中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 2 view

普洱の春茶も少量発売開始。本格発売は4月中旬

雲南の普洱春茶も少量ながら発売が始まっているようです。
ただし、今は少ない量の争奪戦で、本格的な発売開始は4月中旬だとか。

云南普洱春茶少量开抢 大量春茶将于4月中旬上市

清明即将来临,明前茶又成为市场新的热点。记者走访发现,云南勐海、易武、临沧等普洱茶产区已开门迎客,新一轮的春茶悄然开抢。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0321/article_168383.html

清明節が近づいてきて、明前茶がまた市場の注目の的になります。取材をしてみると、雲南の勐海、易武、臨滄などのプーアル茶産地では既にお客さんを迎え入れており、密かに春茶の争奪戦が始まっています。

康楽茶城では、各地からやって来たお客さんが市場の中で春茶の価格を聞いていました。私も10軒ほどの店に聞いてみましたが、2軒だけが今年の普洱春茶があると言いましたが、量はどこも多くありませんでした。もう1軒は、20日前後に荷物が届くと言っていましたが、そのほかの店では、明前茶は緑茶のことでした。

現在、昆明の市場では普洱春茶はまだ大規模な発売は行われていません。少量のものは、どれも店が最近産地に行って、味わったものを持ち帰ったものです。しかし、現在の産地は、一部で摘んでいるだけなので、生産量には限りがあります。買い付ける側も茶の品質、産量などを聞いて回っているところなので、価格もまだはっきりしません。もし昆明でコストパフォーマンスの高い春茶を買おうと思うのであれば、4月中旬前後まで待つのが一番良いでしょう。

業界の専門家によると、現在、店に並んでいる春茶(普洱)の量が少ない原因として、5月に昆明で開かれるお茶博覧会に出店するために、一部の店が在庫を貯めて準備をしている可能性もあると言います。

 

プーアル茶の収穫はまだ本格化していないようですね。
焦らず旬の時期まで待つのが良さそうです。

 

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP