中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 64 view

中国の考えるブランド戦略

最近の中国の茶業界では「ブランド」が非常に重要視されています。
その理由や今後の進むべき道を論評した上で、ブランドの作り方について考察した記事がありました。
茶叶商标及广告语设计策划方案——世袭茶叶商标解析

中国正处在一个至关重要的十字路口上。制造廉价产品已使中国企业有了很大的发展,但上升的劳动力成本、环境问题等,以及对创新的需求都意味着重要的不是制造更廉价的产品,而是更好地进行合理的产品品牌战略规化。品牌命名是品牌战略中最最重要的决策,万万马虎不得。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0128/article_156996.html

 

記事の冒頭、中国はまさに重要な十字路にいるとし、廉価な商品を作ることで中国企業は発展してきたが、労働コストの上昇と環境問題などから、これからは安価なだけの製品を作るのではなく、的確な商品のブランド化戦略が必要であるという指摘をしています。

日本人が考えている以上に、非常に的確な問題意識をもって業界を見ていることがわかります。

その上で、ブランド化を行うためのポイントを5点に集約しています。

まず1つめはブランドの名前。これはいい加減であってはならず、顧客の頭の中に入りやすいものでなければならず、これこそが生産力だと言います。

そして、その名前が顧客に浸透しており、記憶の中にあることを2番目に挙げています。

3番目のとして、ブランド名からパッと商品がひらめくようになること。これがブランドへの忠誠心(ブランドロイヤリティー)をつくります。

4番目に、ブランドは「第一」であり、そのブランドは「唯一」のものでなければなりません。「第一」というのはつまり、リードする存在であるとであり、「唯一」というのは差別化ができているということです。

5番目にそのブランドに会社が持っている豊富な資源を結びつけて確固たるものにすること。
こうして作ったブランドが好調な時に、さらに子ブランドを作っていくことが大切です。

と、以上5つの項目を挙げています。
これをもとにして、「世襲」なるブランドを想定し、ブランドアイデンティティなどの例を挙げています。

 

この記事を見る限り、中国のお茶業界はマーケティングをかなりしっかり勉強して、取り入れていこうという志の高さが見られますね。

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. 祁門紅茶の地理的表示について黄山市と池州市が合意

  2. 西湖龍井茶の平均価格、昨年よりも1kgあたり600元前後の上昇に

  3. 龍井茶のブランド使用許可企業一覧

  4. 第5回国家級無形遺産に8つのお茶の製造技術が認定(一覧リストあり)

  5. 恩施玉露、ブランドの復興に向けた書籍を発刊

関連記事

PAGE TOP