中国茶ファンのためのデータベース&ニュース


  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  4. ランキング一覧
  1. 市場環境
  2. 62 view

プーアール茶の価格上昇中

云南:旱情引发普洱茶价涨记者在收藏品市场了解到,从去年年底到现在的三个月间,普洱茶价格的整体涨幅达30%。本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:h…

  1. 市場環境
  2. 57 view

杭州の消費者もエコ茶の時代?

杭州消费者有望喝上“低碳茶”杭州的消费者有望在明年喝上“低碳茶”,这是记者在昨日召开的2010年全国茶馆经理年会上得到的信息。本篇文章来源于第一…

  1. 産地情報
  2. 69 view

浙江省のお茶に関する18の課題

关于浙茶的十八个问题一场春寒,冻僵不少虎年新茶;各地热火,举办各式茶叶展会。三四月份,是茶香飘逸的季节,但是在各地高度期待之中,今年春茶却姗姗来…

  1. 産地情報
  2. 61 view

無錫の明前茶も半分に

无锡地产“明前茶”减产一半眼下正值“明前茶”大面积开采之际,然而茶农们却高兴不起来。昨从市茶叶研究所获悉,受近期阴雨及霜冻天气的影响,大量平地新茶受冻出…

  1. 産地情報
  2. 65 view

信陽毛尖の茶摘み開始

今日上午,信阳市shi河区漫山遍野的空气中弥漫着浓浓的茶香,2010年信阳市shi河区信阳毛尖开采日启动仪式在该区shi河港乡郝家冲万亩生态茶园举行,这标志着信…

  1. イベント・展示会
  2. 84 view

上海万博と蒙頂茶

蒙顶山茶走进上海世博会的六大理由2007年,在中国茶叶流通协会、《中华合作时报·茶周刊》共同主办,北京老舍茶馆承办的“老舍茶馆五环茶合作厂商甄选活动”中…

  1. 産地情報
  2. 66 view

四川のお茶も値上がり傾向

四川成都:新茶最高涨幅达40%物以稀为贵,这话可以用在今年的川茶上。近日,峨眉山、蒲江成佳镇、邛lái等产茶地成了热闹的集市,自从3月新茶采摘以来,每天…

  1. 産地情報
  2. 67 view

安吉白茶値上がり傾向

由于受前阵子寒潮影响,今年白茶的开摘时间推迟了一个多星期。不过从昨天起,第一批白茶开始在湖城陆续上市,因为刚上市,加上量不多,所以价格比较高,每公斤在2200元…

  1. サイト情報
  2. 66 view

イベントを追加しました

イベント案内にイベントを2本追加致しました。・春のなごみ茶会(主催:中国茶インストラクター協会)・三清茶会(主催:今古茶籍)是非ご覧ください…

  1. 産地情報
  2. 211 view

英徳茶の過去・現在・未来

紅茶の産地として知られる広東省英徳市の茶産業について整理された記事がありましたので、ご紹介します。広東省随一の県レベルの茶産地である…

  1. 産地情報
  2. 152 view

龍井茶の生育環境(気候)

中国の気象情報サイトが龍井茶の産地の気候について紹介していました。龙井茶与气候环境 堪称对西湖龙井茶的绝妙写真院外风荷西子笑,明前龙井女儿红…

  1. 市場環境
  2. 128 view

中国の有機農業の現状

食の安全に関しては中国でも大変関心を持たれているところで、その結果、有機製品に関しての注目度も上がってきています。そんな中国の有機農業の事情の一端を紹介した…

  1. 産地情報
  2. 186 view

プーアル茶の唛号の読み方

プーアル茶の選び方の記事がありましたのでご紹介します。选普洱茶讲究“清纯正气”普洱茶因具有降血脂、暖胃、减肥等作用而受到人们的青睐,然而随着…

  1. 市場環境
  2. 131 view

福建南部では台湾茶の普及が進む

ECFAが発効したことなどから、中国大陸と台湾の間でのお茶の流通が活発化しています。福建省南部では、台湾茶が一般の家庭のお茶の間に登場することも増えているよ…

  1. 茶藝と茶空間
  2. 138 view

中国の茶教育業界の現状と展望

中国では茶芸師、評茶員などの国家資格取得のための訓練講座の開設を中心に、お茶の教育ビジネスが拡大傾向を見せています。その教育の現状と課題を考察した記事をご紹…

  1. 歴史と文化
  2. 223 view

炒青と蒸青

茶本主义:中国人的茶感觉系统演变史中国人贪念茶叶的香气与滋味,“蒸青”即以热气煮蒸方式将鲜茶所含各种香与味的成分保留下来,以供享受;鲁成银说:“炒青”技…

  1. 産地情報
  2. 130 view

長興紫笋茶、再興なるか

浙江省長興県の長興紫笋茶(顧渚紫笋茶)。歴史的な名茶としても知られるこのお茶ですが、今では存在感が希薄になっており、なかなか店頭でも見かけないお茶になってい…

  1. 産地情報
  2. 178 view

諸説入り交じる茶王-大紅袍

中国茶には様々な伝説がつきまといますが、そのせいで話が分かりにくくなることも多々あります。その典型的な例が武夷山の名茶・大紅袍であると思います。これにつ…

  1. 産地情報
  2. 144 view

桂花烏龍茶、中高級路線へも

桂花烏龍茶というと、安い烏龍茶に香りを付けたもの・・・というイメージがありますが、最近は高級路線のお茶も出てきているようです。安溪金秋"打桂花" 桂花乌龙茶…

  1. 産地情報
  2. 151 view

武夷山、品種茶の時代がまもなく

武夷山の岩茶は、これまで大紅袍推しで来た面が強くありました。しかし、これからは様々な品種のお茶を推奨していく時代になっていくかもしれません。武夷山:品种…

  1. 市場環境
  2. 156 view

茶葉市場の生き残り競争も激化

中国ではあちこちに茶葉市場(茶城)があります。日本人がイメージする”市場”とはちょっと違い、小売りもやってくれる場所なので、一般の人も足を運んでいます。…

  1. 産地情報
  2. 117 view

安渓の鑑定ブレンド&焙煎コンテスト

安渓鉄観音はブレンドが基本になっているお茶で、さまざまな畑のお茶だったり、場合によってはさまざまな品種をブレンド、そして焙煎を加えて安定した製品のお茶に仕上げる…

  1. 産地情報
  2. 142 view

GDP優先主義を取りやめた安渓

安渓鉄観音は茶園の大規模開発を推し進めた結果、環境の破壊や農薬の汚染などさまざまな問題に直面しています。このような状況を受け、昨今の安渓は数字優先のGDP優…

  1. 歴史と文化
  2. 270 view

日本茶と天台山の繋がり

日本茶がどこからやって来たのか、は未だに諸説があるところですが、中国から日本に伝わった最も古いお茶は、おそらく天台山のものではないか、という説が中国では有力にな…

  1. 科学と機能性
  2. 316 view

プーアル茶に賞味期限が無い理由

プーアル茶は賞味期限が無いとか長期保存ができると言われます。とりわけ、生茶と呼ばれる渥堆発酵をしていないものは珍重されるのですが、その変化について分かりやす…

  1. 科学と機能性
  2. 426 view

雲南大葉種の特徴をみる

雲南省の茶葉品種である雲南大葉種についてまとめている記事がありましたので、ご紹介します。雲南大葉種茶中国の著名な優良茶樹品種で、雲南…

  1. 標準・基準
  2. 181 view

緊圧白茶の国家標準、公布される

白茶を固めた「緊圧白茶」の国家標準が、早くも制定されたそうです。《紧压白茶》国家标准正式发布15日,记者从宁德市质监局了解到,由福鼎市质量计量检测所…

  1. 科学と機能性
  2. 299 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 科学と機能性
  2. 127 view

保存する価値の無いプーアル茶

プーアル茶は、寝かせておけば美味しくなる&価値が上がるということが、日本でも知られるようになってきていますが、実は寝かせて置いても全く意味の無いプーアル茶が出回…

  1. 歴史と文化
  2. 216 view

茶馬貿易の停止が引き起こした戦争

お茶が戦争に関わった事例として、アヘン戦争を思い浮かべる方も多いと思います。あまり日本では知られていないのですが、辺境の少数民族との間でも激しい戦争を引き起…

  1. 産地情報
  2. 241 view

安吉白茶、一芽一葉の基準が仇に?

絶好調が続く安吉白茶ですが、自らで作った基準が仇になってしまうのでは?という観測が出ているようです。一芽一叶采摘标准给安吉白茶套上了“紧箍咒”?一芽…

  1. 産地情報
  2. 143 view

安渓県、茶からの転作を奨励

福建省安渓県といえば、安渓鉄観音の産地として名高く、山全体が茶畑になっているような所もありました。しかし、こうした発展の方向性は既に過去のものになっているよ…

  1. 茶と旅
  2. 131 view

武夷山、民宿産業が急成長

福建省武夷山ではお茶の産地で民宿産業が急速に伸びているようです。福建武夷山开启茶乡民宿发展模式“武夷山的茶,让人很迷恋,尤其是景区内的正岩茶,那种香…

  1. 産地情報
  2. 60 view

4枚の図で分かる普洱茶の主要産地

プーアル茶の産地は広範囲に及んでおり、馴染みの無い地名があるために、混乱しがちです。4枚の図で分かりやすく産地を解説している記事がありましたので、ご紹介しま…

  1. 市場環境
  2. 47 view

中国茶の機械化が進まない理由

中国茶の機械化が何故進まないのかについて考察した記事がありましたので、紹介します。茶業機械業界と茶業界の一致した努力により、中国茶葉…

  1. 産地情報
  2. 37 view

紅茶になる梅占

梅占というと、烏龍茶の品種というイメージがあります。しかし、最近は紅茶の良質な原料としてブレイクしているようです。梅占茶叶成“政和工夫”红茶优质原料…

  1. 産地情報
  2. 35 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. 歴史と文化
  2. 34 view

中国でお茶を学べる大学

中国ではお茶は学問になっており、茶学部(中国語では「茶学系」)を設けている大学(学院=Collage、単科大学のこと)が全国にあります。雲南省の地方紙が全国…

  1. 市場環境
  2. 32 view

四川省の春茶は値上がり傾向

四川省でも春茶のシーズンが始まっているのですが、既にかなりの量が収穫されているようです。今年の価格動向を調べた記事がありましたのでご紹介します。&n…

  1. 産地情報
  2. 30 view

白鶯山の茶と仏教の繋がり

雲南省臨滄市の雲県にある白鶯山村は、良質なプーアル茶の産地として知られていますが、仏教と茶の繋がりを考察する上でも重要な場所です。産地の様子を臨滄県政府が紹…

  1. 科学と機能性
  2. 29 view

普洱熟茶の軽発酵と重発酵

渥堆発酵を経た普洱熟茶でも、渥堆の程度により軽い発酵のものと重い発酵のものがあります。その違いについてまとめた記事がありましたのでご紹介します。&n…

  1. 産地情報
  2. 27 view

雲南省普洱市の茶摘みの様子

雲南省普洱市の茶摘みの様子も報道されていましたので、ご紹介します。2月24日、取材をしていると、普洱市思茅区の茶園も続々と茶摘みの時…

  1. 産地情報
  2. 25 view

深刻な人手不足

河南:信阳毛尖出现“茶工荒”从清明节前3天至今,大量没有任何营运手续甚至没有车牌的面包车来回穿梭于信阳火车站、汽车站与各地茶山之间。车主和雇用这些车辆的…

  1. 科学と機能性
  2. 24 view

茯茶の金花が特別なところ

茯磚茶などで見られる、黄色い粒々のことを金花といいます。その金花がどのように特別なのかについて書かれた記事がありましたので、ご紹介します。"金花"是一种…

  1. 科学と機能性
  2. 22 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 産地情報
  2. 21 view

湖南省茶陵県、茶業が急成長中

湖南省株洲市に茶陵県という場所があります。ここの茶業の様子について紹介した記事がありました。茶陵は茶にちなんだ名前で、中国で唯一…

  1. 科学と機能性
  2. 21 view

宵越しのお茶は飲めるのか?

宵越しのお茶は飲むな、とよく言われます。これは中国でも同じようで、発がん性がある、とも言われているそうです。しかし、それは本当だろうか?という記事です。…

  1. 産地情報
  2. 21 view

安渓鉄観音の注目の産地、龍涓郷

5月に入って、安渓鉄観音の春茶の取引が活発になっているようです。鉄観音の産地でも、最近注目を浴びている龍涓郷についての記事がありましたので、ご紹介します。…

  1. 科学と機能性
  2. 20 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 歴史と文化
  2. 18 view

シェ族:豊かな茶文化を持つ人々

福建省や浙江省を中心に分布する少数民族であるシェ族(畲族)。茶を生活に取り入れていることでも知られていますが、それをまとめた記事がありましたのでご紹介します…

  1. 産地情報
  2. 18 view

英徳茶の過去・現在・未来

紅茶の産地として知られる広東省英徳市の茶産業について整理された記事がありましたので、ご紹介します。広東省随一の県レベルの茶産地である…

  1. 科学と機能性
  2. 18 view

雲南大葉種の特徴をみる

雲南省の茶葉品種である雲南大葉種についてまとめている記事がありましたので、ご紹介します。雲南大葉種茶中国の著名な優良茶樹品種で、雲南…

  1. 産地情報
  2. 18 view

武夷山の茶摘みが本格化

武夷山でも岩茶の茶摘みが本格化しているようです。武夷山市天心村茶农忙采茶27日,武夷山市天心村茶农正在采摘武夷岩茶——大红袍。当日,武夷山两…

  1. 産地情報
  2. 17 view

黄金芽の茶苗が好評

黄金芽は最近、人気の出て来ているアミノ酸含有量の多い品種です。その茶苗を福建省南平市の松渓県で生産しており、その出荷が好調だとのことです。&nbsp…

  1. 産地情報
  2. 17 view

勐臘県の古茶山

雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州にある勐臘県(勐腊县)には、古六大茶山のうちの5つの茶山があります。これらの産地の違いについて解説している記事がありました…

  1. 産地情報
  2. 60 view

4枚の図で分かる普洱茶の主要産地

プーアル茶の産地は広範囲に及んでおり、馴染みの無い地名があるために、混乱しがちです。4枚の図で分かりやすく産地を解説している記事がありましたので、ご紹介しま…

  1. 市場環境
  2. 47 view

中国茶の機械化が進まない理由

中国茶の機械化が何故進まないのかについて考察した記事がありましたので、紹介します。茶業機械業界と茶業界の一致した努力により、中国茶葉…

  1. 産地情報
  2. 37 view

紅茶になる梅占

梅占というと、烏龍茶の品種というイメージがあります。しかし、最近は紅茶の良質な原料としてブレイクしているようです。梅占茶叶成“政和工夫”红茶优质原料…

  1. 産地情報
  2. 35 view

武夷岩茶の7割は水仙か肉桂

日本では詩的な文脈で語られることの多い武夷岩茶。イメージ先行で実際のところはどうなの?という疑問を持つ方も多いと思います。これについて、地元の生産家の方…

  1. 歴史と文化
  2. 34 view

中国でお茶を学べる大学

中国ではお茶は学問になっており、茶学部(中国語では「茶学系」)を設けている大学(学院=Collage、単科大学のこと)が全国にあります。雲南省の地方紙が全国…

  1. 市場環境
  2. 32 view

四川省の春茶は値上がり傾向

四川省でも春茶のシーズンが始まっているのですが、既にかなりの量が収穫されているようです。今年の価格動向を調べた記事がありましたのでご紹介します。&n…

  1. 産地情報
  2. 30 view

白鶯山の茶と仏教の繋がり

雲南省臨滄市の雲県にある白鶯山村は、良質なプーアル茶の産地として知られていますが、仏教と茶の繋がりを考察する上でも重要な場所です。産地の様子を臨滄県政府が紹…

  1. 科学と機能性
  2. 29 view

普洱熟茶の軽発酵と重発酵

渥堆発酵を経た普洱熟茶でも、渥堆の程度により軽い発酵のものと重い発酵のものがあります。その違いについてまとめた記事がありましたのでご紹介します。&n…

  1. 産地情報
  2. 27 view

雲南省普洱市の茶摘みの様子

雲南省普洱市の茶摘みの様子も報道されていましたので、ご紹介します。2月24日、取材をしていると、普洱市思茅区の茶園も続々と茶摘みの時…

  1. 産地情報
  2. 25 view

深刻な人手不足

河南:信阳毛尖出现“茶工荒”从清明节前3天至今,大量没有任何营运手续甚至没有车牌的面包车来回穿梭于信阳火车站、汽车站与各地茶山之间。车主和雇用这些车辆的…

  1. 科学と機能性
  2. 24 view

茯茶の金花が特別なところ

茯磚茶などで見られる、黄色い粒々のことを金花といいます。その金花がどのように特別なのかについて書かれた記事がありましたので、ご紹介します。"金花"是一种…

  1. 科学と機能性
  2. 22 view

残留農薬は洗茶で落ちるのか?

ネットでは、さも本当であるかのような疑似科学が好んでシェアされたりすることがあります。同じことは中国でも起きているようで、「洗茶をすれば残留農薬が落ちる」と…

  1. 産地情報
  2. 21 view

湖南省茶陵県、茶業が急成長中

湖南省株洲市に茶陵県という場所があります。ここの茶業の様子について紹介した記事がありました。茶陵は茶にちなんだ名前で、中国で唯一…

  1. 科学と機能性
  2. 21 view

宵越しのお茶は飲めるのか?

宵越しのお茶は飲むな、とよく言われます。これは中国でも同じようで、発がん性がある、とも言われているそうです。しかし、それは本当だろうか?という記事です。…

  1. 産地情報
  2. 21 view

安渓鉄観音の注目の産地、龍涓郷

5月に入って、安渓鉄観音の春茶の取引が活発になっているようです。鉄観音の産地でも、最近注目を浴びている龍涓郷についての記事がありましたので、ご紹介します。…

  1. 科学と機能性
  2. 20 view

香料入りのお茶をどう見分けるか

お茶は自然の状態でも、良い香りがあるものです。しかし、安価なお茶をよく見せかけるために香料を添加するケースもあります。そうしたお茶をどう見分けるか、とい…

  1. 歴史と文化
  2. 18 view

シェ族:豊かな茶文化を持つ人々

福建省や浙江省を中心に分布する少数民族であるシェ族(畲族)。茶を生活に取り入れていることでも知られていますが、それをまとめた記事がありましたのでご紹介します…

  1. 産地情報
  2. 18 view

英徳茶の過去・現在・未来

紅茶の産地として知られる広東省英徳市の茶産業について整理された記事がありましたので、ご紹介します。広東省随一の県レベルの茶産地である…

  1. 科学と機能性
  2. 18 view

雲南大葉種の特徴をみる

雲南省の茶葉品種である雲南大葉種についてまとめている記事がありましたので、ご紹介します。雲南大葉種茶中国の著名な優良茶樹品種で、雲南…

  1. 産地情報
  2. 18 view

武夷山の茶摘みが本格化

武夷山でも岩茶の茶摘みが本格化しているようです。武夷山市天心村茶农忙采茶27日,武夷山市天心村茶农正在采摘武夷岩茶——大红袍。当日,武夷山两…

  1. 産地情報
  2. 17 view

黄金芽の茶苗が好評

黄金芽は最近、人気の出て来ているアミノ酸含有量の多い品種です。その茶苗を福建省南平市の松渓県で生産しており、その出荷が好調だとのことです。&nbsp…

  1. 産地情報
  2. 17 view

勐臘県の古茶山

雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州にある勐臘県(勐腊县)には、古六大茶山のうちの5つの茶山があります。これらの産地の違いについて解説している記事がありました…

中国茶の本棚 新着

中国茶のお店・教室 新着

PAGE TOP