中国茶ファンのためのデータベース&ニュース


  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  4. ランキング一覧
  1. 市場環境
  2. 3 view

中国のネット販売事情

80后成绿茶最大消费群清明后正值新茶上市的旺季,今年茶市却接连遭遇春寒和干旱,产量无法满足市场需求,无论普洱、乌龙还是龙井,全国各地“涨”声一片。然而,…

  1. 産地情報
  2. 6 view

黄山毛峰も産量減、価格上昇

安徽:黄山毛峰量减价高安徽省黄山市徽州区是中国名茶黄山毛峰的发源地和主产区,现有茶园5.2万亩。受年初低温雨雪天气影响,今年茶叶产量较往年减少20%至3…

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 62 view

安吉白茶30年の歩み

中国茶の世界では、ここのところ、一気に天下を取るようなお茶が続々と出ています。その中の1つが安吉白茶ですが、このお茶の30年ほどの歩みについて、安吉県の副県…

  1. 産地情報
  2. 54 view

桂花烏龍茶、中高級路線へも

桂花烏龍茶というと、安い烏龍茶に香りを付けたもの・・・というイメージがありますが、最近は高級路線のお茶も出てきているようです。安溪金秋"打桂花" 桂花乌龙茶…

  1. 市場環境
  2. 59 view

茶葉市場の生き残り競争も激化

中国ではあちこちに茶葉市場(茶城)があります。日本人がイメージする”市場”とはちょっと違い、小売りもやってくれる場所なので、一般の人も足を運んでいます。…

  1. 茶と旅
  2. 44 view

武夷山、民宿産業が急成長

福建省武夷山ではお茶の産地で民宿産業が急速に伸びているようです。福建武夷山开启茶乡民宿发展模式“武夷山的茶,让人很迷恋,尤其是景区内的正岩茶,那种香…

  1. 科学と機能性
  2. 46 view

プーアル茶を餅状に緊圧する意味

プーアル茶はなぜ、餅状などの形に成型されるのでしょうか?さまざまな角度から、その理由を述べている記事がありましたので、ご紹介します。普洱茶紧压成饼不仅仅…

  1. 科学と機能性
  2. 138 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 産地情報
  2. 35 view

信陽市の新製品品評会

名茶・信陽毛尖の産地として知られる河南省信陽市。最近は、信陽紅という紅茶をヒットさせ、新商品開発にも力を入れています。そんな信陽市の次の一手が分かるよう…

  1. 産地情報
  2. 104 view

写真で見るプーアル茶の作り方

プーアル茶の製法について写真でわかりやすく解説している記事がありましたので、ご紹介します。普洱茶制作工艺详解雲南景邁山景邁山は一年中…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 38 view

お茶教室で独立した女性

中国でも茶業界が成長するに従い、茶藝を教える教室などが出て来ています。重慶で独立した27才の女性の例をご紹介します。卖茶叶、教茶艺 重庆“茶妹子”年收入…

  1. 標準・基準
  2. 79 view

緊圧白茶の国家標準、公布される

白茶を固めた「緊圧白茶」の国家標準が、早くも制定されたそうです。《紧压白茶》国家标准正式发布15日,记者从宁德市质监局了解到,由福鼎市质量计量检测所…

  1. 市場環境
  2. 40 view

若者の茶の消費事情

お茶は年輩の人の専売特許のように感じるのは、日本も中国も差は無いと思いますが、最近、中国では80后、90后と呼ばれる1980年代、90年代生まれの間でも、お茶の…

  1. 市場環境
  2. 38 view

二極分化した今年のプーアル茶

今年、雲南のプーアル茶は逆行高の様相を呈していると報道されていますが、その中身を見てみると、二極分化が進んでいるようです。临沧马台/…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 48 view

中国の茶教育業界の現状と展望

中国では茶芸師、評茶員などの国家資格取得のための訓練講座の開設を中心に、お茶の教育ビジネスが拡大傾向を見せています。その教育の現状と課題を考察した記事をご紹…

  1. 産地情報
  2. 54 view

龍井茶の生育環境(気候)

中国の気象情報サイトが龍井茶の産地の気候について紹介していました。龙井茶与气候环境 堪称对西湖龙井茶的绝妙写真院外风荷西子笑,明前龙井女儿红…

  1. 産地情報
  2. 47 view

GDP優先主義を取りやめた安渓

安渓鉄観音は茶園の大規模開発を推し進めた結果、環境の破壊や農薬の汚染などさまざまな問題に直面しています。このような状況を受け、昨今の安渓は数字優先のGDP優…

  1. 産地情報
  2. 33 view

安渓の鑑定ブレンド&焙煎コンテスト

安渓鉄観音はブレンドが基本になっているお茶で、さまざまな畑のお茶だったり、場合によってはさまざまな品種をブレンド、そして焙煎を加えて安定した製品のお茶に仕上げる…

  1. 産地情報
  2. 138 view

湖北省の青磚茶、再興に向けての動き

名前は知られているものの、日本にはあまり実態が紹介されていないお茶というのが良くあります。そのようなお茶の1つ、湖北省の青磚茶について紹介し、また今後の課題…

  1. 産地情報
  2. 128 view

平陽黄湯茶、復刻までの道のり

平陽黄湯という、清代の浙江省の名茶(黄茶)があります。例によって解放後には断絶していたお茶なのですが、このたび原産地保護制度の対象になることが決まり、名実と…

  1. 歴史と文化
  2. 128 view

日本茶と天台山の繋がり

日本茶がどこからやって来たのか、は未だに諸説があるところですが、中国から日本に伝わった最も古いお茶は、おそらく天台山のものではないか、という説が中国では有力にな…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 94 view

中国の”積み茶”事情

今年は大分冷え込んでいるようですが、ここ数年、中国では贈答品としての茶葉の需要が高まっていました。しかし、贈答品というと、やはり飲みきれないというお茶も出て…

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 107 view

白沙渓の千両茶

湖南省益陽市安化県で作られている安化黒茶。その中でも見た目のインパクト抜群の千両茶の製造技法について、紹介されていました。白沙溪千两茶——精湛工艺成就完…

  1. 市場環境
  2. 52 view

抹茶は浙江省の茶産業の新たな力に

浙江省が抹茶の輸出に力を入れているようです。抹茶为浙江茶产业出口带来新动力今年前三季度,经浙江检验检疫局检验出口的抹茶约9吨,货值22万美元,同比数…

  1. 茶と旅
  2. 105 view

台湾、”お茶探し”バスツアーを発売

最近、大陸からの観光客が減少気味と報道されている台湾ですが、大陸の茶旅ブームに合わせて?か、茶産地を巡るバスツアーの発売を始めたようです。台湾推出“找茶”、…

  1. 産地情報
  2. 70 view

雲南高山茶の茶摘み始まる

雲南省では普洱茶や紅茶以外に烏龍茶の生産も行われています。高山茶の生産も行われているのですが、そうした茶園の一つでは今年の茶摘みがいよいよ始まったようです。…

  1. 歴史と文化
  2. 64 view

世界茶葉図書館がオープン

5月21日の世界お茶の日に、雲南省昆明市にある西南林業大学で「世界茶葉図書館」と「古茶樹研究センター」がオープンしたそうです。5月21日、初めての”世界…

  1. 産地情報
  2. 61 view

雲南省著名産地の頭春茶原料価格

雲南省の著名な茶山の頭春茶(一番茶)の原料価格一覧が紹介されていました。4月24日、2020昆明春茶発表会(貧困扶助イベント)が開催され、会場では、雲南…

  1. 科学と機能性
  2. 35 view

茯茶の金花が特別なところ

茯磚茶などで見られる、黄色い粒々のことを金花といいます。その金花がどのように特別なのかについて書かれた記事がありましたので、ご紹介します。"金花"是一种…

  1. 産地情報
  2. 34 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. イベント・展示会
  2. 32 view

安渓開茶節、開催される

安渓鉄観音の産地である、福建省泉州市安渓県で今年のお茶シーズン到来を告げる開茶節が開催されたそうです。”中国の良いお茶を世界に捧げる”をテーマとした20…

  1. 科学と機能性
  2. 21 view

お茶は冷蔵庫で保管すべきか

「お茶も冷蔵庫で保管した方が良いですか?」ということを初心者の方から聞かれることがあります。これはお茶の種類により、ケースバイケースなのですが、中国でもそう…

  1. 市場環境
  2. 19 view

福州の茶葉市場の様子

茶産地ではお茶の生産が再開されていますが、それらのお茶を販売するには茶業者の活動が正常化することが必要です。しかし、今まで流通の多くを担ってきていた都市部の…

  1. 歴史と文化
  2. 19 view

ロシアの代用茶・イワン茶

中国とロシアの間では昔から茶貿易が行われていました。昔から「中国のお茶は高い」という評価だったようで、代用品としてイワン茶というお茶がロシアでは出回っており…

  1. 産地情報
  2. 18 view

虞青白茶の収穫

貴州省六盤水市にある六枝特区では、安吉白茶に用いられる白葉一号を導入した品種を栽培しています。その茶園が茶摘みシーズンに突入したようです。&nbsp…

  1. 科学と機能性
  2. 18 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 産地情報
  2. 16 view

金駿眉の製茶シーズン始まる

金駿眉の原産地である福建省武夷山市の星村鎮桐木村では、今年の金駿眉の製茶が始まっているそうです。最近、福建省武夷山市星村鎮の桐木村で…

  1. 産地情報
  2. 16 view

湖北省の恩施玉露、出荷始まる

湖北省の名茶として挙げられる恩施玉露。こちらも新型コロナウイルスの影響を大きく受けた地域ですが、今年の新茶の出荷が始まっているようです。…

  1. 産地情報
  2. 16 view

湖北省の青磚茶、再興に向けての動き

名前は知られているものの、日本にはあまり実態が紹介されていないお茶というのが良くあります。そのようなお茶の1つ、湖北省の青磚茶について紹介し、また今後の課題…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 16 view

中国の”積み茶”事情

今年は大分冷え込んでいるようですが、ここ数年、中国では贈答品としての茶葉の需要が高まっていました。しかし、贈答品というと、やはり飲みきれないというお茶も出て…

  1. 標準・基準
  2. 15 view

陳香型鉄観音についてのQ&A

今年の4月、鉄観音の国家標準に新たに加わった陳香型鉄観音(いわゆる陳年鉄観音)。その内容については、今ひとつ理解が深まっていないということなのか、Q&A形式…

  1. 科学と機能性
  2. 14 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 産地情報
  2. 13 view

溧陽白茶の茶摘み風景

江蘇省溧陽(りつよう)市で生産されている溧陽白茶(天目湖白茶)の茶摘みの様子が紹介されていました。4月2日,在江苏天目湖生态农业有限公司的茶园内,工人在采摘…

  1. 産地情報
  2. 13 view

安吉白茶、一芽一葉の基準が仇に?

絶好調が続く安吉白茶ですが、自らで作った基準が仇になってしまうのでは?という観測が出ているようです。一芽一叶采摘标准给安吉白茶套上了“紧箍咒”?一芽…

  1. 産地情報
  2. 13 view

山東省で大風の被害

ここ数日、日本では前線の通過に伴って、強い風が吹くなど天気が大荒れになりました。ただ、それは中国の茶産地でも起こっていたようです。…

  1. 歴史と文化
  2. 13 view

炒青と蒸青

茶本主义:中国人的茶感觉系统演变史中国人贪念茶叶的香气与滋味,“蒸青”即以热气煮蒸方式将鲜茶所含各种香与味的成分保留下来,以供享受;鲁成银说:“炒青”技…

  1. 歴史と文化
  2. 12 view

日本茶と天台山の繋がり

日本茶がどこからやって来たのか、は未だに諸説があるところですが、中国から日本に伝わった最も古いお茶は、おそらく天台山のものではないか、という説が中国では有力にな…

  1. 歴史と文化
  2. 12 view

洞庭山碧螺春の歴史と現状

蘇州の名茶である洞庭山碧螺春。その歴史と現状についてまとまっている記事がありましたので、ご紹介します。苏州打响洞庭山碧螺春"金字招牌"促茶产业发展…

  1. 茶と旅
  2. 105 view

台湾、”お茶探し”バスツアーを発売

最近、大陸からの観光客が減少気味と報道されている台湾ですが、大陸の茶旅ブームに合わせて?か、茶産地を巡るバスツアーの発売を始めたようです。台湾推出“找茶”、…

  1. 産地情報
  2. 70 view

雲南高山茶の茶摘み始まる

雲南省では普洱茶や紅茶以外に烏龍茶の生産も行われています。高山茶の生産も行われているのですが、そうした茶園の一つでは今年の茶摘みがいよいよ始まったようです。…

  1. 歴史と文化
  2. 64 view

世界茶葉図書館がオープン

5月21日の世界お茶の日に、雲南省昆明市にある西南林業大学で「世界茶葉図書館」と「古茶樹研究センター」がオープンしたそうです。5月21日、初めての”世界…

  1. 産地情報
  2. 61 view

雲南省著名産地の頭春茶原料価格

雲南省の著名な茶山の頭春茶(一番茶)の原料価格一覧が紹介されていました。4月24日、2020昆明春茶発表会(貧困扶助イベント)が開催され、会場では、雲南…

  1. 科学と機能性
  2. 35 view

茯茶の金花が特別なところ

茯磚茶などで見られる、黄色い粒々のことを金花といいます。その金花がどのように特別なのかについて書かれた記事がありましたので、ご紹介します。"金花"是一种…

  1. 産地情報
  2. 34 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. イベント・展示会
  2. 32 view

安渓開茶節、開催される

安渓鉄観音の産地である、福建省泉州市安渓県で今年のお茶シーズン到来を告げる開茶節が開催されたそうです。”中国の良いお茶を世界に捧げる”をテーマとした20…

  1. 科学と機能性
  2. 21 view

お茶は冷蔵庫で保管すべきか

「お茶も冷蔵庫で保管した方が良いですか?」ということを初心者の方から聞かれることがあります。これはお茶の種類により、ケースバイケースなのですが、中国でもそう…

  1. 市場環境
  2. 19 view

福州の茶葉市場の様子

茶産地ではお茶の生産が再開されていますが、それらのお茶を販売するには茶業者の活動が正常化することが必要です。しかし、今まで流通の多くを担ってきていた都市部の…

  1. 歴史と文化
  2. 19 view

ロシアの代用茶・イワン茶

中国とロシアの間では昔から茶貿易が行われていました。昔から「中国のお茶は高い」という評価だったようで、代用品としてイワン茶というお茶がロシアでは出回っており…

  1. 産地情報
  2. 18 view

虞青白茶の収穫

貴州省六盤水市にある六枝特区では、安吉白茶に用いられる白葉一号を導入した品種を栽培しています。その茶園が茶摘みシーズンに突入したようです。&nbsp…

  1. 科学と機能性
  2. 18 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 産地情報
  2. 16 view

金駿眉の製茶シーズン始まる

金駿眉の原産地である福建省武夷山市の星村鎮桐木村では、今年の金駿眉の製茶が始まっているそうです。最近、福建省武夷山市星村鎮の桐木村で…

  1. 産地情報
  2. 16 view

湖北省の恩施玉露、出荷始まる

湖北省の名茶として挙げられる恩施玉露。こちらも新型コロナウイルスの影響を大きく受けた地域ですが、今年の新茶の出荷が始まっているようです。…

  1. 産地情報
  2. 16 view

湖北省の青磚茶、再興に向けての動き

名前は知られているものの、日本にはあまり実態が紹介されていないお茶というのが良くあります。そのようなお茶の1つ、湖北省の青磚茶について紹介し、また今後の課題…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 16 view

中国の”積み茶”事情

今年は大分冷え込んでいるようですが、ここ数年、中国では贈答品としての茶葉の需要が高まっていました。しかし、贈答品というと、やはり飲みきれないというお茶も出て…

  1. 標準・基準
  2. 15 view

陳香型鉄観音についてのQ&A

今年の4月、鉄観音の国家標準に新たに加わった陳香型鉄観音(いわゆる陳年鉄観音)。その内容については、今ひとつ理解が深まっていないということなのか、Q&A形式…

  1. 科学と機能性
  2. 14 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 産地情報
  2. 13 view

溧陽白茶の茶摘み風景

江蘇省溧陽(りつよう)市で生産されている溧陽白茶(天目湖白茶)の茶摘みの様子が紹介されていました。4月2日,在江苏天目湖生态农业有限公司的茶园内,工人在采摘…

  1. 産地情報
  2. 13 view

安吉白茶、一芽一葉の基準が仇に?

絶好調が続く安吉白茶ですが、自らで作った基準が仇になってしまうのでは?という観測が出ているようです。一芽一叶采摘标准给安吉白茶套上了“紧箍咒”?一芽…

  1. 産地情報
  2. 13 view

山東省で大風の被害

ここ数日、日本では前線の通過に伴って、強い風が吹くなど天気が大荒れになりました。ただ、それは中国の茶産地でも起こっていたようです。…

  1. 歴史と文化
  2. 13 view

炒青と蒸青

茶本主义:中国人的茶感觉系统演变史中国人贪念茶叶的香气与滋味,“蒸青”即以热气煮蒸方式将鲜茶所含各种香与味的成分保留下来,以供享受;鲁成银说:“炒青”技…

  1. 歴史と文化
  2. 12 view

日本茶と天台山の繋がり

日本茶がどこからやって来たのか、は未だに諸説があるところですが、中国から日本に伝わった最も古いお茶は、おそらく天台山のものではないか、という説が中国では有力にな…

  1. 歴史と文化
  2. 12 view

洞庭山碧螺春の歴史と現状

蘇州の名茶である洞庭山碧螺春。その歴史と現状についてまとまっている記事がありましたので、ご紹介します。苏州打响洞庭山碧螺春"金字招牌"促茶产业发展…

中国茶の本棚 新着

中国茶のお店・教室 新着

ブログチェッカー

2020/06/02 08:45 
金奨恵明
(一碗)

2020/06/01 23:23 
白葉単叢
(modokunのブログ)

2020/06/01 23:17 
水出し茶の記録 水出し茶の作り方
(茶の穂★本気の中国茶&香木のブログ初苗庵)

2020/06/01 21:37 
サロンと個人セッション再開についてのお知らせ
(ル・サロン・シャンホア《漢方ビューティ》 le salon 香華 )

2020/06/01 19:37 
今ここを大切に
(心と身体を整える お茶と薬膳)

2020/06/01 19:30 
おうちde中国茶会の開催はもう少し先へ
(おうちde中国茶)

2020/06/01 18:04 
6/2(火) 貸切です
(カメリア・シネンシス便り)

2020/06/01 18:00 
第98回:コロナによる販売不振局面をどう乗り切るか
(「消観茶論」消費者の観点から見たお茶のあれこれ | 合同会社ティーメディアコーポレーション)

2020/06/01 17:20 
新茶のよろこび
(お茶をどうぞ♪)

2020/06/01 16:40 
ジオラマ信吉屋
(烏龍茶・国産紅茶販売ピュアウーロン(人情横丁店)~お茶屋さん日記)

2020/06/01 16:16 
一日一茶のB級グルマン備忘録 足利編
(一日一茶@我愛中国茶)

2020/06/01 14:46 
サンテパルクたはら で遊ぶ
(遠州ひとりごと ~日本でも中国茶三昧~)

2020/06/01 12:26 
初夏のいろどり
(一碗)

2020/06/01 11:34 
6月からのXingfu中国茶&台湾茶レッスン再開について
(中国&台湾茶 遥かなる銘茶への旅)

2020/06/01 11:00 
ねこねこチーズケーキ&宵越し岩茶
(   茶と猫と。)


これ以前の更新記事は こちら
PAGE TOP