中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 98 view

1斤3万元のお茶は身分と権力の証?

ついに1斤3万元なんていうお茶が出てくるようになってしまいました。

3万元一斤喝的是身份和权力?
http://news.t0001.com/2011/0324/article_121748.html

このお茶は、ご存じ、明前の西湖龍井茶。
昨年は1斤1万元だったものが、ここ1,2日で急激に値段が上がったのだとか。しかも、来年は4万元で売り出すと言っています。

ここまで来ると、価格の妥当性というのは何なのか?という話になるわけですが、このお茶は、一般人が飲むようなものではなく、贈答品として使われるもの。
つまり、「1斤3万元もするお茶を飲める」ということで、その人の”身分”と”権力”を示すための「特殊な身分証」だと言っています。

近年のお茶の高騰の背景には、このような事実がかなりあるのだと思います。
お茶そのものの飲用価値というよりも、「稀少さ」や「物語」のようなものに対して、お金が払われているということでしょう。
”明前”や”西湖龍井”というものが、記号のように消費されていくというのは、何だかやりきれない感もあります。

ちなみに、この記事の最後では、「値段が高くなればなるほど、お茶の味は薄くなる」と締めくくっています。

強烈な皮肉ですなぁ。。。

市場環境の最近記事

  1. 北京茶業交易センターが開場

  2. ロシアの中国茶需要は、ますます高まる

  3. 中国の茶業界の市場規模は3000億元超え。今後はブランド力の育成がカギ

  4. 世界と中国の紅茶産業のここ5年ほどの状況について

  5. 2023年普洱春茶の荒茶最高価格は、曼松・王子山古樹の1kg5万元

関連記事

PAGE TOP