中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 60 view

雪に覆われる福鼎白茶の茶畑。今年の作況に影響は?

今年は寒波が厳しいようで、福建省の白茶産地である福鼎でも雪が茶畑を覆ったようです。

 

”雨水”が過ぎたばかりで、春の風がこっそりと門を叩いているかと思えば、一夜にして冷たい風が福鼎にここ十年ほどで稀に見る大雪を連れてくるとは思ってもみませんでした。街の中や、屋根、より高い白茶の山など。一面が真っ白な氷と雪の世界になり、白茶の樹の畝には雪の花が満開になりました。遠くや近くから聞こえてくる沸き立つような人の声はなく、福鼎人が滅多に見ることのない一面の雪に覆われています。

問題は、今回の稀に見る大雪は2022年の白茶にどのような影響を与えるのでしょうか?

问题来了,如此罕见的大雪对2022年的白茶有什么影响呢?

1.雪と連日の低温の日が続いたことから、茶樹の生長と生産のスピードには必然的に影響が出て、白毫銀針の発芽は遅れそうです。このため、今年の茶摘みは数日遅れるでしょう。

2.茶樹の生長の周期は長くなり、これによって内含物質の蓄積は多くなり、今年の白茶はより美味しくなるでしょう。

3.虫害が茶樹に与える影響は小さくなるでしょう。

4.異常な低温の天候は、温度が高いことを好む植物の生長に与える影響は必至で、少し減産となるかもしれません。これは今年の白茶の価格が値上がりする1つの要素になるでしょう。

5.瑞雪は降りましたが、今年は豊作でしょうか?20日後にはハッキリした答えが出るでしょう!

福鼎白茶のコストはどんどん高くなっていますので、みなさん、大切に飲みましょう!

 

南方の福建省でも雪が降るくらいなので、今年はだいぶ寒さの厳しかった冬ということになりそうです。
幸いなのは、まだ芽が動いていなかったことで、今のところは、多少の茶摘みの遅れ程度で済みそうです。

産地情報の最近記事

  1. 福建省福鼎市、”世界白茶発祥地”の称号を得る

  2. 『雲南省古茶樹保護条例』を可決。外国人への罰則も明文化

  3. 安徽省祁門県、安茶の生産が最終段階に

  4. 製茶ロボット、勐海茶廠で稼働開始

  5. 今年の武夷岩茶の三大茶王が誕生。過去最高のコンテスト規模に

関連記事

PAGE TOP