中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 12 view

差別化を目指す安渓の各産地

鉄観音ばかりが目立ちがちであった安渓県の茶業ですが、最近、大坪の毛蟹が好調だそうです。
一体、何があったのでしょうか。

 

安溪茶叶重镇差异化发展大坪毛蟹

每年4月下旬,才是安溪大坪毛蟹上市的季节。但在萍洲村却有一大好事——这个大坪毛蟹最大产地,许多农户家的毛蟹还没冒芽儿就已经早早被预订走了。大坪毛蟹为何如此走俏?

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0127/article_156947.html

毎年4月下旬は安渓の大坪毛蟹の発売時期です。
しかし、今、萍洲村(大坪毛蟹の最大の産地)では、まだ芽も出ていない毛蟹に予約が入り、早々に売り切れるということが起こっています。
大坪毛蟹はどうしてこのように売れるのでしょうか?

「鉄観音は袋小路に入っているけれども、大坪には色々な名茶があって、差別化することにより競争力を持っています」と大坪郷の党委員会書記は語ります。
「今年、私たちは肉桂、烏金桂など大坪の特色あるお茶をブランドとして一本化し、組合を立ち上げ、統一ブランドとして経営しています」とのこと。大坪毛蟹に止まらず、萍洲肉桂などの新商品も出しているようです。

21世紀に入ってから、茶産地の差別化は増えています。
西坪では「茶のふるさと」という旗印を掲げ、独自の道を模索しています。
鉄観音の発祥地として、産地を巡るツアーなどを実施し、プロモーションを行っています。

一方、龍涓では、外れにあり、茶園の数量が多いことから、「茶葉新郷」という名前をつけ、徐々に注目を集めているようです。
有機茶農園や烏龍茶文化村などをいくつものプロジェクトを行っているそうです。

 

安渓県の中とはいえ、その中にある各産地がそれぞれの戦略でブランドイメージの確立に動き始めているようです。

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP