中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 75 view

世界初の光波製茶自動生産ライン

中国緑茶は殺青の方法によって4つに分類されますが、新しい方式の自動生産ラインが立ち上がったようです。

全球首条“光波制茶”自动化生产线投产
http://news.t0001.com/2012/0417/article_142078.html

記事によると湖北省襄陽市の漢家劉氏茶業という会社が、光波製茶の自動生産ラインを立ち上げたとしています。
光波製茶って何?と思いますが、どうやらマイクロ波や遠赤外線などを利用して、殺青を行うことのようです。簡単に言えば、電子レンジ殺青というところでしょうか。

この方法でやると、茶葉が焦げたりということが少なくなるそうで、炒青、烘青、蒸青、晒青に続く第5の殺青方法だと言われているようです。酵素の破壊効率がいいみたいです。
この方式自体は既に実用化されていますが、自動生産ラインは世界初とのこと。

メーカーでは、1時間に200~500kgの製茶が出来るとしているそうです。

産地情報の最近記事

  1. 福建省福鼎市、”世界白茶発祥地”の称号を得る

  2. 安徽省祁門県、安茶の生産が最終段階に

  3. 製茶ロボット、勐海茶廠で稼働開始

  4. 今年の武夷岩茶の三大茶王が誕生。過去最高のコンテスト規模に

  5. 浙江省金華市武義県、抹茶の輸出をバックアップ

関連記事

PAGE TOP