中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 174 view

四川省宜賓市高県、早春茶の茶摘み開始

四川省の中でも茶摘みが早い地区である宜賓市にある高県の蜀山茶海では、早春茶の茶摘みが始まっているそうです。

 

先日、高県の早春茶が開園し茶摘みを開始しました。

宜賓市高県は、”全国茶葉基地県”であり”全国茶業百強県”でもあり、県内には現在33万畝の茶園があり、茶葉会社は110社あまりあり、茶農家は4.6万戸15万人あまりいます。

近年、高県は四川茶業発展”両区両帯”と宜賓”5+2”産業配置に組み込まれ、茶産業の高度化とグレードアップを進めており、既に6つの茶葉産業ベルト、8つの茶葉万畝億元模範区、5つの茶旅融合園区を建設しています。

2022年、高県の茶産出量は2.91万トン、総合産出額は73.56億元。生葉の産出は11.64万トンで、茶農家の収入は24.85億元です。

 

春節の連休が明けたと思ったら、早くも新茶のシーズンになってしまいました。
各産地とも順調にスタートを切っているようです。

産地情報の最近記事

  1. 雲南省景谷県、春茶のシーズンに

  2. 浙江省杭州に寒波が到来。茶葉は大丈夫?

  3. 武陽春雨、茶摘み前の茶園管理が大詰めに

  4. 四川省名山区、生葉市場の取引開始

  5. 浙江省で一番乗り。永嘉県の烏牛早が茶摘み開始

関連記事

PAGE TOP