中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 2 view

開化龍頂の一番茶、少量発売もすぐに売り切れる

開化龍頂の一番茶が少量生産され、売り出されたものの、すぐに売り切れたようです。

 

首批龙顶春茶昨天上市 大面积开采要到3月中旬

趁着3月5日的晴好天气,勤劳的开化茶农们上山采下了今年第一批龙顶新芽。白天采茶晚上炒茶,昨日早晨7点多一上市,新茶就被市场上的商户抢购一空。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0308/article_167692.html

 

3月5日の快晴な天気のうちに、熱心に働く開化の茶農家たちは今年初めての龍頂茶の新芽を摘み終えました。昼間に摘んだ茶葉を夜通しで製茶して、昨日の朝7時過ぎに発売しましたが、新茶は市場のある店によって買い占められました。

この日発売されたのは、特早生品種である烏牛早で、30斤前後あり、主に蘇荘鎮の数名の農家によるものです。開化県龍頂名茶交易市場に店を構える汪さんの話によると、これは今年の春茶市場で最も早く発売された龍頂茶で、品質も良く価格は1斤1000元以上だったとのことです。購入した人たちは主に茶葉をビジネスで使う人で、自分で飲む人はとても少ないようです。

昨日の午後、華埠鎮独山村のある低海抜の茶園に行ってみると、茶樹の成長の状況は良く、春茶が既に小さな角を出していて、雨や雪で水もたっぷりあるので、鮮やかな緑色に見えます。

雨や雪のあと、多くの茶農家は茶葉が凍害に遭わないかを心配していました。開化県茶産業所の副主任であり、高級農芸師の余書平氏によると、春節は溶けるのがとても早く、茶樹の成長には影響しません。雪に覆われても、茶樹は凍害になることはなく、かえって茶の品質を高めるのに役立ちます。

調べてみると、現在開化県には12万畝の茶園があり、例年は開化龍頂の春茶は2月下旬には茶摘みができます。しかし今年は春になってから雨が多くて、日照が弱かったため、各品種の茶摘みが次々と始まるのは3月中旬になりそうです。

 

今年は開化龍頂も遅れているようです。
それにしても烏牛早でも開化龍頂を作っているのですね。中国緑茶も形状が違うだけで、味のパターンが似通うケースが今後はどんどん増えそうです。

 

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP