中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 3 view

太平猴魁2割減産の見込み

安徽“太平猴魁”预计产量减二成

4月16日,传统名茶“太平猴魁”正式陆续开园采摘。记者在核心原产地黄山市黄山区新明乡了解到,受入春后雨雪天气特别是近日来低温气候影响,预计今年太平猴魁产量减少20%,开采时间也比去年推迟10多天,但市场销售价格预计上涨四成以上。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2010/0419/article_107051.html

4月16日、伝統名茶の”太平猴魁”の茶摘みが始まりました。記者が産地である黄山市黄山区新明郷で分かったことは、最近の低温が影響し、太平猴魁の産量は20%ほど減り、茶摘みは昨年より10日あまり遅れ、それによって市場価格は4割程度引き上げになりそうだということです。

黄山区は太平猴魁の原産地で、4000ヘクタールほどの茶園があり、その中で太平猴魁の茶園は面積の半分を超し、年産1.5億元ほどあります。この地区の茶葉局の責任者は、「太平猴魁はパナマ万博で金賞を獲得し、国礼茶として海外の多くの人に贈られました。また、今年の上海万博でもライセンス商品になっています」と紹介します。

記者が4月16日に黄山の茶葉会社で分かったことは、太平猴魁の上級品は1kgあたり8000元を超えているということです。黄山区茶葉協会の副会長は「今年太平猴魁は減産になるが、減収にはならない。おそらく2億元を突破し、茶農の平均収入は20%以上増収になると思う。今日、黄山区は太平猴魁の茶文化を旅行テーマにどう取り入れるかについて動いている」と述べている。

 

中国でも、人気に火がついている太平猴魁。
そもそも生産地域が狭く、生産できる茶農家の数も限られているため、価格は上がる一方です。このお茶ばかりは、他の産地でコピーするわけにも行かず、このまま相場は高止まりしそうです。

産地情報の最近記事

  1. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  2. 蒙頂甘露の品種検討会

  3. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  4. 石阡苔茶の産地

  5. 「世界抹茶之都」を目指す、貴州省銅仁市

関連記事

PAGE TOP