中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 54 view

国際的なお茶ブランドを目指す”華祥荘園”

最近、オーストラリアのT2やシンガポールのTWGなどの新興お茶ブランドが世界的に注目を集めています。
これに匹敵するような国際ブランドを中国でも立ち上げようという動きがあるようです。

 

最近、国内ではオーストラリアやシンガポールのファッショナブルなお茶ブランドに対抗する、新しい方法のお茶ブランドが発表され、中国で初めての国際的な茶ブランドになることを宣言しています。同時に、自身の農園における生態品質の優位性によって、国内の多くのスターたちから好評を博しています。”華祥荘園”は、どのように見られ、どのように自身を有しているのでしょうか。

若年層に軸足を置き、革新的な製品でポジションを得る

若者たちの製品の品位に合わせ、”華祥荘園”は伝統的な茶製品の濃厚な中国風デザインを打破し、オーストラリアのT2とシンガポールの高級茶ブランドTWGをベンチマークし、茶葉市場に新しい血を導入しています。もちろん、ロゴやショップも、シンプルでファッショナブルで、国際的なデザインとパッケージを採用しています。新しい視点から、現代人に茶文化を新たに認識、理解、受け入れてもらうために、若者が喜びそうな茶と茶文化を打ち出し、茶を若者たちの生活潮流としようとしています。

品質確保のため、新しい茶農園モデルを

「一缶のお茶、一つの農園」。T2とTWGが全世界各地から原料を買い付けるモデルとは異なり、”華祥荘園”は原料の供給ルートを革新し、茶葉原料の品質を確保するため、独特の茶農園モデルを形成しています。現在、”華祥荘園”は中国の原産地に8カ所、総面積3万畝あまりの生態茶農園を確保し、これらで安渓鉄観音、岩茶、紅茶、白茶、普洱などの中心製品をカバーし、厳格に茶葉の原料をコントロールして、1つ1つの缶ごとの茶葉を源流から把握しています。

異業種との協力で、無限の可能性を

第28回金鶏百花奨映画祭では、多くのスターが”華祥荘園”の茶製品は”香りが良くて、味わいが良い”と続々と称賛しました。製品が認知されたことで、”華祥荘園”の創業者は自信をつけ、これによって茶業界で初めてのお茶の総合芸術、茶女団が誕生しました。これは娯楽精神をブランドに組み入れることで、スターによるセレブリティ効果を利用してブームを作ろうとするものです。同時に、専門ショップや組み込み式のカウンターなど多くのビジネスモデルの適性が強く、さまざまな経営モデルによって、若者の茶葉ブランドの将来には無限の可能性が生まれてくることでしょう。
国際茶葉ブランドの道を歩む上では、革新的な成長はその中の重要な要素で、見栄えの良い製品の包装、ファッショナブルでラグジュアリーな空間、さまざまなビジネスサービスモデルがあるだけでは無く、製品の品質こそが最も重要なものです。このことを確実に成し遂げることが将来の茶文化のイノベーターとしての使命を負った国際的な茶葉ブランドで、新しい国でのブームをつくり、茶を若者の生活潮流にすることができるのです。

 

ここで紹介されている”華祥荘園(TEA MANOR HX)”は、安渓鉄観音を中心に成長した華祥苑の新しいブランドのようです。
若者向けにパッケージや店舗をスタイリッシュなものにするだけではなく、芸能人などのインフルエンサーを使ったマーケティングなどを行っているようです。
母体がある程度の大企業だからこそできることではありますが、国内向けというよりも国際的なブランドを志向するというあたりは、新しいモデルかもしれません。

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. 国際的なお茶ブランドを目指す”華祥荘園”

  2. 景谷大白茶、地理的表示製品の現地調査を実施

  3. ”岳陽黄茶”の高鉄列車が運行開始予定

  4. EUと中国の地理的表示協定が欧州理事会で承認される(対象中国茶のリストあり)

  5. 湄潭翠芽、公共ブランドとして登録

関連記事

PAGE TOP