中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 119 view

四川省雅安市で茶祖をまつる式典が開催

四川省雅安市で開かれた茶祖をまつる式典の様子をご紹介します。

四川雅安祭拜茶祖

  「祭文」を読み上げる

高僧が新茶を捧げているところ

蒙頂山茶のイメージキャラクターであるジャッキー・チェンへの肖像の授与

茶祖の位牌に線香をあげているところ

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0327/article_168645.html

3月27日、”2014年中国四川第10回蒙頂山国際茶文化旅行まつり”と茶祖呉理真をまつる式典が、四川省雅安市の名山区で開催されました。式典では、製茶を行う高僧が皇茶園で摘まれた新茶を上手に皇茶に仕上げて、赤い錦の箱に入れ、使者に渡して茶祖・呉理真の銅像まで届けさせました。

茶祖とされている呉理真は、前漢時代の人です。
蒙頂山に茶を初めて植えたとして知られており、その植えられた場所は皇茶園と呼ばれ、歴代の献上茶が作られていた場所です。
ここからお茶の栽培作物としての歴史が始まったわけで、蒙頂山は茶の歴史を語る上では外せない場所なのです。

 

産地情報の最近記事

  1. 祁門県、高山野茶の茶摘みで茶農家の増収を図る

  2. 福建省漳州市平和県、柚香奇蘭をEUに初輸出

  3. 潮州市鳳凰鎮の600年古茶樹、大庵”宋種”の茶摘み

  4. 金駿眉の新茶、4月20日より発売開始

  5. 安渓鉄観音の春茶の茶摘み始まる

関連記事

PAGE TOP