中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 歴史と文化
  2. 408 view

法門寺の茶具、陝西歴史博物館で展示

法門寺で出土した茶道具が陝西歴史博物館で展示されているそうです。

 

先日、陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が開催を請け負った”唐天子の茶ー陝西国宝シリーズ特別展の法門寺で出土した王家の茶道具”が陝西歴史博物館の国宝ホールにお目見えしました。
展示会では、1987年に法門寺の地下宮殿から出土した器の中から選ばれた、お茶の保存用の器、茶を篩う器など唐代の王家で用いられていた7点の茶道具が、5ヶ月間無料で一般に公開されるとのことです。

 

現在の状況下なので、なかなか渡航は難しいのですが、このような展示が行われているそうです。

歴史と文化の最近記事

  1. 大紅袍母樹の生葉の永久性標本、故宮博物院で展示

  2. プーアル茶のパッケージは、なぜ綿紙を使うのか?

  3. 1973年以前にプーアル熟茶は存在したか?

  4. 「工夫茶」と「功夫茶」の違いとは?

  5. 「2・3・4・6」の数字で解説する白茶

関連記事

PAGE TOP