中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 歴史と文化
  2. 25 view

陸羽の生誕1280周年イベント、湖北省天門市で開催

茶聖・陸羽の生誕1280周年を記念するイベントが、生まれ故郷とされる湖北省の天門市で開催されるようです。

 

陆羽诞辰1280周年活动即将在天门举行

为纪念茶圣陆羽诞辰1280周年,在湖北天门市市委、市政府支持下,中国国际茶文化研究会将于12至14日在湖北天门举行“纪念茶圣陆羽诞辰1280周年活动”。活动由天门市陆羽研究会、陆羽国际集团、天门职业学院等共同承办。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/1112/article_163637.html
陸羽の生誕1280周年を記念するため、湖北省天門市の市委員会では、市政府の支持のもと、中国国際茶文化研究会を12日から14日に湖北省天門市で、”茶聖陸羽生誕1280周年記念イベント”を実施します。この活動は、天門市陸羽研究会、陸羽国際集団、天門職業学院なども共催します。

調べによると、今回の記念イベントは”陸羽の文化を広めて高め、経済と貿易の発展を促進しよう”をテーマに、国内の茶文化専門の学者、茶文化愛好者及び一部の企業家約300人が参加して行われます。このイベントの中には、茶聖陸羽の生誕1280周年記念拝謁儀式、大型の花鼓劇の文芸演出、天門市茶産業発展フォーラム、”茶聖杯”美術作品展、第1回”陸羽杯”国際茶道招待コンテストなどのものがあります。活動期間中はスリランカなど国内外の有名な商業・貿易界の人々が天門市にやってきて商談や提携の話し合いや、締結なども行われる予定です。

聞くところによると、今回のイベント通じて陸羽の文化をより広め、陸羽の精神をより高め、天門市の夜分かと茶産業の発展を促進し、対外的な影響力を高め、経済と社会を発展する”ソフトパワー”を高める狙いがあるそうです。

 

復州竟陵の生まれであるとする通説に乗っかった、町おこしイベントのような感じでしょうかね。
20年後まで続いていれば、1300周年の大きなイベントになりそうな気がします。

歴史と文化の最近記事

  1. 中国でお茶を学べる大学

  2. 法門寺の茶具、陝西歴史博物館で展示

  3. プーアル茶の封茶式

  4. 陳宗懋氏、国際お茶の日の意義について語る

  5. 世界茶葉図書館がオープン

関連記事

PAGE TOP