中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 3 view

安渓春茶の生産量は増加を維持する見通し

今春安溪春茶产量将继续保持增长

由中国茶叶流通协会、安溪中国茶都共同编制的安溪铁观音3月份价格指数与行情分析昨日发布。预计今年铁观音春茶产量继续保持增长的趋势。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2010/0421/article_107186.html

中国茶葉流通協会と安渓中国茶都の共同作業による安渓鉄観音3月分の価格指数は昨日発表になった。今年の鉄観音春茶の産量は増勢を維持する見通しだ。

2010年3月の安渓鉄観音価格指数は126で、昨年同期よりも0.6%伸びており、前月から10.6%低下した。3月分の安渓中国茶都の取引量は875トンで、昨年同期の866トンより1%上昇。取引額は9975万元で昨年同期より1.5%増加した。

3月分は新茶の鉄観音がまだ売り出されておらず、安渓中国茶都での取引の中心は去年の秋茶である。昨年同期と比べると、成立価格は比較的落ち着いており、取引量もやや増加の傾向にある。

3月10日前後に凍害があり、黄金桂の産量には影響が比較的大きいと思われる。しかし、鉄観音への影響は主に高山茶園に対してのものであり、影響範囲は限られている。このようなことから、今年の鉄観音春茶の産量は増勢を維持する見通しだ。

 

安渓は寒波の影響は最小限で収まったようです。
とはいえ、高地の美味しいお茶ができるところはやはり少し影響を受けているようなので、これからの現地の動きに注目したいところです。

産地情報の最近記事

  1. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  2. 蒙頂甘露の品種検討会

  3. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  4. 石阡苔茶の産地

  5. 「世界抹茶之都」を目指す、貴州省銅仁市

関連記事

PAGE TOP