中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 92 view

寒さと雨のダブルパンチ

寒い日が続く日本同様、中国の茶産地も寒波に襲われているようです。
浙江省・紹興の様子です。

绍兴茶园绿意盎然,茶芽难觅
http://news.t0001.com/2012/0301/article_138673.html

記事によると、寒さで茶樹が冬眠状態で新芽の気配すら感じないとのこと。
また、雨が多く、根に与える悪影響も心配であると話しています。

茶摘みの開始時期が遅れることは、価格の高い明前茶の産量が少なくなることを意味するので、収入減に繋がります。
とくに早摘み茶の産地でもある紹興の農家には痛いところです。
一方で排水のための溝を掘ったりして人件費は嵩んでおり、天候を見ながら、ジリジリする日が続きそうです。

 

産地情報の最近記事

  1. 潮州市鳳凰鎮の600年古茶樹、大庵”宋種”の茶摘み

  2. 金駿眉の新茶、4月20日より発売開始

  3. 安渓鉄観音の春茶の茶摘み始まる

  4. 福鼎白茶、EUの農薬基準に適合

  5. 普洱市瀾滄ラフ族自治県、邦崴千年古茶王の茶摘み

関連記事

PAGE TOP