中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 78 view

福建・第1四半期の日本向け輸出は8.4%の伸び

一季度福建茶叶对日本出口量增长8.4%

据福州海关统计,今年一季度福建共对日本出口茶叶1838吨,增长8.4%,占全省茶叶出口总量的51.8%。

据统计,一季度福建茶叶共出口3547吨,同比增长9.2%,价值1328万美元,增长16.7%。乌龙茶是出口的主打产品,共出口乌龙茶2568吨,增长7.6%,占全省茶叶出口总量的72.4%。(胡善安)

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2010/0422/article_107301.html

福州税関の統計によると、今年第一四半期の福建省の日本向け茶葉輸出量は1838トンで昨年対比8.4%の伸びだった。これは全省の茶葉輸出総量の51.8%を占めている。

統計によれば、第一四半期の福建省の茶葉輸出量は3547トンで、前年比9.2%の伸び。出荷額は1328万アメリカドルで、16.7%の増加。烏龍茶が輸出の主要品目で、烏龍茶の輸出は2568トンで7.6%の伸びを示しており、全省の茶葉輸出総量の72.4%を占めている。

 

日本向けの輸出は回復基調にあるようです。
量もさることながら、単価はそれ以上に上昇してきており、じわじわと、お茶の価格が上がってきていることを示しています。
それにしても、輸出の7割以上が烏龍茶とは、さすが烏龍茶王国の福建省です。

産地情報の最近記事

  1. 福建省福鼎市、”世界白茶発祥地”の称号を得る

  2. 『雲南省古茶樹保護条例』を可決。外国人への罰則も明文化

  3. 安徽省祁門県、安茶の生産が最終段階に

  4. 製茶ロボット、勐海茶廠で稼働開始

  5. 今年の武夷岩茶の三大茶王が誕生。過去最高のコンテスト規模に

関連記事

PAGE TOP