中国茶ファンのためのデータベース&ニュース


  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  4. ランキング一覧
  1. 産地情報
  2. 91 view

雲南の白化茶樹品種-勐海黄葉

安吉白茶・黄金葉など、白化・黄化した品種はアミノ酸の含有量が多いなどで、注目を集めています。雲南省の大葉種でも白化品種が見つかってきているようです。…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 216 view

小青柑の淹れ方3パターン

ここ数年で、大ヒットした小青柑。小さな柑橘の中に茶葉を詰めたものですが、どうやって飲むのか分からない方もいらっしゃると思います。淹れ方を紹介した記事があ…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 277 view

お茶の1煎目は捨てるべきか?

中国茶を飲み始めたばかりの方が困惑することの一つに、1煎目のお茶を捨てるかどうか?、いわゆる”洗茶”をするべきかどうか?というものがあります。これについて紹…

  1. 科学と機能性
  2. 156 view

保存する価値の無いプーアル茶

プーアル茶は、寝かせておけば美味しくなる&価値が上がるということが、日本でも知られるようになってきていますが、実は寝かせて置いても全く意味の無いプーアル茶が出回…

  1. 産地情報
  2. 265 view

安吉白茶、一芽一葉の基準が仇に?

絶好調が続く安吉白茶ですが、自らで作った基準が仇になってしまうのでは?という観測が出ているようです。一芽一叶采摘标准给安吉白茶套上了“紧箍咒”?一芽…

  1. 科学と機能性
  2. 345 view

普洱熟茶の軽発酵と重発酵

渥堆発酵を経た普洱熟茶でも、渥堆の程度により軽い発酵のものと重い発酵のものがあります。その違いについてまとめた記事がありましたのでご紹介します。&n…

  1. 科学と機能性
  2. 482 view

プーアル茶に賞味期限が無い理由

プーアル茶は賞味期限が無いとか長期保存ができると言われます。とりわけ、生茶と呼ばれる渥堆発酵をしていないものは珍重されるのですが、その変化について分かりやす…

  1. 産地情報
  2. 164 view

長興紫笋茶、再興なるか

浙江省長興県の長興紫笋茶(顧渚紫笋茶)。歴史的な名茶としても知られるこのお茶ですが、今では存在感が希薄になっており、なかなか店頭でも見かけないお茶になってい…

  1. 産地情報
  2. 176 view

武夷山、品種茶の時代がまもなく

武夷山の岩茶は、これまで大紅袍推しで来た面が強くありました。しかし、これからは様々な品種のお茶を推奨していく時代になっていくかもしれません。武夷山:品种…

  1. 市場環境
  2. 162 view

若者の茶の消費事情

お茶は年輩の人の専売特許のように感じるのは、日本も中国も差は無いと思いますが、最近、中国では80后、90后と呼ばれる1980年代、90年代生まれの間でも、お茶の…

  1. 歴史と文化
  2. 324 view

日本茶と天台山の繋がり

日本茶がどこからやって来たのか、は未だに諸説があるところですが、中国から日本に伝わった最も古いお茶は、おそらく天台山のものではないか、という説が中国では有力にな…

  1. 歴史と文化
  2. 321 view

洞庭山碧螺春の歴史と現状

蘇州の名茶である洞庭山碧螺春。その歴史と現状についてまとまっている記事がありましたので、ご紹介します。苏州打响洞庭山碧螺春"金字招牌"促茶产业发展…

  1. 産地情報
  2. 316 view

写真で見るプーアル茶の作り方

プーアル茶の製法について写真でわかりやすく解説している記事がありましたので、ご紹介します。普洱茶制作工艺详解雲南景邁山景邁山は一年中…

  1. 産地情報
  2. 232 view

プーアル茶の唛号の読み方

プーアル茶の選び方の記事がありましたのでご紹介します。选普洱茶讲究“清纯正气”普洱茶因具有降血脂、暖胃、减肥等作用而受到人们的青睐,然而随着…

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 174 view

安吉白茶30年の歩み

中国茶の世界では、ここのところ、一気に天下を取るようなお茶が続々と出ています。その中の1つが安吉白茶ですが、このお茶の30年ほどの歩みについて、安吉県の副県…

  1. 産地情報
  2. 210 view

諸説入り交じる茶王-大紅袍

中国茶には様々な伝説がつきまといますが、そのせいで話が分かりにくくなることも多々あります。その典型的な例が武夷山の名茶・大紅袍であると思います。これにつ…

  1. 産地情報
  2. 164 view

桂花烏龍茶、中高級路線へも

桂花烏龍茶というと、安い烏龍茶に香りを付けたもの・・・というイメージがありますが、最近は高級路線のお茶も出てきているようです。安溪金秋"打桂花" 桂花乌龙茶…

  1. 産地情報
  2. 145 view

茶摘み人不足をどうやって解決するか

労働集約的な茶業の典型とも言える茶摘み作業ですが、これに依存せざるをえない中国茶はコストアップの影響をもろに受けます。浙江省のある産地の様子をご紹介します。…

  1. 市場環境
  2. 188 view

抹茶は浙江省の茶産業の新たな力に

浙江省が抹茶の輸出に力を入れているようです。抹茶为浙江茶产业出口带来新动力今年前三季度,经浙江检验检疫局检验出口的抹茶约9吨,货值22万美元,同比数…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 157 view

お茶教室で独立した女性

中国でも茶業界が成長するに従い、茶藝を教える教室などが出て来ています。重慶で独立した27才の女性の例をご紹介します。卖茶叶、教茶艺 重庆“茶妹子”年收入…

  1. 科学と機能性
  2. 162 view

プーアル茶の煎が効く理由

プーアル茶は煎が効くと言われますが、その理由について科学的に簡単に説明した記事がありましたので、ご紹介します。お茶の煎が効くと言う場…

  1. 科学と機能性
  2. 79 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 科学と機能性
  2. 37 view

プーアル茶に賞味期限が無い理由

プーアル茶は賞味期限が無いとか長期保存ができると言われます。とりわけ、生茶と呼ばれる渥堆発酵をしていないものは珍重されるのですが、その変化について分かりやす…

  1. 産地情報
  2. 36 view

福鼎白茶餅の作り方

すっかり定着した感のある白茶餅ですが、その作り方を写真で紹介した記事がありました。白茶緊圧餅は初期の頃は機械化されておらず、人手によ…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 26 view

お茶の1煎目は捨てるべきか?

中国茶を飲み始めたばかりの方が困惑することの一つに、1煎目のお茶を捨てるかどうか?、いわゆる”洗茶”をするべきかどうか?というものがあります。これについて紹…

  1. 産地情報
  2. 23 view

中国最大の抹茶生産企業が復旧

中国最大の抹茶生産企業である、浙江省の企業が復旧したそうです。3月11日、浙江省紹興市の紹興御茶村茶業有限公司の茶園では、作業員が春…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 21 view

小青柑の淹れ方3パターン

ここ数年で、大ヒットした小青柑。小さな柑橘の中に茶葉を詰めたものですが、どうやって飲むのか分からない方もいらっしゃると思います。淹れ方を紹介した記事があ…

  1. 産地情報
  2. 20 view

紅茶になる梅占

梅占というと、烏龍茶の品種というイメージがあります。しかし、最近は紅茶の良質な原料としてブレイクしているようです。梅占茶叶成“政和工夫”红茶优质原料…

  1. 歴史と文化
  2. 19 view

中国でお茶を学べる大学

中国ではお茶は学問になっており、茶学部(中国語では「茶学系」)を設けている大学(学院=Collage、単科大学のこと)が全国にあります。雲南省の地方紙が全国…

  1. 科学と機能性
  2. 14 view

茯茶の金花が特別なところ

茯磚茶などで見られる、黄色い粒々のことを金花といいます。その金花がどのように特別なのかについて書かれた記事がありましたので、ご紹介します。"金花"是一种…

  1. 茶と旅
  2. 13 view

130年前の九曲紅梅と茶旅の進展

130年以上前の九曲紅梅の骨董茶が大変な高値の値付けをされたそうです。また、産地では新しい博物館が建設されたり、最近の九曲紅梅の動きが出ているようです。…

  1. 産地情報
  2. 13 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. 科学と機能性
  2. 13 view

宵越しのお茶は飲めるのか?

宵越しのお茶は飲むな、とよく言われます。これは中国でも同じようで、発がん性がある、とも言われているそうです。しかし、それは本当だろうか?という記事です。…

  1. 茶と旅
  2. 12 view

中国初の茶荘園連盟が浙江省で発足

最近、中国で聞かれるようになってきた言葉が「茶荘園(茶庄园・Tea Manor)」というものです。フランスのワイナリーのような感覚で、生産と観光を一体化した…

  1. 科学と機能性
  2. 162 view

プーアル茶の煎が効く理由

プーアル茶は煎が効くと言われますが、その理由について科学的に簡単に説明した記事がありましたので、ご紹介します。お茶の煎が効くと言う場…

  1. 科学と機能性
  2. 79 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 科学と機能性
  2. 37 view

プーアル茶に賞味期限が無い理由

プーアル茶は賞味期限が無いとか長期保存ができると言われます。とりわけ、生茶と呼ばれる渥堆発酵をしていないものは珍重されるのですが、その変化について分かりやす…

  1. 産地情報
  2. 36 view

福鼎白茶餅の作り方

すっかり定着した感のある白茶餅ですが、その作り方を写真で紹介した記事がありました。白茶緊圧餅は初期の頃は機械化されておらず、人手によ…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 26 view

お茶の1煎目は捨てるべきか?

中国茶を飲み始めたばかりの方が困惑することの一つに、1煎目のお茶を捨てるかどうか?、いわゆる”洗茶”をするべきかどうか?というものがあります。これについて紹…

  1. 産地情報
  2. 23 view

中国最大の抹茶生産企業が復旧

中国最大の抹茶生産企業である、浙江省の企業が復旧したそうです。3月11日、浙江省紹興市の紹興御茶村茶業有限公司の茶園では、作業員が春…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 21 view

小青柑の淹れ方3パターン

ここ数年で、大ヒットした小青柑。小さな柑橘の中に茶葉を詰めたものですが、どうやって飲むのか分からない方もいらっしゃると思います。淹れ方を紹介した記事があ…

  1. 産地情報
  2. 20 view

紅茶になる梅占

梅占というと、烏龍茶の品種というイメージがあります。しかし、最近は紅茶の良質な原料としてブレイクしているようです。梅占茶叶成“政和工夫”红茶优质原料…

  1. 歴史と文化
  2. 19 view

中国でお茶を学べる大学

中国ではお茶は学問になっており、茶学部(中国語では「茶学系」)を設けている大学(学院=Collage、単科大学のこと)が全国にあります。雲南省の地方紙が全国…

  1. 科学と機能性
  2. 14 view

茯茶の金花が特別なところ

茯磚茶などで見られる、黄色い粒々のことを金花といいます。その金花がどのように特別なのかについて書かれた記事がありましたので、ご紹介します。"金花"是一种…

  1. 茶と旅
  2. 13 view

130年前の九曲紅梅と茶旅の進展

130年以上前の九曲紅梅の骨董茶が大変な高値の値付けをされたそうです。また、産地では新しい博物館が建設されたり、最近の九曲紅梅の動きが出ているようです。…

  1. 産地情報
  2. 13 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. 科学と機能性
  2. 13 view

宵越しのお茶は飲めるのか?

宵越しのお茶は飲むな、とよく言われます。これは中国でも同じようで、発がん性がある、とも言われているそうです。しかし、それは本当だろうか?という記事です。…

  1. 茶と旅
  2. 12 view

中国初の茶荘園連盟が浙江省で発足

最近、中国で聞かれるようになってきた言葉が「茶荘園(茶庄园・Tea Manor)」というものです。フランスのワイナリーのような感覚で、生産と観光を一体化した…

中国茶の本棚 新着

中国茶のお店・教室 新着

ブログチェッカー

2021/10/25 16:04 
のんびりと営業
(茶房 一葉)

2021/10/25 14:04 
レモングラスティー
(Liu Xiang Tea Salon)

2021/10/25 10:48 
37年前の今日・なにしてた・・・
(一碗)

2021/10/25 10:46 
ピクニックバスケット ・・・ぽいもの
(遠州ひとりごと ~日本でも中国茶三昧~)

2021/10/25 07:27 
しまうの早すぎた?(^◇^;)
(お茶と手作り、そしてカラダの事。)

2021/10/24 23:40 
・遊木民の直人さんが(@youbokumin1207) 遊木民ファミリーを引き連れ...
(札幌茶楼 茶譜(旧 中国的茶楼 茶譜))

2021/10/24 23:23 
宵越し 昔帰
(modokunのブログ)

2021/10/24 23:05 
歓迎光臨!ようこそ!転校生さん♪
(中国茶教室・台湾茶教室『茶遊サロン』中国茶を楽しむ教室)

2021/10/24 21:22 
中国における喫茶のはじまりと日本への伝来・中国編と日本編
(Liu Xiang Tea Salon)

2021/10/24 20:23 
参宮橋イルヴィスキオ
(『 中国茶と美味しいもの。 こころとカラダのことも… 』  )

2021/10/24 18:09 
YAMAZAKIパラダイスの今日
(一碗)

2021/10/24 17:36 
37年前の今日・杭州
(一碗)

2021/10/24 16:29 
休日のティータイム
(お茶をどうぞ♪)

2021/10/24 15:28 
antigua的中国茶会
(神融心酔 )

2021/10/24 10:00 
雲南古樹紅茶&フィナンシェ
(   茶と猫と。)


これ以前の更新記事は こちら
PAGE TOP