中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. イベント・展示会
  2. 28 view

杭州で中国茶館連盟の年次大会が開催される

茶館の全国組織、中国茶館連盟の今年の年次大会が杭州で開かれたようです。
現地の地元紙の記事をご紹介します。

2015年全国茶馆(中国茶馆联盟)经理年会在杭州召开

茶为国饮、杭为茶都,杭州不仅以西湖龙井茶闻名天下,更以优秀的茶文化、创新的茶经济引领全国行业。昨日,正值龙井茶飘香的时节,来自全国20多个省、市、自治区百余家茶馆的经理齐聚杭州,召开2015年全国茶馆(中国茶馆联盟)经理年会。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201504/00000788.html

茶為国飲、杭為茶都。杭州は西湖龍井茶の名前が天下に聞こえているだけで無く、優秀な茶文化で、茶の経済を革新し、全国の業界をリードしています。昨日、まさに龍井茶の香りが漂う時期に、全国20あまりの省、市、自治区から100あまりの茶館のマネージャーが杭州に集まり、2015年全国茶館(中国茶館連盟)マネージャー年次大会が開催されました。

今回の年次大会は、中国国際茶文化研究会、杭州市商務委員会が主催し、「茶を国民飲料にする活動を高揚し、茶館文化をさらに高め、茶館の経営モデルを革新し、基準の制定活動を進める」をテーマに、経営者の理念と文化を生み出す意識を高め、この年次大会を全国各地の茶館マネージャーの最新情報と経営経験の交流の場とするものでした。資料によれば、全国には12.6万軒の茶館があり、従業員数は250万人あまりに達し、茶館業は茶の生産者と消費者を繋ぐ重要な架け橋になっています。

今回のマネージャー年次大会では、会に参加した代表たちは次のことで一致し、提案を行いました。茶文化を高揚させるためには、茶館や茶楼で用いるお茶の品質を確保して、消費者と経営者の合法的な権益を保護し、DB33/T819-2011「茶楼茶館のサービス規範と星付け基準」を国家標準に格上げし、全国の茶楼茶館業の健全な発展を進めるべきです。
中国の茶館は12.6万軒、従業員数は250万人あまりという、大きな産業に育ってきたようです。今回の提言の中には、これまで浙江省の地方標準止まりだった、茶館の基準を国家基準に引き上げることを要請していますが、それもこの規模であれば当然必要になってくることかと思われます。

イベント・展示会の最近記事

  1. アフターコロナ時代の中国紅茶産業とは

  2. ”蔵茶の都”、東莞国際茶産業博覧会12月に開催

  3. 2020黄山茶会、感染症の影響についての報告

  4. ”青茶計画”シンポジウム、浙江省寧波で開催

  5. 第9回四川国際茶博会が成都で開幕

関連記事

PAGE TOP