中国茶ファンのためのデータベース&ニュース


  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  4. ランキング一覧
  1. 産地情報
  2. 63 view

困鹿山の古茶園保護に向けた現地調査

雲南省普洱市の寧洱ハニ族イ族自治県にある困鹿山は、かつて献上茶の茶園があったことで知られています。この古茶園を保護する動きが進んでいますが、県のトップが現地…

  1. 科学と機能性
  2. 188 view

雲南大葉種の特徴をみる

雲南省の茶葉品種である雲南大葉種についてまとめている記事がありましたので、ご紹介します。雲南大葉種茶中国の著名な優良茶樹品種で、雲南…

  1. 茶と旅
  2. 112 view

130年前の九曲紅梅と茶旅の進展

130年以上前の九曲紅梅の骨董茶が大変な高値の値付けをされたそうです。また、産地では新しい博物館が建設されたり、最近の九曲紅梅の動きが出ているようです。…

  1. 産地情報
  2. 113 view

無量山の茶を守る人

普洱茶の著名な産地の一つに無量山(无量山。「无」は「無」の簡体字)という産地があります。有名な産地というのは、「昔から有名」だけでは成立せず、今の時代に合わ…

  1. 茶と旅
  2. 73 view

貴州省遵義市湄潭県の万畝茶海

貴州省遵義市の湄潭県に”万畝茶海”と呼ばれる広大な茶園があります。中国のドライブ情報サイトが、その茶園を写真で紹介していました。…

  1. 産地情報
  2. 76 view

紫陽茯茶の生産現場をメディアに公開

陝西省安康市の紫陽県は、紫陽毛尖茶などで知られる茶産地ですが、近年は茯茶の生産にも力を入れているようです。このたび、国内メディアに茯茶の工場を公開したようで…

  1. 歴史と文化
  2. 252 view

中国でお茶を学べる大学

中国ではお茶は学問になっており、茶学部(中国語では「茶学系」)を設けている大学(学院=Collage、単科大学のこと)が全国にあります。雲南省の地方紙が全国…

  1. 科学と機能性
  2. 241 view

普洱茶の老茶頭について

普洱茶に老茶頭(茶頭とも)と呼ばれるお茶があります。このお茶について詳しく解説している記事がありましたので紹介します。老茶頭は、…

  1. 市場環境
  2. 109 view

茶葉市場の生き残り競争も激化

中国ではあちこちに茶葉市場(茶城)があります。日本人がイメージする”市場”とはちょっと違い、小売りもやってくれる場所なので、一般の人も足を運んでいます。…

  1. 産地情報
  2. 87 view

長興紫笋茶、再興なるか

浙江省長興県の長興紫笋茶(顧渚紫笋茶)。歴史的な名茶としても知られるこのお茶ですが、今では存在感が希薄になっており、なかなか店頭でも見かけないお茶になってい…

  1. 市場環境
  2. 85 view

中国の有機農業の現状

食の安全に関しては中国でも大変関心を持たれているところで、その結果、有機製品に関しての注目度も上がってきています。そんな中国の有機農業の事情の一端を紹介した…

  1. 産地情報
  2. 163 view

雲南の至宝「紫娟茶」

最近、日本でも名前が聞かれるようになってきた紫娟茶。あまり詳しい情報がないので、現地の記事を翻訳してご紹介します。云南瑰宝——紫娟20世纪50年…

  1. 市場環境
  2. 102 view

抹茶は浙江省の茶産業の新たな力に

浙江省が抹茶の輸出に力を入れているようです。抹茶为浙江茶产业出口带来新动力今年前三季度,经浙江检验检疫局检验出口的抹茶约9吨,货值22万美元,同比数…

  1. 産地情報
  2. 101 view

安渓県、茶からの転作を奨励

福建省安渓県といえば、安渓鉄観音の産地として名高く、山全体が茶畑になっているような所もありました。しかし、こうした発展の方向性は既に過去のものになっているよ…

  1. 茶と旅
  2. 90 view

武夷山、民宿産業が急成長

福建省武夷山ではお茶の産地で民宿産業が急速に伸びているようです。福建武夷山开启茶乡民宿发展模式“武夷山的茶,让人很迷恋,尤其是景区内的正岩茶,那种香…

  1. 産地情報
  2. 212 view

湖北省の青磚茶、再興に向けての動き

名前は知られているものの、日本にはあまり実態が紹介されていないお茶というのが良くあります。そのようなお茶の1つ、湖北省の青磚茶について紹介し、また今後の課題…

  1. 産地情報
  2. 94 view

復興に向かう九曲紅梅

杭州の双璧とされながらも、なかなか見かけることの少なかった九曲紅梅。いよいよ本格的に復興に向けての動きが出ているようです。开始走…

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 107 view

安吉白茶30年の歩み

中国茶の世界では、ここのところ、一気に天下を取るようなお茶が続々と出ています。その中の1つが安吉白茶ですが、このお茶の30年ほどの歩みについて、安吉県の副県…

  1. 産地情報
  2. 77 view

茶摘み人不足をどうやって解決するか

労働集約的な茶業の典型とも言える茶摘み作業ですが、これに依存せざるをえない中国茶はコストアップの影響をもろに受けます。浙江省のある産地の様子をご紹介します。…

  1. 産地情報
  2. 81 view

信陽市の新製品品評会

名茶・信陽毛尖の産地として知られる河南省信陽市。最近は、信陽紅という紅茶をヒットさせ、新商品開発にも力を入れています。そんな信陽市の次の一手が分かるよう…

  1. 産地情報
  2. 131 view

諸説入り交じる茶王-大紅袍

中国茶には様々な伝説がつきまといますが、そのせいで話が分かりにくくなることも多々あります。その典型的な例が武夷山の名茶・大紅袍であると思います。これにつ…

  1. 標準・基準
  2. 182 view

陳香型鉄観音についてのQ&A

今年の4月、鉄観音の国家標準に新たに加わった陳香型鉄観音(いわゆる陳年鉄観音)。その内容については、今ひとつ理解が深まっていないということなのか、Q&A形式…

  1. 産地情報
  2. 186 view

安吉白茶、一芽一葉の基準が仇に?

絶好調が続く安吉白茶ですが、自らで作った基準が仇になってしまうのでは?という観測が出ているようです。一芽一叶采摘标准给安吉白茶套上了“紧箍咒”?一芽…

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 163 view

白沙渓の千両茶

湖南省益陽市安化県で作られている安化黒茶。その中でも見た目のインパクト抜群の千両茶の製造技法について、紹介されていました。白沙溪千两茶——精湛工艺成就完…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 158 view

中国の”積み茶”事情

今年は大分冷え込んでいるようですが、ここ数年、中国では贈答品としての茶葉の需要が高まっていました。しかし、贈答品というと、やはり飲みきれないというお茶も出て…

  1. 産地情報
  2. 169 view

写真で見るプーアル茶の作り方

プーアル茶の製法について写真でわかりやすく解説している記事がありましたので、ご紹介します。普洱茶制作工艺详解雲南景邁山景邁山は一年中…

  1. 産地情報
  2. 104 view

龍井茶の生育環境(気候)

中国の気象情報サイトが龍井茶の産地の気候について紹介していました。龙井茶与气候环境 堪称对西湖龙井茶的绝妙写真院外风荷西子笑,明前龙井女儿红…

  1. 歴史と文化
  2. 207 view

日本茶と天台山の繋がり

日本茶がどこからやって来たのか、は未だに諸説があるところですが、中国から日本に伝わった最も古いお茶は、おそらく天台山のものではないか、という説が中国では有力にな…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 96 view

中国の茶教育業界の現状と展望

中国では茶芸師、評茶員などの国家資格取得のための訓練講座の開設を中心に、お茶の教育ビジネスが拡大傾向を見せています。その教育の現状と課題を考察した記事をご紹…

  1. 茶と旅
  2. 68 view

カシュガルの百年老茶館

カシュガルの旧市街地(古城)にある茶館が紹介されていました。カシュガルに来なければ新疆に来たとは言えなくて、カシュガル古城に来なけれ…

  1. 産地情報
  2. 62 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. 科学と機能性
  2. 55 view

普洱熟茶の軽発酵と重発酵

渥堆発酵を経た普洱熟茶でも、渥堆の程度により軽い発酵のものと重い発酵のものがあります。その違いについてまとめた記事がありましたのでご紹介します。&n…

  1. 歴史と文化
  2. 51 view

中国でお茶を学べる大学

中国ではお茶は学問になっており、茶学部(中国語では「茶学系」)を設けている大学(学院=Collage、単科大学のこと)が全国にあります。雲南省の地方紙が全国…

  1. 科学と機能性
  2. 42 view

雲南大葉種の特徴をみる

雲南省の茶葉品種である雲南大葉種についてまとめている記事がありましたので、ご紹介します。雲南大葉種茶中国の著名な優良茶樹品種で、雲南…

  1. 産地情報
  2. 42 view

プーアル茶膏の売り出され方

プーアル茶のエキスを固めたプーアル茶膏。ほんのわずかな量をお湯や水に溶かすだけで、プーアル茶が出来上がるというものです。この商品は、現在、保健効果を謳っ…

  1. 科学と機能性
  2. 36 view

普洱茶の老茶頭について

普洱茶に老茶頭(茶頭とも)と呼ばれるお茶があります。このお茶について詳しく解説している記事がありましたので紹介します。老茶頭は、…

  1. 標準・基準
  2. 36 view

中国の茶の安全基準、見直しへ

食品の安全性に対する不安は、中国においてもかなりのもので、茶の安全基準も見直そうという動きが具体化していきそうです。我国将研究制定茶叶安全国家标准今…

  1. 科学と機能性
  2. 34 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 産地情報
  2. 33 view

英徳茶の過去・現在・未来

紅茶の産地として知られる広東省英徳市の茶産業について整理された記事がありましたので、ご紹介します。広東省随一の県レベルの茶産地である…

  1. 歴史と文化
  2. 31 view

ロシアの代用茶・イワン茶

中国とロシアの間では昔から茶貿易が行われていました。昔から「中国のお茶は高い」という評価だったようで、代用品としてイワン茶というお茶がロシアでは出回っており…

  1. 産地情報
  2. 30 view

雲南省広南県、抹茶生産で戦略提携

雲南省文山チワン族ミャオ族自治州にある広南県では、抹茶の生産に力を入れる方針を打ち出しており、北京の会社と戦略提携を結び、3つの試験茶園を稼働させているそうです…

  1. 科学と機能性
  2. 29 view

プーアル茶に賞味期限が無い理由

プーアル茶は賞味期限が無いとか長期保存ができると言われます。とりわけ、生茶と呼ばれる渥堆発酵をしていないものは珍重されるのですが、その変化について分かりやす…

  1. 産地情報
  2. 28 view

景谷大白茶の特色

雲南省景谷県で作られている景谷大白茶というお茶の品種があります。その特徴を紹介した記事がありました。清明时节,云南省景谷傣族彝族自治县漫…

  1. 産地情報
  2. 28 view

武夷山の茶摘みが本格化

武夷山でも岩茶の茶摘みが本格化しているようです。武夷山市天心村茶农忙采茶27日,武夷山市天心村茶农正在采摘武夷岩茶——大红袍。当日,武夷山两…

  1. 歴史と文化
  2. 27 view

日本茶と天台山の繋がり

日本茶がどこからやって来たのか、は未だに諸説があるところですが、中国から日本に伝わった最も古いお茶は、おそらく天台山のものではないか、という説が中国では有力にな…

  1. 歴史と文化
  2. 26 view

洞庭山碧螺春の歴史と現状

蘇州の名茶である洞庭山碧螺春。その歴史と現状についてまとまっている記事がありましたので、ご紹介します。苏州打响洞庭山碧螺春"金字招牌"促茶产业发展…

  1. 市場環境
  2. 25 view

花茶を買う場合の注意点

今は、花茶の新茶の発売が続く時期ですが、花茶ならではの選び方の注意点について述べていた、山西省太原市の地元紙の記事を紹介します。各类花茶集中上市 消费者谨防…

  1. 産地情報
  2. 24 view

天台黄茶の茶摘み風景

最近、中国で流行している品種的な黄茶(製法上は緑茶)である天台黄茶の収穫の様子が紹介されていました。最近,记者在街头镇、南屏乡走访时,看到茶农正忙着…

  1. 茶と旅
  2. 22 view

茶と旅の融合で茶産地が観光地に

中国の各茶産地では、旅行需要を取り込む”茶旅”の推進が盛んです。重慶市開州区にある村の茶園にも、観光客が続々と訪れているようです。…

  1. 茶と旅
  2. 68 view

カシュガルの百年老茶館

カシュガルの旧市街地(古城)にある茶館が紹介されていました。カシュガルに来なければ新疆に来たとは言えなくて、カシュガル古城に来なけれ…

  1. 産地情報
  2. 62 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. 科学と機能性
  2. 55 view

普洱熟茶の軽発酵と重発酵

渥堆発酵を経た普洱熟茶でも、渥堆の程度により軽い発酵のものと重い発酵のものがあります。その違いについてまとめた記事がありましたのでご紹介します。&n…

  1. 歴史と文化
  2. 51 view

中国でお茶を学べる大学

中国ではお茶は学問になっており、茶学部(中国語では「茶学系」)を設けている大学(学院=Collage、単科大学のこと)が全国にあります。雲南省の地方紙が全国…

  1. 科学と機能性
  2. 42 view

雲南大葉種の特徴をみる

雲南省の茶葉品種である雲南大葉種についてまとめている記事がありましたので、ご紹介します。雲南大葉種茶中国の著名な優良茶樹品種で、雲南…

  1. 産地情報
  2. 42 view

プーアル茶膏の売り出され方

プーアル茶のエキスを固めたプーアル茶膏。ほんのわずかな量をお湯や水に溶かすだけで、プーアル茶が出来上がるというものです。この商品は、現在、保健効果を謳っ…

  1. 科学と機能性
  2. 36 view

普洱茶の老茶頭について

普洱茶に老茶頭(茶頭とも)と呼ばれるお茶があります。このお茶について詳しく解説している記事がありましたので紹介します。老茶頭は、…

  1. 標準・基準
  2. 36 view

中国の茶の安全基準、見直しへ

食品の安全性に対する不安は、中国においてもかなりのもので、茶の安全基準も見直そうという動きが具体化していきそうです。我国将研究制定茶叶安全国家标准今…

  1. 科学と機能性
  2. 34 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 産地情報
  2. 33 view

英徳茶の過去・現在・未来

紅茶の産地として知られる広東省英徳市の茶産業について整理された記事がありましたので、ご紹介します。広東省随一の県レベルの茶産地である…

  1. 歴史と文化
  2. 31 view

ロシアの代用茶・イワン茶

中国とロシアの間では昔から茶貿易が行われていました。昔から「中国のお茶は高い」という評価だったようで、代用品としてイワン茶というお茶がロシアでは出回っており…

  1. 産地情報
  2. 30 view

雲南省広南県、抹茶生産で戦略提携

雲南省文山チワン族ミャオ族自治州にある広南県では、抹茶の生産に力を入れる方針を打ち出しており、北京の会社と戦略提携を結び、3つの試験茶園を稼働させているそうです…

  1. 科学と機能性
  2. 29 view

プーアル茶に賞味期限が無い理由

プーアル茶は賞味期限が無いとか長期保存ができると言われます。とりわけ、生茶と呼ばれる渥堆発酵をしていないものは珍重されるのですが、その変化について分かりやす…

  1. 産地情報
  2. 28 view

景谷大白茶の特色

雲南省景谷県で作られている景谷大白茶というお茶の品種があります。その特徴を紹介した記事がありました。清明时节,云南省景谷傣族彝族自治县漫…

  1. 産地情報
  2. 28 view

武夷山の茶摘みが本格化

武夷山でも岩茶の茶摘みが本格化しているようです。武夷山市天心村茶农忙采茶27日,武夷山市天心村茶农正在采摘武夷岩茶——大红袍。当日,武夷山两…

  1. 歴史と文化
  2. 27 view

日本茶と天台山の繋がり

日本茶がどこからやって来たのか、は未だに諸説があるところですが、中国から日本に伝わった最も古いお茶は、おそらく天台山のものではないか、という説が中国では有力にな…

  1. 歴史と文化
  2. 26 view

洞庭山碧螺春の歴史と現状

蘇州の名茶である洞庭山碧螺春。その歴史と現状についてまとまっている記事がありましたので、ご紹介します。苏州打响洞庭山碧螺春"金字招牌"促茶产业发展…

  1. 市場環境
  2. 25 view

花茶を買う場合の注意点

今は、花茶の新茶の発売が続く時期ですが、花茶ならではの選び方の注意点について述べていた、山西省太原市の地元紙の記事を紹介します。各类花茶集中上市 消费者谨防…

  1. 産地情報
  2. 24 view

天台黄茶の茶摘み風景

最近、中国で流行している品種的な黄茶(製法上は緑茶)である天台黄茶の収穫の様子が紹介されていました。最近,记者在街头镇、南屏乡走访时,看到茶农正忙着…

  1. 茶と旅
  2. 22 view

茶と旅の融合で茶産地が観光地に

中国の各茶産地では、旅行需要を取り込む”茶旅”の推進が盛んです。重慶市開州区にある村の茶園にも、観光客が続々と訪れているようです。…

中国茶の本棚 新着

中国茶のお店・教室 新着

ブログチェッカー

2020/10/27 01:36 
茶遊サロン『茶稽古 気軽に楽しむ中国茶・台湾茶』近鉄文化サロン阿倍野
(中国茶・台湾茶教室『茶遊サロン』中国茶を楽しむ教室)

2020/10/26 23:23 
宵越し 老枞輋門
(modokunのブログ)

2020/10/26 21:26 
「絵に合わせた額・額に合わせた絵」展
(『 中国茶と美味しいもの。 こころとカラダのことも… 』  )

2020/10/26 18:50 
11月のお茶会のお知らせ
(札幌茶楼 茶譜(旧 中国的茶楼 茶譜))

2020/10/26 18:44 
単叢の香りの違いを楽しむ
(お茶をどうぞ♪)

2020/10/26 12:00 
大きな筒でプラレール収納
(遠州ひとりごと ~日本でも中国茶三昧~)

2020/10/26 11:36 
謝謝!中国烏龍茶&台湾茶マスター講座
(中国&台湾茶 遥かなる銘茶への旅)

2020/10/26 11:00 
胡桃しるこ&凍頂烏龍茶
(   茶と猫と。)

2020/10/26 03:15 
菊花茶と馬拉糕
(Liu Xiang Tea Salon)

2020/10/26 00:27 
紅茶グランプリ・一般審査中
(カメリア・シネンシス便り)

2020/10/25 23:55 
大阪 梅田駅前で中国茶・台湾茶を楽しみたい方へ
(中国茶・台湾茶教室『茶遊サロン』中国茶を楽しむ教室)

2020/10/25 23:23 
老枞輋門
(modokunのブログ)

2020/10/25 23:04 
・本を読みながら鳯梨酥食べたら台湾益々行きたくなりました(T-T)#澎...
(札幌茶楼 茶譜(旧 中国的茶楼 茶譜))

2020/10/25 22:11 
・お友達のイケコさん@taiwanikekoが本を出版しました。「台北ぐる...
(札幌茶楼 茶譜(旧 中国的茶楼 茶譜))

2020/10/25 19:22 
今日は日曜日
(一碗)


これ以前の更新記事は こちら
PAGE TOP