中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 67 view

生産能力の過剰にどう立ち向かうか

見た目は絶好調に見える中国の茶業界ですが、水面下では、様々な歪みが溜まってきているようです。
論文を一本ご紹介します。

产能过剩,中国茶企如何救市?
http://news.t0001.com/2012/0410/article_141559.html

この文章によると、昨年よりも茶の消費量は増えてはいるのですが、それにも関わらず、茶農家の収入は減少傾向にあるのだとか。
その原因は、茶葉の生産能力が既に過剰状態になっていることだといいます。
需要と供給のバランスが崩れて、価格が下落傾向にあると。

さらに最近の陳年茶ブームも困った状況を引き起こしています。陳年茶は新しいお茶ではないので、この流通が活発になっても、新茶の販売は進まない、と。
雲南のプーアル茶農家がコーヒーの栽培に転向するのも、このような流れが影響しているようです。

このような状況を改善するには、内需の拡大しかない、この記事は述べています。海外の茶の消費量と比べると、中国の1人あたりの消費量はまだまだかなりの伸びる余地があり、この点を徹底的にやっていくべきではないか、と。そのためには、今の人たちに合うような茶の提案が必要だろうとしています。

現在の中国の茶業界は、需要の拡大を本質的なところではなく、派手なプロモーション頼みになっていますので、今後は地に足のついた普及活動をやっていく必要があるのでしょうね。

市場環境の最近記事

  1. 登記されていない中国茶団体への注意喚起

  2. 今年の中国の荒茶生産量は300万トンを超える見込み

  3. 雲南省の有名茶山の生葉価格2021年版

  4. 2020年中国茶生産販売状況レポートを中国茶葉流通協会が公表

  5. 四川省初の茶葉専用列車、ウズベキスタンへ

関連記事

PAGE TOP