中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 71 view

北京茶業交易センターが開場

北京の馬連道に開設された北京茶業交易センターが開場し、初の取引が行われたようです。

2024年1月18日10時、北京茶業交易センターが開場し、初日の出品数は3865万元となり、取引量は731万元を突破しました。

北京茶業交易センター有限責任公司は北京市人民政府に認可され、北京市地方金融監督管理局によって管理され、西城区政府の国有全資企業によって設立された茶葉専門の取引プラットフォームです。
これは馬連道データ街の建設における最初のプロジェクトで、データ街の立ち上げに当たっての重要なマイルストーンです。
首都で認可された唯一の茶類金融取引プラットフォームであり、西城区の”茶+デジタル経済”の先鋒である北京茶葉交易センターは、茶産業に立脚し、茶産業のためにサービスを行い、茶産業に力を与えることを目的としていて、金融取引を産業融合を結びつけることを目標にしていて、茶産業の実際に適合したものとなっており、金融監督政策にて揮毫し、国営企業が担当してきた”生産、販売、融資、チェーン”の取引モデルを体現しています。

西城区委員会書記の孫碩氏は挨拶の中で、北京茶業交易センターの開場成功は、デジタル経済が産業のレベルアップにおけるイノベーションを実践する場であり、デジタル経済が金融の活力となることを実践する場でもあります。西城区はデジタル経済の発展に力を入れ、豊富なデータを下に、新たな金融街を作ることの決心とデータ街建設を打ち出すことで、”北に金融街、南にデータ街、中央に北京取引所”があるという産業レイアウトを作り上げます。北京茶葉交易センターの解説は、馬連道街区の物理空間と相俟って、馬連道のさらなるレベルアップを促し、地域に新しい文化的な活力を注入することでしょう、と述べました。

 

主にオンラインでの取引となる市場のようです。
馬連道にある従来型の茶葉市場が地盤沈下しているなかで、新しい都市活性化策となるでしょうか?

市場環境の最近記事

  1. 北京茶業交易センターが開場

  2. ロシアの中国茶需要は、ますます高まる

  3. 中国の茶業界の市場規模は3000億元超え。今後はブランド力の育成がカギ

  4. 世界と中国の紅茶産業のここ5年ほどの状況について

  5. 2023年普洱春茶の荒茶最高価格は、曼松・王子山古樹の1kg5万元

関連記事

PAGE TOP