中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 135 view

花香型六安瓜片が出てくるらしい

六安瓜片というと、かなり独特な製法で作られる安徽省の名優緑茶ですが、新しいタイプのお茶を開発しているようです。

花香型六安瓜片通过科技成果鉴定
http://news.t0001.com/2011/0207/article_119851.html

花香型六安瓜片というのを、六安市華山名優茶開発センターと安徽農業大学で共同研究していたようです。で、その技術の認定委員会が開かれ、認定がされたようです。
なんでも、春末や夏、秋のお茶をつかって、ちょっと特殊なやり方で作ると、花香が出るのだそうです。

これができると、商品価値がどうしても下がりがちだった時期のお茶も販売ができるようになると見込まれ、茶農家の増収策につながると考えられているようです。

どんなものなんでしょうね。一度飲んでみたいです。

産地情報の最近記事

  1. 祁門県、高山野茶の茶摘みで茶農家の増収を図る

  2. 福建省漳州市平和県、柚香奇蘭をEUに初輸出

  3. 潮州市鳳凰鎮の600年古茶樹、大庵”宋種”の茶摘み

  4. 金駿眉の新茶、4月20日より発売開始

  5. 安渓鉄観音の春茶の茶摘み始まる

関連記事

PAGE TOP