中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 科学と機能性
  2. 5 view

尿路結石の人はお茶を飲むのに節制が必要

お茶は基本的には体に良いものなのですが、飲み方に気をつけるべき場合もあります。
尿路結石の患者さん向けのアドバイス記事です。

 

尿道结石患者喝茶要注意节制

尿道结石患者喝茶要有节制,虽然鼓励患者多喝水,但白开水和茶水还是有区别的。茶叶中含有大量的草酸钙物质,这些物质可能引发结石。所以说,喝茶有助长结石形成的可能,但有些人一直保持着喝茶的习惯,一直难以改掉。专家强调,患者可以把茶泡淡一点再喝。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0626/article_158700.html

尿道結石の患者がお茶を飲む場合には節制が必要です。患者には多くの水を飲むことを推奨されていますが、白湯と茶湯は区別されなければなりません。茶葉は、大量のシュウ酸カルシウムを含んでおり、この物質は結石を引き起こす可能性があります。そのため、お茶を飲むことは結石の形成を助長する可能性があるのです。しかしお茶を飲む習慣のある人にとって、これを改めるのは難しいです。専門家は、尿道結石患者はお茶を少し薄めてから飲むべきであると強調しています。

尿道結石の成分中、約8割はシュウ酸カルシウムの結晶に属しており、これらは飲食中のシュウ酸とカルシウムの量が重要な要素になっています。患者は大量の水を飲んで、尿道中のシュウ酸カルシウム結晶を減らすことの他に、カルシウムとシュウ酸を含む食物をできるだけ摂らないようにすることで、結石の再生を予防することができます。しかし、人々が好む茶葉の成分の中には豊富なシュウ酸が含まれており、尿道結石の病歴がある人や家族にその病歴がある人は、特にお茶を飲むときの量と方法に注意を払う必要があります。

お茶を飲むことを好む人、あるいはお茶を飲むことが大量の水分摂取になると認識している人は、ある方面では結石を減少させていますが、また別の方面では結石が作られる力を増やしています。しかし、この双方を比較すると、シュウ酸カルシウムの結石を作る働きの方が、お茶を飲んで水分を得ることよりも強いのです。そのため、尿道結石患者は、お茶を飲むのではなく水を飲むべきなのです。しかし、尿道結石患者はお茶を飲む習慣を戒める必要はありません。ただ、お茶を飲むときに少し薄くすることによって、茶葉の濃度を下げることができ、水分量を増やすことができるので、シュウ酸の濃度を相対的に低くすることができます。空腹の時にお茶を飲むと、大量のシュウ酸が体内に入り込んでしまうので、結石が作られる働きが強まってしまいます。

このほか、食事の後にお茶を飲む場合は、食べ物の中のカルシウムと茶の中のシュウ酸がシュウ酸カルシウムの結晶を作ってしまうので、腸から体内に吸収しにくくなり、さらにすぐに糞便として体外に排出されやすくなるので、結石の生成を抑えることができます。茶葉の他に、シュウ酸が多く含まれる食物には、ほうれん草やキンサイ(中国セロリ)、ココアなどがあります。

水分を摂るという面だけでは無く、こうした成分についての知識を持っておくことも必要ですね。

 

科学と機能性の最近記事

  1. 茯茶の金花が特別なところ

  2. 安渓鉄観音の保健機能、研究成果発表

  3. お茶は冷蔵庫で保管すべきか

  4. 安徽農業大学、黄大茶の血糖低下機能を発見

  5. 安渓鉄観音、高度加工が進む。茶酒や茶飲料へ

関連記事

PAGE TOP