中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 5 view

コカ・コーラ「原葉」をプロモーション

可口可乐首推天然『原叶』茶

『原叶』茶是由可口可乐公司和雀巢公司的合资企业——全球饮料伙伴公司授权出品,由可口可乐公司在中国的装瓶商生产和销售的调味茶饮料,目前有『原叶』绿茶和『原叶』冰红茶两大产品类别,并且即将在4月推出『原叶』蜜香茉莉和『原叶』清香茉莉两种新口味。『原叶』汲取传统茶道精髓,使用100%茶叶作为原料,结合现代科技,保存了茶叶的色香味。『原叶』无论在原料选择和工艺上都有其自己的独到之处。第一, 『原叶』调味茶饮料用100%真正的茶叶泡制;第二,从工艺角度来说,『原叶』采用热水萃取工艺,拟合传统饮茶的泡茶技术。因此,茶萃取的风味接近传统泡制的茶汤。经现代工艺处理, 生产出的产品色泽也会更清澈透亮,打开瓶盖会闻到一股茶香, 喝起来口感也有鲜爽的茶滋味。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2010/0421/article_107231_1.html

「原葉」茶は、コカコーラとネッスルの合弁会社の製品で、コカコーラは今のところ、「原葉」緑茶と「原葉」アイスティーの2つの製品を出していますが、4月から蜜香ジャスミン茶と清香ジャスミン茶が発売されます。「原葉」シリーズは、伝統的な茶道の精神を汲み取り、100%茶葉を原料とし、現代の科学技術と結びつけて茶葉の色と香りを保持したものです。
「原葉」はもちろん原材料の選別と加工技術に独自のものがあります。
第一に、「原葉」の茶飲料は100%純正な茶葉を淹れて作っています。第二に製造工程から言うと、「原葉」は熱水抽出の方法を採用しており、伝統的なお茶の淹れ方の技術に沿っています。それゆえに、伝統的に淹れたお茶の味に近い風味を持っています。そこに、現代的な処理を施して、製品の色は澄んで透明で明るく、蓋を開けると茶の香りがし、飲むと爽やかな茶の滋味が感じられます。

コカコーラは中国茶飲料を拡大していくためには、中国の消費者の味覚を研究し、消費者がお茶の爽やかな味を感じられるよう、「原葉」は100%茶葉を淹れてつくっています。発売以来控えめに表現してきました。
第三者機関の調査によると、2009年には「原葉」のブランドは95%の認知度に達し、コカコーラの非炭酸飲料の拡大に大きな役割を果たしています。

総合飲料メーカーとして、コカコーラは中国の消費者に優良な商品をひたすら提供してきています。茶飲料市場の潜在力を引き出すことは、コカコーラの中国戦略に不可欠なことです。
将来的にコカコーラは、中国の消費者が様々な茶飲料から選択できるように、その経営資源と上海研究センターの技術的優位を活かし、様々な茶飲料を投入するでしょう。多様なお茶の製品によって、コカコーラは茶飲料でのシェアを高め、総合飲料メーカーのリーダーとしての地位を揺るぎないものにしていきます。

現在コカコーラは中国で100%茶葉を使った「原葉」と飲み口の爽やかな「ネッスルアイスティー」の二大茶飲料ブランドを打ち立てることに成功しました。この2つの飲料ブランドは、商品の位置づけを明確にし、コカコーラの飲料の布陣を固めています。

 

日本では、茶葉から抽出が当たり前のようになっていますが、現地では茶粉を溶かしただけの茶飲料が多いので、これが大きな差別化要因になっているようです。
日本の飲料メーカーというのは高い技術を持っているのですから、なんとか現地マーケットを開拓していって欲しいものです。

市場環境の最近記事

  1. 中国の”国際飲茶日”提案、FAO総会を通過

  2. モロッコの残留農薬基準変更への対応

  3. 上海黔茶センターが設立

  4. 武夷山市政府、”茶青カード”を導入

  5. 過熱化する武夷岩茶の”大師”、”山場”競争に当局のメスが

関連記事

PAGE TOP