中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 歴史と文化
  2. 9 view

漢の景帝陵から出土した最古の茶葉

最近、中国で発見された最古の茶ですが、大きな話題を呼んでいるようです。

汉景帝陵墓出土最古老茶叶 全由茶芽构成完好无损

近日,世界最古老茶叶在中国出土引人围观,据考古学家分析该茶叶完全由小而未开的茶芽,完好无损,看起来是顶级品质。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201601/00003710.html

先日、世界最古の茶葉が中国から出土したことは多くの人々の注目を集めており、考古学者の分析によれば、このお茶は完全に小さくまだ開いていない茶芽であり、破損も無く、最高級の品質であったことが見て取れます。

海外メディアの報道によると、世界最古の茶が中国で出土し、考古学者は漢の景帝の副葬品の中から茶を発見しました。漢の景帝は紀元前141年に亡くなっており、これが意味するところはこのお茶は今から少なくとも2150年前の茶葉であるということです。

漢の景帝陵は当時の首都である長安(現在の西安)の近くにあり、その墓には様々な副葬品もありました。報道によれば、中国の考古学者は漢の景帝の副葬品の中から、世界最古の茶葉を発見したとのことです。

漢の景帝は紀元前141年に世を去っており、これが意味するところは、この茶の歴史もそれから少なくとも1年は遡ることができて、少なくとも2150年前であるということです。

研究者たちは、茶の表面の絨毛にある微小な結晶体と生物質量分析を行って、副葬品の中から茶の成分を検出しました。これらのお茶は小さくまだ開いていないお茶の芽で、最高級の品質であったことが見て取れます。

考古学者によれば、漢の景帝は茶の愛好者であり、この発見が意味するところは、中国の古代の皇室が茶を好んで飲んでいたという歴史は少なくとも2150年前まで遡ることができる、ということですと話しています。

 

これは”世紀の大発見”クラスの発見のようです。
茶に関する歴史は、様々な発見で変わってきましたが、私たちはちょうどそれを目撃しているようです。

 

歴史と文化の最近記事

  1. もっとも古い茶葉市場はどこに?『僮約』の記載を検証

  2. 内モンゴルの現代のお茶事情

  3. 最近のラサの茶葉市場事情

  4. 世界最古の茶、ギネスに登録

  5. 武夷名叢・半天腰

関連記事

PAGE TOP