中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 3 view

深圳市当局、公園内の茶館4軒を閉鎖・停止に

先日、西湖湖畔の高級クラブが閉鎖され、庶民的な茶館になるというニュースをご紹介しましたが、公園内の利用見直しは全国で行われているようです。
深圳市では公園内の茶館が4軒、営業停止になったようです。

 

深圳市城管局关停4家公园茶馆

公园内场所为少数人服务?不行。目前,市城管局已关停了洪湖公园的洪湖茶艺室、皇岗公园的弈园、荔枝公园的荔湖茶室和南山区四海公园的茶艺馆。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0307/article_167632.html

 

公園内の場所は少人数に対してのサービスの場でしょうか?ダメです。先日、深圳市の都市管理局は洪湖公園の洪湖茶芸室、皇崗公園の弈園、茘枝公園の茘湖茶室と南山区四海公園の茶芸館を閉鎖・停止しました。

昨日、都市管理局のある責任者の話によると、住宅・都市建設部の公園管理の要求に沿って、2013年末から2014年初めにかけて、市内全域において都市公園内に設置されているクラブや高級レストランの特別検査を実施し、都市公園の運営管理を行っている中に存在する、少人数向けにサービスをするレストラン、クラブなどの賃貸施設の状況を全面的に詳しく調べ、整理しました。

特別検査では、市内全域にある政府が直接投資して管理を行っている都市公園40カ所、市に属する都市公園18カ所、区に属する都市公園22カ所を全て検査しました。都市公園の中で、レストラン経営やその他の経営活動に供されている賃貸物件の数は全部で7件で、そのうち5件は市に属する都市公園で、2件は区に属する都市公園で、具体的な物件の数は全部で14カ所でした。

検査中に判明した問題については、都市管理局は「公園内のレストランとクラブの整理分類に関する指導意見」を制定し、各公園に対し直ちに対策を採るよう求めました。各公園はクラブのような経営行為がある場所については、断固として閉鎖・停止を行います。
 

これも政府の反贅沢政策の1つなのかもしれませんが、公園の一角を富裕層対象の高級クラブや高級レストランにしている行為を片っ端から取り締まっているようです。
杭州の西湖で見られた、庶民的な茶館への転換というのは、茶館として生き延びるための唯一の道のようです。

 

市場環境の最近記事

  1. 中国の”国際飲茶日”提案、FAO総会を通過

  2. モロッコの残留農薬基準変更への対応

  3. 上海黔茶センターが設立

  4. 武夷山市政府、”茶青カード”を導入

  5. 過熱化する武夷岩茶の”大師”、”山場”競争に当局のメスが

関連記事

PAGE TOP