中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 4 view

広州芳村市場、年末も高級茶の売り上げは伸びず

中国最大の茶葉市場である広州の芳村市場。
春節前の時期になっても、盛り上がりには欠けるようです。

广州芳村茶叶市场:高端茶叶年关销售不太旺

在厉行节约之风劲吹的影响下,高档茶销售进入低迷。据中国茶叶流通协会近日发布的《预测中国茶叶2014年形势报告》显示,2013年高档名优茶价格大幅下跌,跌幅达10%-50%。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0121/article_166048.html

節約励行の強い風が吹く中、高級茶の販売は低迷期に入っています。中国茶葉流通協会が最近発表した「中国茶葉2014年の動向予測レポート」では、2013年、高級な名優茶の価格は大幅に下落し、下落幅は10%~50%にもなりました。

広州芳村茶葉市場では、茶城内の多くの店は訪れる人もなく寂しい状態です。ここは国内の茶業界の風向計の1つで、「客は少なく、仕入れ価格は上がり、茶葉は売れない」と、ある茶商はこのようにハッキリと言います。茶商たちに、贈答用に適したプーアル茶餅をいくつか推薦してもらいましたが、多くは1枚数十元から百数十元ほどのものでした(1枚は約350g)。茶商たちは、今の消費者が選ぶ茶葉はみな簡素でコストパフォーマンスの高いものばかりなので、贈答用の高級茶葉の販売は楽観できないと言います。

ある茶葉店の主人は、高級な贈答用の茶の予約数は2012年の半分以下に減っており、更に価格も大分安くなったと言います。”三公”消費の影響を受け、年末に茶葉マーケットが盛り上がるというのは、非常に難しいことのようです。
中国の消費の落ち込みはなかなか深刻なようです。

市場環境の最近記事

  1. 中国の”国際飲茶日”提案、FAO総会を通過

  2. モロッコの残留農薬基準変更への対応

  3. 上海黔茶センターが設立

  4. 武夷山市政府、”茶青カード”を導入

  5. 過熱化する武夷岩茶の”大師”、”山場”競争に当局のメスが

関連記事

PAGE TOP