中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 47 view

紅茶になる梅占

梅占というと、烏龍茶の品種というイメージがあります。
しかし、最近は紅茶の良質な原料としてブレイクしているようです。

梅占茶叶成“政和工夫”红茶优质原料
http://news.t0001.com/2012/0303/article_138853.html

その紅茶とは政和工夫。
2010年に有力ブランド茶として認められると、一気に評価が急上昇。
5年前、1斤10元程度だった梅占の生茶葉の値段は、いまや80元。
良い時には140元、最低でも50元にはなるのだとか。

この村の梅占は、品質が良いとの評判を呼び、地元の茶葉会社だけでなく、武夷山などの会社からも買い付けに来るようです。
この村の農家の平均年収も4.4万元となり、ホクホク状態だとか。

ブランド茶が生み出す、チャイナドリームですね。

 

産地情報の最近記事

  1. 六堡茶の生産量、年末には2万トンに達する見込み

  2. 今年の鉄観音秋茶はコスパ良好

  3. 台湾人が開拓し、地元に根ざす”大陸阿里山”

  4. 雲南省広南県、抹茶生産で戦略提携

  5. 英徳茶の過去・現在・未来

関連記事

PAGE TOP