中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 185 view

武夷岩茶の茶摘みが始まる

福建省武夷山市で武夷岩茶の茶摘みと製茶が始まっているようです。

 

4月16日、武夷山の佛国岩のある茶園では、茶農家たちが岩茶の茶摘みを行っていました。

穀雨が間近となり、福建省武夷山の茶園では、茶農家が良い天候を捉えて、岩茶の茶摘みを始めました。
近年、当地では”茶産業、茶文化、茶の科学技術”の統合的な発展を行うにつれ、武夷岩茶の業界状況は良くなっており、茶産業は日増しに地元の農村の振興における支柱産業となってきています。

4月16日、武夷山佛国岩の茶園にて、一名の茶農家が岩茶を摘んでいるところ

4月16日、武夷山佛国岩の茶園にて、茶農家がよく摘み終えた生葉を背負って下山している

 

武夷岩茶の茶摘みが始まっているようです。
現在は早生品種に属する品種がメインで、鳳凰単叢、八仙、”黄氏兄弟(金観音、黄観音、黄玫瑰)”などが摘まれているそうです。
5月上旬には肉桂や水仙などの品種に移っていき、概ね5月下旬迄茶摘みと荒茶の製茶が行われます。

産地情報の最近記事

  1. 祁門県、高山野茶の茶摘みで茶農家の増収を図る

  2. 福建省漳州市平和県、柚香奇蘭をEUに初輸出

  3. 潮州市鳳凰鎮の600年古茶樹、大庵”宋種”の茶摘み

  4. 金駿眉の新茶、4月20日より発売開始

  5. 安渓鉄観音の春茶の茶摘み始まる

関連記事

PAGE TOP