中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 科学と機能性
  2. 1 view

年配の人がお茶を飲む際は”朝・少量・薄め”を心がけるべし

老人喝茶注意“早少淡”

喝茶、品茶是我国的一种传统文化,生活中很多人都有喝茶的习惯。虽然喝茶有益健康,但老人要有所禁忌,应该讲究“早、少、淡”。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2010/0420/article_107176.html

お茶を飲む、楽しむことは我が国の一種の伝統文化で、生活の中で多くの人が喫茶の習慣を持っている。お茶を飲むことは健康に良いとはいえ、年配の人が飲む際には、気をつけるべきことがある。

まず、お茶は朝方に飲むのがよい。

一昼夜の新陳代謝を経て、人体は大量の水分を消耗し、血液の濃度が濃くなっています。

そこに一杯の薄いお茶を飲むと、水分を補給するだけではなく、血液を薄め、胃の粘膜の損傷を防止します。特に年配の人にとっては、朝起きた後の一杯の薄いお茶が健康にとってはとても良いのです。茶の中に含まれているカフェインは興奮作用があり、少し経ってから効いてきますので、午後や夜に飲んでしまうと、不眠を引き起こします。特に、摘んだばかりの緑茶は興奮作用が強いので、年配の方にとっては午前中をスッキリと過ごすことができます。

次に、お茶は少量飲みましょう。

大量の液体が血管に入ると、心臓に負担がかかります。さらに茶の中にはカフェイン、テオフィリンが含まれており、これらはいずれも興奮作用があり、動悸を速くし、血圧を高めてしまいます。年配の方は心臓の働きがやや劣り、特に心臓病や高血圧を患っている人は、お茶をたくさん飲むと、息苦しさや動悸などの症状が現れてしまいます。さらに、大量にお茶を飲むと胃液が薄まり、消化不良や腹部の膨張感、腹痛などの症状をもたらします。十二指腸潰瘍を患っている人は特に注意が必要です。

さらに、お茶は薄くして飲みましょう。
茶の中には、タンニンが含まれ、タンニンは食物の中の鉄元素と反応し、溶けにくい新物質を生じます。濃いお茶を大量に飲んだ後は、タンニンと鉄が結合しやすく、鉄の吸収障害をきたし、鉄分欠乏性の貧血を引き起こすことがよくあります。また、タンニンは食物中のタンパク質と結合すると一種の塊状になり、消化しにくいタンニン酸アルブミンとなって、便秘の症状などを引き起こすことがあります。

 

お茶の飲み方についてのニュースでした。
「何に効く」というのが喧伝される一方で、こういう正しい飲み方の情報が、日本ではあまり紹介されないような気がするのは、気のせいでしょうか。
濃い味のお茶というのが最近流行ですが、健康の面から見ると、あまり好ましくはないようです。

科学と機能性の最近記事

  1. 茯茶の金花が特別なところ

  2. 安渓鉄観音の保健機能、研究成果発表

  3. お茶は冷蔵庫で保管すべきか

  4. 安徽農業大学、黄大茶の血糖低下機能を発見

  5. 安渓鉄観音、高度加工が進む。茶酒や茶飲料へ

関連記事

PAGE TOP