中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 43 view

太平猴魁の茶摘みが始まる

安徽省の名茶、太平猴魁の茶摘みが始まったそうです。

 

安徽名茶太平猴魁正式开园采摘

4月12日,在太平猴魁核心产区——黄山市黄山区猴坑村举行开园仪式,标志着今年太平猴魁茶正式开园采摘。当天还举行了“茶王祭”活动和猴坑村正式挂牌仪式。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0413/article_155467.html
4月12日、太平猴魁の中心的な産地である黄山市黄山区猴坑村で開園セレモニーが行われ、今年の太平猴魁茶が正式に開園し茶摘みが始まった。同日、”茶王祭”が開催され、猴坑村では正式な開業セレモニーも行われた。

太平猴魁の中心的な産地では、茶農家たちは一株のすくすく育った茶樹を茶王樹と命名し、そこに碑を建てています。毎年、茶園を開園するときになると、茶農家たちはいつも”茶王祭”を行い、将来よりよい生活ができるよう祈念し、祝福を行います。これは当地の茶文化にとって重要なこととされています。

太平猴魁茶の原産地は黄山区新明郷三合村で、中心的な産地は猴坑村の村民グループです。
太平猴魁茶の品質を保証し、外地の茶葉の混入を避け、不良品を良品と見せかけられないために、、2003年から三合村は警察と住民による共同保護モデルを実現し、”地域を大きく保護し、中心地域を小さく保護する”活動を行って、茶農家たちの利益を十分に保護しています。

太平猴魁開園の当日に猴坑村で行われた開業セレモニーで、三合村は正式に猴坑村に改名されました。

太平猴魁の茶摘みの時期は一般には、穀雨の頃から始まり、5月中旬に終わりますので、茶摘みの期間は20日前後です。今年は天気の影響から、開園の時期が昨年より8日早くなりました。
4月初旬に黄山区の茶葉に影響を与えた春の嵐は、太平猴魁のような高山茶に与えた影響は小さめでしたが、産量は少しだけ減りました。同時に、国内市場の贈答品茶の販売価格大幅下落の影響を受け、太平猴魁の価格もやや下がりましたが、品質は変わっていません。今年、中心的な産地で作られる茶葉の市場価格は1斤4000元から5000元程度で、総生産量は2万斤前後と推計されています。

太平猴魁茶は中国十大名茶の一つで、かつて国家の贈答品にも選ばれ、一貫して市場から好評を受けています。ここ数年来、太平猴魁茶の価格は毎年うなぎ登りに上昇し、中心産地の茶農家たちの経済収入は十年で十倍の増収になる奇跡をもたらしました。
黄山区はでは、ただ良いお茶を作ることで、村民を豊かにするプログラムを実施しており、太平猴魁茶のブランドは黄山区の対外的な美しい名刺代わりになっています。2012年、黄山区は茶産業で4.02億元をあげ、茶業全体では10.6億元の収入になっています。

 

太平猴魁の産地は高山にあり、いわゆる芽茶では無いので、茶摘みの時期はやや遅めです。
生産量が限られていることもあり、お値段はかなり強気で推移しているようですね。

 

産地情報の最近記事

  1. 雲南省広南県、抹茶生産で戦略提携

  2. 英徳茶の過去・現在・未来

  3. 困鹿山の古茶園保護に向けた現地調査

  4. 無量山の茶を守る人

  5. 紫陽茯茶の生産現場をメディアに公開

関連記事

PAGE TOP