中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 5 view

ペットボトルの普及は茶業界のチャンス

日本の場合、ペットボトルのお茶は大変低く見られがちですが、どうやら中国では、茶を現代人の生活に溶け込ませる手段として、非常にポジティブに捉えられているようです。

液态茶抢占市场高点引领产业价值提升

近年来,在市场消费模式的转变下,国内铁观音茶企为了适应这种新形式,研制推出了大量标准化、时尚化、大众化、便利化的茶叶产品。多元化,丰富产品线,推进深加工……如今的铁观音茶叶市场百花争鸣,给消费者带来了更多新的体验和惊喜。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0527/article_170505.html

ここ数年、市場の消費モデルの変化の下、国内の鉄観音茶の企業は新しいスタイルに適応しようと、大量生産のための標準化、流行化、大衆化、便利化した茶製品を研究開発し、売り出しています。多元化、豊富な製品ラインナップ、高度な加工への取り組み・・・いまや鉄観音の茶葉市場は百家争鳴で、消費者により新しい体験と驚きを与えようとしています。
たとえば液体の鉄観音は、これはリーフから抽出し、本物の味を引き出す技術ですが、飲料型の鉄観音といえども、鉄観音の最も核心的な特性である蘭花香、観音韻が保たれています。
新しい茶飲料の種類として、液体茶が出現したことは、伝統的な茶の自然に優しく、天然で、本来の風味と調味茶の手軽であるという利点が1つになったもので、工夫茶のような面倒なことを取り去り、現代人のスピーディーな生活の中で、どこでも茶を飲めるようになったということであり、また茶の香り・余韻と効果を良く保つものでもあります。

 

<歴史上のチャンスを捉えて、市場の高みを目指します>

生活水準の向上とライフスタイルの変化に伴い、人々は伝統的なゆっくりとちびちび飲むスタイルだけでは満足せず、より簡便化、流行化の方向に進んでいます。10年近く前から、中国茶飲料の成長はハッキリと見えるようになってきており、中国茶飲料の年間の成長速度は30%にも達し、販売量は年々記録更新を続け、炭酸飲料、果汁飲料に続いて、国内で第3位の飲料の種類になりました。
同時に、今日では社会の健康に対する意識が人の心に深く浸透しており、茶飲料は便利で流行に乗っているという基盤がある上に、茶が元々持っている風味や栄養・保健機能の利便性も新たな要求として出てきました。
このため、市場環境の変化が起こるという状況の中、国内の茶葉企業は、市場のチャンスを捉えて、積極的に製品の改革と刷新を進めていくことも求められています。時代背景に順応しながら液体茶の革新を進めていくことは、まさに国内の茶葉が茶産業市場での未来でより高見を目指せるかどうかの大事な試みなのです。

 

<刷新と変革を行い、産業価値の上昇をリードする>

液体茶の出現は、国内の茶葉会社にとって、茶資源の利用効率を高めて、茶の高度な加工方法について革新を行うという意味で大きな変革です。
こうした茶飲料が世に出ることで、伝統的な喫茶に関しての認識は変わってしまいました。そして、茶飲料が全世界的に人気を集めるにつれて、この伝統的なお茶の健康、栄養、風味と調味茶飲料の便利さ、スピーディーさなどが一体となって、より優れた茶の新しい製品を生み出すことになります。茶産業には必ず製品の形態、消費スタイル、ビジネスモデル上の調整と革新が必要で、これによって茶葉会社と消費者の距離は近くなり、鉄観音茶の成長余地を広げることになり、茶産業自体のレベルアップを進めていくことになるでしょう。

 

現代人の生活が変わっているのだから、それに適合した茶飲料は、どんどん進めるべきだ、というのが中国側の見方のようです。
企業は環境適応業である、という観点に立てば、非常に真っ当な考え方だと思います。

市場環境の最近記事

  1. 上海黔茶センターが設立

  2. 武夷山市政府、”茶青カード”を導入

  3. 過熱化する武夷岩茶の”大師”、”山場”競争に当局のメスが

  4. 今年の春茶価格は、おおむね平年並みの見込み

  5. 貴州省の茶、安全検査の合格率100%

関連記事

PAGE TOP