額の茶葉です。浙江省杭州市では、その取り締まり強化が行われており、…

  1. 産地情報
  2. 13 view

4枚の図で分かる普洱茶の主要産地

プーアル茶の産地は広範囲に及んでおり、馴染みの無い地名があるために、混乱しがちです。4枚の図で分かりやすく産地を解説している記事がありましたので、ご紹介しま…

  1. 産地情報
  2. 13 view

黄金芽の茶苗が好評

黄金芽は最近、人気の出て来ているアミノ酸含有量の多い品種です。その茶苗を福建省南平市の松渓県で生産しており、その出荷が好調だとのことです。&nbsp…

  1. 科学と機能性
  2. 13 view

普洱茶の老茶頭について

普洱茶に老茶頭(茶頭とも)と呼ばれるお茶があります。このお茶について詳しく解説している記事がありましたので紹介します。老茶頭は、…

  1. 産地情報
  2. 12 view

雲南省著名産地の頭春茶原料価格

雲南省の著名な茶山の頭春茶(一番茶)の原料価格一覧が紹介されていました。4月24日、2020昆明春茶発表会(貧困扶助イベント)が開催され、会場では、雲南…

中国茶の本棚 新着

中国茶のお店・教室 新着

ブログチェッカー

2021/05/13 16:39 
通販のお買い物は
(小梅茶荘)

2021/05/13 15:04 
エッセイ本『中国茶&台湾茶 遥かなる銘茶の旅』予約が始まりました
(中国&台湾茶 遥かなる銘茶への旅)

2021/05/13 13:19 
スマホで食品を買う
(一碗)

2021/05/13 11:51 
ロブマイヤーグラスで愛でる可愛い茶の芽
(お茶をどうぞ♪)

2021/05/13 11:21 
祁眉(祁門紅茶) 易武落水洞 晒紅 入荷しました!
(鈴茶堂 SUZUCHADO)

2021/05/13 11:00 
ねこ缶クッキー&本棚の猫本
(   茶と猫と。)

2021/05/13 08:11 
——朝の関東は朝からしとしと️今年の梅雨入りは記録的に早くなる予報ですね。残...
(ル・サロン・シャンホア《漢方ビューティ》 le salon 香華 )

2021/05/13 06:14 
東方美人2016@蘭亭
(Tea Wave ~幸せの波動を感じて~)

2021/05/13 05:55 
完熟南高梅発注完了☆@煮茶梅2021①
(Tea Wave ~幸せの波動を感じて~)

2021/05/12 23:23 
台茶8号
(modokunのブログ)

2021/05/12 20:20 
大阪 梅田駅前で中国茶・台湾茶を楽しみたい方へ
(中国茶・台湾茶教室『茶遊サロン』中国茶を楽しむ教室)

2021/05/12 19:04 
2021年6月以降のお茶会、セミナー予定
(上海小町のまったり中国茶日記)

2021/05/12 18:44 
花藝教室(芒萁,狗尾草、羽毛太陽花)
(Chinese Tea ・ 禮茶のブログ)

2021/05/12 17:19 
テストでっす。
(小梅茶荘)

2021/05/12 16:17 
新茶の息吹が体をかけめぐる
(お茶をどうぞ♪)


これ以前の更新記事は こちら
PAGE TOP