中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 5 view

中国茶館連盟が成立

中国国際茶文化研究会の中に、中国茶館連盟という組織ができたようです。

中国茶馆联盟在杭州成立

阳春四月,茶香有约,茶都杭城又迎来了一次盛会,来自全国20多个省、市、自治区的百余家茶馆经理共赴杭城,参与2014全国茶馆经理年会。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0413/article_169222.html

うららかな春の4月、茶の香りが漂う、茶都杭州ではまた大きな会が行われました。全国20あまりの省、市、自治区から100軒あまりの茶館の経営者が杭州にやって来て、2014年全国茶館経営者の年次例会に参加しました。

今回の年次例会では”茶を国飲として広め、ビジネスモデルを刷新し、標準を確立することを推進しよう”をテーマに、経営者の理念と文化創造の意識をより高め、全国各地の茶館の経営者が最新情報と経営の経験を交流させる場となりました。
今回の例会では、もう一つ特別な議題がありました。全国百軒あまりの茶館が共同で参加し、中国国際茶文化研究会茶館連盟(略称:中国茶館連盟)を設立することについてです。
茶館連盟大会では、また「中国国際茶文化研究会茶館連盟の共通認識」を決議し、茶館の業界関係者は次々に表明を行いました。茶によって人に恵みがもたらされ、茶が世の中に豊かさをもたらし、新しい特色ある茶館業の道を示すことで、今年、茶館の業界では新しいビジネスモデルを作ることが重要な仕事になります。

今回の全国茶館経営者年次例会は、中国国際茶文化研究会、杭州市貿易局が主催し、中国国際茶文化研究会茶館専業委員会、杭州市茶楼業協会が実施しました。

 

中国の茶館もビジネスモデル的に行き詰まり感があるので、こうした同業者団体で、色々な施策を考案していくようです。

市場環境の最近記事

  1. 中国の”国際飲茶日”提案、FAO総会を通過

  2. モロッコの残留農薬基準変更への対応

  3. 上海黔茶センターが設立

  4. 武夷山市政府、”茶青カード”を導入

  5. 過熱化する武夷岩茶の”大師”、”山場”競争に当局のメスが

関連記事

PAGE TOP