中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 100 view

2023年から関税品目に白茶とジャスミン茶が追加される

中国の茶の関税品目分類に、来年から白茶とジャスミン茶が追加されるそうです。

 

新しい一年が近づくにつれ、我が国の関税の関税品目分類にも”新しさ”がやってくるようです。
国務院関税税則委員会が29日発表した2023年関税調整プランの公告によると、我が国では品目分類を調整し、白茶、茉莉花茶、手術用ロボット、LIDAR、野菜の種子などの関税品目分類を追加することが適当だとしました。

国務院の批准を経て、2023年、我が国は一部の商品の輸出入関税を調整します。その中で注目すべきは関税品目分類の調整です。

公告では、来年、我が国は白茶、茉莉花茶、手術用ロボット、LIDAR、野菜の種子などの多くの関税品目分類を追加することを示しています。この趣旨は、関税制度をより改善し、産業の発展と科学技術の進歩という需要に適応するためです。
調整後、我が国の関税品目分類の総数は8948件となります。

業界関係者によると、関税品目分類は貿易の”言語”とも呼ばれます。ある商品に相当する関税品目分類ができれば、商品の貿易流通を促進し、商品の国際貿易状況を表す統計にも表れ、貿易の透明度が増します。
このほか、関税品目分類があれば、輸出入貿易許可管理施一昨夜税収の管理政策などもより便利になります。

今回、”新しい”関税品目分類である白茶、茉莉花茶を例にとってみましょう。
現在、我が国の主要な茶類の中で、紅茶、緑茶、烏龍茶、黒茶には関税品目分類があります。
しかし、近年、白茶と茉莉花茶は国際的に”人気”が伸びてきています。
白茶はその特有の薬用価値から、輸出量は徐々に伸びている情勢にあります。茉莉花茶は”中国の春の味”とされ、海外市場でどんどん受け入れられています。

「白茶、茉莉花茶など中国の特色ある農産品の関税品目分類を増やすことは、国内の特色ある農業産業の発展を助けることでしょう」と中国農業科学院農業情報研究所国際情報研究室の主任である張学彪氏は言います。関税品目分類の増加によって、貿易統計状の利便性だけではなく、企業のブランド強化意識も強まり、企業が国際市場をさらに開拓し、農業がグローバル化するのを助けることができます。

 

地味な変化のようですが、これによって貿易統計などで、白茶やジャスミン茶の捕捉が行われるようになります。
それに合わせて、茶類ごとの統計数値などもきちんと取られるようになるので、意外と大きな変化になるかもしれません。

市場環境の最近記事

  1. 2022年中国の茶の輸出入データ。輸出量は過去最多を更新

  2. 茶葉の品質安全検査の合格率、2022年は98%

  3. 2023年から関税品目に白茶とジャスミン茶が追加される

  4. ”七輪を囲んでお茶”のブームで注文が殺到する徳化県

  5. 福州市最大の茶葉市場・五里亭茶葉市場が閉場へ

関連記事

PAGE TOP