中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 5 view

洞庭山紅茶ブランドの開発に当局が注力

最近、有名な緑茶の産地で紅茶を作る動きが活発化しています。
先行した信陽毛尖を追いかけるべく、行政が音頭を取ってブランド開発を急速に進めているようです。

苏州吴中区努力开拓洞庭山红茶品牌

近年来,吴中工商局进一步推进品牌助农工程,加大举措充分发挥工商职能,努力开拓洞庭山红茶品牌建设工作。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0628/article_158773.html
ここ数年、呉中区商工局は、ブランド造りのプロジェクトにより進んで関わるようになっており、その持ちうる職能を発揮し、洞庭山紅茶ブランドの開発プロジェクトに注力しています。

調査研究に訪ねると、紅茶の発展の現状が深く理解できます。碧螺春紅茶の製造研究を始めた頃から、このプロジェクトチームのメンバーは、現地のトップ企業や農家に入り込んで、紅茶づくりを発展させるための要求や意向をキャッチし、それを状況に反映させてきました。

まず、指導を強化して、商標登録の意識を高めました。定期的に商標の勉強会を開催し、来てもらって指導を進めていくことの他に、当局は全国茶葉標準化技術委員会の秘書長を招き、杭州の西湖龍井が実施した、紅茶品種の商標申請の方法とその経緯を紹介してもらいました。こうして、経営者の商標意識をさらに高め、碧螺春紅茶のブランドをしっかりと固める基礎としました。

ついで、宣伝を強化し、紅茶市場を作りました。積極的にメディアとの間で良い関係を維持し、メディア上で、紅茶の文化的基板や製造技術などの宣伝報道を進めました。

さらに部門の連携によって、より大きな力で後押しも行いました。呉中局が管轄する農林関係の部門や関係する業界団体を連合させ、碧螺春紅茶を申請するのに必要な材料を集めるとともに、具体的な指導方法などを制定しました。

また積極的に商標保護の活動も進めました。一方では、商標を持っている人に他の土地での権利保護申請をするように指導し、もう一方では管轄地域における商標侵害の案件を見つけるや、すぐに調査し、商標侵害行為に打撃を与えました。

 

地元の茶産業を発展させようと、地元の当局が活発に動いているようです。
中国では、農村と都市の収入格差が深刻な国内問題となっており、それを解消するための有力な施策として、茶業の振興が位置づけられている側面があります。
生産量の伸びに比して、需要の伸びは大きくないため、産地間の競争は様々な分野で、今後もどんどん激しくなってきそうです。

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP