中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 2 view

信陽市の新製品品評会

名茶・信陽毛尖の産地として知られる河南省信陽市。
最近は、信陽紅という紅茶をヒットさせ、新商品開発にも力を入れています。
そんな信陽市の次の一手が分かるような新製品の品評会が行われたようです。

 

河南信阳举办茶点茶叶新品品鉴会

1月24日,“信阳红茶饼、信阳白茶饼、信阳红岩茶”新品品鉴会举行。湖南农业大学茶学系教授朱旗、安徽农业大学茶学系教授方世辉、中国茶叶流通协会常务副秘书长姚静波等近20位茶叶专家对三款新品进行了为期一天的品鉴。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2015/0126/article_176979.html

1月24日、”信陽紅茶餅、信陽白茶餅、信陽紅岩茶”の新製品品評会が開催されました。湖南農業大学茶学系の教授・朱旗氏、安徽農業大学茶学系教授の方世輝氏、中国茶葉流通協会常務副秘書長の姚静波氏などの20名近くの茶の専門家が、3つの新製品について、1日で品評を行いました。

取材によると、信陽市の茶園面積が拡大するにつれ、生葉の産量は毎年増加していますが、伝統的な製茶技術は春茶の生産に重きを置いていて、夏茶や秋茶の生産を軽視しています。茶摘みの期間は短く、大量の生葉が摘まれずに捨てられてしまっており、無駄が大変に多いのです。
今回品評された3つの新製品は、信陽傲勝茶業有限公司の茶園と市の供給販売社が支援する磨盘山茶葉専業合作社が最近開発した新しい茶製品です。彼らは信陽の中心産地である、黒龍潭、白龍潭、磨盘山などの著名な茶産地に生態茶園を5000畝あまり設けており、製品は何度も全国名優茶コンテストで金賞を取るなど、多くの消費者に愛されています。
今回開発された新製品は、信陽茶製品のラインナップを増やすだけで無く、産業チェーンを伸ばすことにより、それぞれ異なる市場のニースを満たすことができ、茶葉資源の総合的な利用率を高めると共に、茶農家の利益を増やし、信陽の茶業の経済効率を高めます。

これ以前に、市の品質検査部門がこの3つの新製品に対して、合格の結論を出しました。専門家の新製品の品評の際は、戻りの甘みが心地よく、余韻も長く続き、香りも濃厚で、茶餅の形も美しくて保存もしやすい。これらが信陽の茶製品に与える意義は大きい、としています。

 

信陽市が紅茶に続いて烏龍茶の研究をしているのは、既報の通りですが、白茶や餅茶の開発も進めていたようです。
製品開発の積極的な地区として、注意してみておく必要がありそうです。

産地情報の最近記事

  1. 浙江省の春茶、一通り出揃う

  2. 西湖龍井、3月19日より茶摘み開始

  3. 2019年全国名茶、春茶の発売時期予想

  4. 今年の烏牛早は史上最も早い茶摘みに

  5. 安徽省黄山市の茶葉ブランド育成戦略

関連記事

PAGE TOP