中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 標準・基準
  2. 82 view

日本が農薬の残留基準を強化

昨年末からの残留農薬問題のため、日本では輸入烏龍茶の強制検査と基準の引き上げを行っています。
このことは、もちろん中国でも報道されています。

 

日本厚生劳动省提高茶叶进口门槛

日前,日本厚生劳动省医药食品局食品安全部发布通知称,对食品、添加剂等规格标准进行补充修订,规定中杀虫剂三唑磷的限量由发布前的0.05ppm/kg修订为0.01ppm/kg,除草剂苄嘧磺隆的限量由发布前0.02ppm/kg修订为0.01ppm/kg,两种农药标准自2013年2月20日起实施。这是日本自2006年5月29日执行“肯定列表”以来再次提高茶叶进口门槛。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0306/article_158287.html

 

先日、日本の厚生労働省の医薬食品局食品安全部は、食品に対する添加剤等の基準を改正することを発表した。
規定では、殺虫剤トリアゾ-ルの基準値は0.05ppm/kgであったものを0.01ppm/kgに、除草剤の基準値も0.02ppm/kgから0.01ppm/kgに、それぞれ改め2013年2月20日から実施する。
これは日本が2006年5月29日に始めたポジティブリストの施行の以来のことで、茶葉の輸出のハードルが引き上げられることになる。

中国国内でも、最近は環境問題が大きくクローズアップされており、食の安全についても関心が高まっています。
国内基準も3月1日から新標準が施行されているため、茶業界には一層の品質管理が問われることになりそうです。

標準・基準の最近記事

  1. 『緊圧祁紅』『老祁紅』の団体標準を発表

  2. ISO国際規格に対する普洱茶のあり方を問うシンポジウム、雲南省で開催

  3. 国際規格ISO20715:2023『茶葉分類』が正式に公布される

  4. 団体標準『陳年緊圧白茶』の原案が専門家審査を通過

  5. 「評茶員」の職業名称が「評茶師」に統一

関連記事

PAGE TOP