中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 5 view

新たな可能性となるか、広東省の恵州岩茶

岩茶といえば普通は武夷岩茶のことを思い浮かべるのですが、広東省の恵州に岩茶の茶樹を移植し、恵州岩茶として売り出しているメーカーがあります。
そのメーカーが中国国際茶業博覧会で金賞を受賞し、注目を集め始めているようです。

广东惠州岩茶亩产值达2.5万元 被誉为茶中贵族

以大红袍为代表的武夷岩茶是中国十大名茶之一,被誉为茶中贵族、茶中极品。一直以来,因为对自然环境要求较高,岩茶主要在福建武夷山一带种植。近年来,一个热衷于茶叶研究的科研团队,尝试将这一品种引进到惠州惠东白盆珠一带的丹霞地貌山地种植,并获得成功。白盆珠牌惠州岩茶在第十一届中国国际茶业博览会上荣获金奖。16日,全国绿色产业工作促进委员会到惠州考察调研,并考虑将这一技术和模式推广到其他适合岩茶种植的省份。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201512/00003582.html

大紅袍を代表とする武夷岩茶は中国十大名茶の1つで、茶の貴族、茶の最高級品として知られています。自然環境についての要求が厳しいため、岩茶は主に福建省の武夷山一帯でずっと栽培されてきました。ここ数年、ある茶の研究を熱心に行う科学研究チームが、その品種の1つを恵州市恵東県の白盆珠鎮一体にある丹霞地形(訳注:切り立った断崖を特徴とする、赤い堆積岩が隆起した地形)の山地に植えたところ、成功を収めました。白盆珠ブランドの恵州岩茶は、第11回中国国際茶業博覧会で金賞を受賞しました。16日、全国緑色産業プロジェクト促進委員会は恵州に調査チームを派遣し、その技術とモデルを他の岩茶の栽培に適した省に普及できないか検討しています。

恵州は広東省における農業の盛んな市で、市内の栽培面積は3万畝を超えています。しかし、品種はほぼ単一で、地元の客家山茶が主で、岩茶、単叢と普洱などの高級茶の種類と比べると、そのグレードはどうしても低いです。ここ数年、国連の国際生態安全科学院院士で、北京生態文明工程研究院院長の劉宗超氏が科学研究チームを率い、ずっと武夷岩茶の南方への普及を研究していました。4年前、彼は恵東県白盆珠鎮一帯の丹霞地形で試験栽培を行いました。「岩茶は丹霞地形にある岩のへこみや石の近くで栽培しなければならないのですが、恵東県の蓮花山脈一帯は丹霞地形であり、かつ気候、土壌、水質の条件が武夷山と似ていて、山が清らかで水も秀でていて、生態環境はとても良いので、岩茶を南に移すには非常に良い土地でした」。

劉宗超氏は、地元の大規模農家である楊天送氏と共同で、白盆珠ダム近くの元々は荒れ果てていた”石頭山”を借り受け、岩茶の試験栽培を始めました。4年の試験栽培を過ぎ、岩茶の移植に成功し、そのお茶は様々な指標が関連する標準をクリアしていて、一部は武夷岩茶を越えるものもありました。劉宗超氏と恵州市碧水蓮山生態茶葉有限公司が協力して栽培し、コンテストに送った”白盆珠ブランド”の恵州岩茶は第11回中国国際茶業博覧会で一挙に金賞を獲得しました。

楊天送氏が荒廃した”石頭山”を村民から借り受けて、岩茶を栽培しはじめた最初のころは、多くの村民が疑問を持っていました。しかし、彼が平均価格で1斤800~1000元(製品茶)、最高価格が1斤11800元という値段で販売を始めたあとは、羨望のまなざしで見られるようになりました。「岩茶はお茶の中でも最高級品の1つと言えるもので、経済効果はとても良いです。現在、既に10軒あまりの農家が私たちと一緒に栽培をしています」と楊天送氏は言います。恵州岩茶は1畝あたり、年間平均で30斤の製品茶を作ることができて、産出額は2.5万元前後なので、2000元あまりのコストを除いても、2.2万元の純収入があるので、これは普通の山茶の2倍以上です。

劉宗超氏の調査によると、恵州市には丹霞地形が20万畝以上あり、主に貧しい産地に分布していて、現在、大部分は荒れ果てた状態となっています。もし、開発して岩茶を植えることができるならば、50億元規模の産業になることになり、農家を貧困から救う非常に優秀な貧困解決策になり得ます。市の農業技術普及センター副主任の李恵陵氏は調査研究に参加したあと、岩茶の栽培技術は既に克服されていて、恵州で高品質な茶製品が生み出されているということは、恵州で栽培するのに適しているということで、経済的な効果も高いので、次は市内全域に栽培を普及することを考えたい、と話しています。

 

中国南部の赤茶けて不毛とされてきた丹霞地形の土地が、高品質な岩茶を生む場所になるかもしれない、という記事でした。高級茶を目指すというよりは、比較的お手頃だけれども、そこそこ品質の良いお茶が出来るようになれば、これはこれで可能性がありそうですね。

産地情報の最近記事

  1. ネット販売が好調の大田美人茶

  2. 安渓のスマートな害虫防除技術

  3. 湖北省宜昌市で無人の生産ラインが始動

  4. 貧困県にUターンした4人兄妹が作る黄茶

  5. 嶗山茶の茶摘み始まる

関連記事

PAGE TOP