中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 2 view

径山茶の生育環境

径山茶の産地情報についての記事がありましたので、ご紹介します。

径山茶产地独特的生态环境

余杭径山茶是浙江传统名茶,主产地以余杭、临安两县交界处的径山而得名,在国内外市场享有盛誉。径山茶外形细嫩有毫,色泽绿翠,香气清高,滋味鲜醇,汤色黄绿,叶底明亮。径山是佛教胜地,游览径山,品尝径山茶,感到头杯茶味平淡,二杯茶味浓郁,三杯茶味醇和,喝后回味甚长,心情舒畅,疲劳消失。径山茶年产量约2500多公斤,已销售国内外,深受欢迎,是极有发展前途的名茶。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/1104/article_175289.html

余杭径山茶は浙江省の伝統的な名茶で、主産地は余杭・臨安両県の境にある径山にあることから、その名前があります。国内外の市場で高い評判があります。径山茶の外観は細いミル芽で産毛があり、色沢は緑翠で、香りは清らかで高く、味はうまみと厚みがあり、水色は黄緑で、茶殻は明るい色をしています。
径山は仏教の盛んな土地で、径山を観光し、径山茶を味わうと、一杯目のお茶の味はやや淡く感じますが、二杯目からは茶の味が濃く出て、三杯目の味はまろやかになり、飲んだあとの余韻が長く続き、心がスッキリとして疲れも消え失せます。径山茶の年間の産量は約2500kgあまりで、国内外に販売されており、大変歓迎されており、将来の発展の期待できる名茶です。

独特な生態環境があります。径山は東天目山脈に属し、主峰の窯頭山は標高1095.2mで、それ以外の山の多くは1000m以下です。何度も地質の運動と強烈な地表の浸食を受けており、また東南部の沿海で突然隆起した山であることから、なおさら雄大にそびえていて、相対高度はどこも500m以上です。
このような地理条件から、南東から来る湿った季節風が入りやすいものの出にくいという特徴によって強い対流が発生し、多くの雲を発生させ、直射日光を弱めて長年にわたる湿潤多雨の環境を生み出しており、これが径山茶の品質を自然と高めています。
浙北茶区の緯度と径山山脈などの総合的な要素に影響され、気温は相対的に低く、茶樹は弱い直射日光の元で生育するので、クロロフィルBの産出が多くなり、多くのアミノ酸を作るので、茶の香りをより高めることになります。
径山茶区の平年の降水量は1400mmを超え、茶樹が湿度を好むという特徴に適しています。径山茶区の土壌は、最も広く分布するのは赤土の土壌の中でも黄色い赤土の土壌で、柔らかく手ほぐしやすく、深くにまで及んでおり、ミネラルなどの微量元素も豊富で、phは5.6~5.7の間にあり、茶樹の栽培に最も適した土壌条件です。
径山茶の産地は地理的な緯度、山の特徴、気候要素と土壌条件などが相まって、径山茶の独特な品質特徴を生み出しているのです。

 

径山はいざ登ってみるとなかなかの険しい山になっています。径山茶は産地の特徴が現れたお茶とも言えそうです。

 

産地情報の最近記事

  1. ネット販売が好調の大田美人茶

  2. 安渓のスマートな害虫防除技術

  3. 湖北省宜昌市で無人の生産ラインが始動

  4. 貧困県にUターンした4人兄妹が作る黄茶

  5. 嶗山茶の茶摘み始まる

関連記事

PAGE TOP