中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 1 view

嶗山茶種は退化し、南方のお茶に置き換わる

青岛:崂山茶种退化 进入南方茶换代

龙井43号、龙井长叶、福鼎大白,这三种茶树都是南方茶树中的精品,经过十多年的驯化,已经完全能够适应崂山的气候特点,并且叶片更厚、滋味更浓。昨天,记者从崂山区政府获悉,为进一步做强做精崂山茶产业,提升崂山茶的品质和质量,崂山区将利用三年时间,安排600万元资金重点培育适应性强、产量高、质量优的龙井43号、龙井长叶、福鼎大白等新品种扦插苗,按照自愿原则,将这些茶树苗完全免费提供给茶农,引导茶农分批、有序进行茶叶品种改良,提升苗种品质。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2010/0420/article_107168.html

龍井43号、龍井長葉、福鼎大白。この3つはいずれも南方のお茶のエリートたちだが、十数年の馴化期間を経て、嶗山の気候の特質に完全に適応し、葉は厚く、滋味も濃くなった。
さらに嶗山の茶業を発展させ、茶の量と品質を増加させるために、嶗山区政府は3年の時間と600万元の資金を用意して、適応性・産量・品質も高い龍井43号、龍井長葉、福鼎大白などの新品種を増やすことにした。
これらの茶苗は、完全に無料で茶農に提供され、品種改良を進め、品質を向上させていく。

「我々は1990年代に三十数種類の品種を導入したが、多くは嶗山に合わなかった。十数年間馴らして、我々は嶗山の気候や土壌に完全に適合する品種を3つ選抜した」と品種選抜を請け負った茶工場の責任者は語った。品種を導入した当初は、生存率が低く60~70%ほどだった。最初の3年間はたくさんの茶苗を必要とした。たとえば、南方でたくさん栽培されている”烏牛早”などは、北方の気候に合わず、発芽率は非常に低かった。
このような選抜のプロセスを経て、彼らは龍井43号、龍井長葉、福鼎大白の3種類を選び出した。

「これらの共通点を言うならば、いずれも干ばつに強いことですね」
南方に植えられた同じ品種の茶葉よりも、嶗山に植えられたものは、茶葉が厚く、煎が効き、味が濃くアミノ酸が多いという。

それぞれの品種には個性があり、龍井43号は発芽が早く、芽が整い、春の三両は多く、香気も良い。欠点は夏と秋の産量が低いこと。龍井長葉は、龍井43号の優位点をそのまま持っているが、発芽率がやや低い。福鼎大白は、収穫期間が4月から10月中旬以後までと長いが、芽はあまり揃わない。

 

元々、山東省のお茶は”南茶北引”ということで、1970年代に黄山群体種などが導入され、栽培されていました。しかし、それらの生産量が芳しくない、というのが今回のニュースの背景にあります。
中国も同じ優良品種が全国で栽培されるようになってきていて、地域の個性というのは徐々に薄れていくのかもしれません。

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP