中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 76 view

漳平水仙の茶摘み始まる

漳平水仙で有名な福建省漳平市で茶摘み祭りが行われたそうです。

福建漳平举办第三届春季水仙茶开采节

4月8日,中国水仙茶第一村——漳平南洋北寮村茶圣广场迎来了第三届春季漳平水仙茶开采节,本次活动是由漳平市茶叶协会、南洋镇茶叶协会、南洋镇水仙茶农、各地水仙茶商共同参加组织的茶圣的祭拜活动,共同祈福今年水仙茶叶丰收丰产。活动结束后,2015年漳平水仙茶正式开采。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201504/00000771.html

4月8日、中国水仙茶第一村の-漳平市南洋鎮北寮村の茶聖広場で、第3回春季漳平水仙茶開採節が開かれました。このイベントは漳平市茶葉協会、南洋鎮茶葉協会、南洋鎮の水仙茶農家、各地の水仙茶の茶商が共同で参加し、茶聖を祀る活動を行い、共に今年の水仙茶の豊作を祈るものです。イベントが終了すると、2015年の漳平水仙茶は正式に摘み始まります。

漳平市の茶の栽培の歴史は古く、元代から茶の栽培が始まり、明や清の時代には既に相当な規模になっており、専門の茶葉製造所ができ、近代ではその製品は東南アジアなどに販売され、国内外で有名でした。特に漳平水仙茶は、烏龍茶の中で唯一の緊圧茶で、”中国に2つと無いもの”と讃えられており、悠久の茶文化の傑作です。
現在までに、漳平市の茶園面積は10.68万畝近くになり、そのうち水仙茶の面積は4.51万畝で、水仙茶を栽培している茶農家は2000戸あまりあり、茶の産量は1.06万トンで、そのうち水仙茶の産量は3865.61トンで、農業総産出額は7.49億元を超え、茶業の発展は茶農家の収入を大いに増加させました。

毎年の茶聖を祀る活動は北寮郷村旅行区の中で開催され、毎年周辺の旅行客とお茶の愛好家たちが集まり、風景区の中で茶の祭典を見学しています。水仙茶の春茶は穀雨の時期に集中して発売され、多くは穀雨の前後15日ほどです。この時期は、春の花が満開になる時期で、旅行客は南洋鎮のお茶の茶摘み、製茶の行程を見ることができるだけでなく、ピクニックや花見、品茶など様々な村の生活を体験することができます。
漳平水仙茶の春茶は穀雨前後がシーズンのようですね。

産地情報の最近記事

  1. 安渓鉄観音、今年の春茶シーズン総括

  2. 貧困を抜け出した平陽黄湯の村

  3. 黄金桂、今年は産量減も品質向上・価格も上昇

  4. チベット自治区墨脱県、春茶収穫の様子

  5. 福建省福安市の茶葉研究所のオープンイベント

関連記事

PAGE TOP