中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 100 view

天目湖の次の一手は黄金芽茶

天目湖白茶が人民大会堂の特供茶となり、一躍、注目の産地となった溧陽市。
すでに次の一手を考えているようです。

 

溧阳天目湖引进种植黄金芽茶

经过天目湖茶研所两年多的引进试种,一种新品茶——黄金芽茶在溧阳天目湖镇正式落地生根。今年该镇引进70多万株茶苗,种植面积200亩。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0404/article_155099.html
 

天目湖茶研究所が2年あまりの導入試験をしていた新品種-黄金芽茶が溧陽市の天目湖鎮偽式に植えられた。今年、天目湖鎮に70万株あまりの茶苗を導入し、200畝に植えるとのこと。

黄金芽茶は、溧陽市が導入して拡大した白茶に続く新品種。樹体がしっかりしており、産量も多く品質に優れ、効率は白茶よりも高いとのこと。春、夏、秋の3シーズンでは、そのこずえが黄金色になり、菜の花が咲いたように見え、観賞性もあるとのこと。

 

かなりマーケティング能力に長けた産地の新品種なので、今後の動向が気になるところです。
美味しいんでしょうかね。

産地情報の最近記事

  1. 安徽省祁門県、安茶の生産が最終段階に

  2. 製茶ロボット、勐海茶廠で稼働開始

  3. 今年の武夷岩茶の三大茶王が誕生。過去最高のコンテスト規模に

  4. 浙江省金華市武義県、抹茶の輸出をバックアップ

  5. 安渓鉄観音の秋茶、品質は良好。価格は値上がり傾向

関連記事

PAGE TOP