中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 13 view

内蒙古に茶は根づくか?

内蒙古喀旗种茶树取得阶段性成功

今年喀喇沁旗从山东日照市引进了茶树,改写了内蒙古地区不能种植茶树的历史,经技术公关,日前茶树在零下二十多度情况下依然成活良好,标志着从南方引种的茶树已经取得阶段性成功。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2011/0104/article_118510.html

内モンゴル自治区に茶を植えるプロジェクトをやっているそうで、それが根づいて製茶してみたら美味しかったと報じています。

なにしろ内モンゴル。内陸で寒暖の差が激しいのですが、冬はなんと零下20度!の世界なのだそうです。その冬場をどう越すかが課題だったそうですが、プラスチック棚で二重に覆うという手法を開発し、何とか越冬できているとのこと。既に20cmほどに成長したのだとか。
茶の苗は、比較的寒さに強い山東省の日照市(雪青というお茶で有名ですね)から引っ張ってきたそうです。

今年10月には初めて製茶をしてみたそうで、口当たりも良く、滋味も深くて”蒙古緑茶”なる名前がついたそうです。

「草原で汚染がなく、昼夜の温度差が激しいから、お茶の味わいにはいい」と言っており、農家の貴重な収入源として期待しいるようですが、はてさて、本当に冷涼な土地に根づくのでしょうか。

産地情報の最近記事

  1. 雲南省広南県、抹茶生産で戦略提携

  2. 英徳茶の過去・現在・未来

  3. 困鹿山の古茶園保護に向けた現地調査

  4. 無量山の茶を守る人

  5. 紫陽茯茶の生産現場をメディアに公開

関連記事

PAGE TOP