中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 茶と旅
  2. 1 view

外国人観光客のお気に入りはお茶

中国の観光みやげの定番と言えば、お茶。
これがデータで裏付けられたようです。

北京旅游绿皮书:外国游客最爱买茶叶

据新华社电 由社会科学文献出版社出版的《北京旅游绿皮书2013》9日在北京发布,绿皮书关于北京2012年入境旅游者购物偏好调查显示,茶叶是入境旅游者在京最普遍购买的商品,其次是丝绸、工艺品、香烟、中成药、陶瓷和字画。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0710/article_159175.html
新華社電。 社会科学文献出版社が出版した『北京旅行グリーンブック2013』が、9日北京で発表され、この本に関係する2012年に入国した旅行者の買い物嗜好性調査が発表され、茶葉は北京で入国した旅行者の中で最も人気の商品であり、その次に絹製品、工芸品、たばこ、漢方薬、陶磁器と書画だったとのこと。

北京市旅行委員会は2012年4月から6月の入国する旅行者が多い時期に、北京首都国際空港とホテルなどで4800名の旅行者にアンケートを行い、外国人観光客の北京における旅行費の使い方とその特性を調査しました。サンプル調査の結果、外国人旅行客は北京で一人あたり1047アメリカドルを消費し、平均滞在期間は4.23日、買い物による消費は、外国人旅行客の総消費金額の4分の1で、長距離交通費用を除くと最大の支出項目です。

入国旅行者の買い物の嗜好性から見ると、約40%の観光客が茶葉を購入しており、茶葉は旅行者に最も受け入れられる商品となっています。このほか、絹製品、工芸品、たばこ、漢方薬や健康食品、陶磁器などが占め、それぞれの割合は、25.8%、22.6%、21.8%、20.2%、13%です。

旅行者の出発地別に見ると、韓国、南北アメリカ、オセアニアからの旅行客は買い物の種類が多く、平均的には2種類以上を購入しています。香港、マカオ、台湾および日本からの旅行客は購入する種類が少なく、1種類程度です。欧米やオセアニアからの旅行者は茶葉や絹製品、書画を買うことを好み、アジアの旅行客は漢方薬や健康食品を買うことを好みます。

旅行者の類型で見ると、ビジネスや展示会、文化・スポーツ・科学技術の交流のために訪れた旅行客の購入商品数は比較的多く、平均2種類以上で、観光遊覧型の旅行客の購入商品は比較的一つに偏っており、一人あたり1.2種類程度です。旅行客のうち、ビジネスや会議目的の旅行者の半分以上は茶葉を購入しており、他のタイプの旅客よりも比較的高い傾向にありました。

グリーンブックはまた、ここ数年、北京にやってくる旅行客の年齢が若くなっていることを示しています。25歳から44歳の中青年の旅行者が全体の入国旅行者数の47%を占めるようになっており、北京における最も主要な年齢層となっており、これは2007年に相似しています。

やはり、お茶は中国の定番のお土産品になるのでしょうね。

茶と旅の最近記事

  1. 蒙頂山国家茶葉公園の記念式典の様子

  2. 蒙頂山、国家茶葉公園に

  3. 台湾、”お茶探し”バスツアーを発売

  4. 武夷山、民宿産業が急成長

  5. 国際旅行列車”エレンホト号”、茶葉之路を行く

関連記事

PAGE TOP