中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 54 view

第5回国家級無形遺産に8つのお茶の製造技術が認定(一覧リストあり)

中国では伝統工芸や演芸の技術について国家級無形文化遺産(国家级非物质文化遗产)という認定制度を有しています。
先日、第5回の無形文化遺産リストが発表され、8つのお茶の製造技術が新たに登録されたそうです。

 

6月10日、国務院が発表した第5回国家級無形文化遺産代表性プロジェクトのリスト(合計185項目)と国家級無形文化遺産代表性プロジェクトの拡大プロジェクトリスト(合計140項目)が発表されました。

これによると、第5回国家級無形文化遺産リストの中には8つの茶葉の伝統技術が含まれていて、それらは緑茶製造技術(雨花茶製造技術)、緑茶製造技術(蒙山茶伝統製造技術)、紅茶製造技術(坦洋工夫茶製造技術)、紅茶製造技術(寧紅製造技術)、烏龍茶製造技術(漳平水仙茶製造技術)、黒茶製造技術(長盛川青磚茶製造技術)、黒茶製造技術(咸陽茯茶製造技術)、黄茶製造技術(君山銀針茶製造技術)です。

国ではこれまでに、既に4回の国家級無形文化遺産リストを発表しており、2006年、2008年、2011年、2014年の4回を合計すると全部で1372の国家級無形文化遺産代表性プロジェクトの拡大プロジェクトがあり、それぞれの申請地によって、国家級無形文化遺産代表性プロジェクト保護機関は3154になります。

これまでの統計から、今回までに、国家級無形文化遺産リストに登録された全部で37の茶葉の伝統製造技術は以下の通りです。

第1回~第5回国家級無形文化遺産代表性プロジェクトリスト

番号 プロジェクト名称 類型
2006年第1回(1)
武夷岩茶(大紅袍)製造技術
申請地区:福建省武夷山市
新規プロジェクト
2008年第2回(13)
2 花茶製造技術(張一元茉莉花茶製造技術)
申請機関:北京張一元茶葉有限責任公司
新規プロジェクト
3 緑茶製造技術(西湖龍井)
申請地区:浙江省杭州市
新規プロジェクト
4 緑茶製造技術(婺州挙岩)
申請地区:浙江省金華市
新規プロジェクト
5 緑茶製造技術(黄山毛峰)
申請地区:安徽省黄山市徽州区
新規プロジェクト
6 緑茶製造技術(太平猴魁)
申請地区:安徽省黄山市黄山区
新規プロジェクト
7 緑茶製造技術(六安瓜片)
申請地区:安徽省六安市裕安区
新規プロジェクト
8 紅茶製造技術(祁門紅茶製造技術)
申請地区:安徽省祁門県
新規プロジェクト
9 烏龍茶製造技術(鉄観音製造技術)
申請地区:福建省安渓県
新規プロジェクト
10 普洱茶製造技術(貢茶製造技術)
申請地区:雲南省寧洱ハニ族イ族自治県
新規プロジェクト
11 普洱茶製造技術(大益茶製造技術)
申請地区:雲南省勐海県
新規プロジェクト
12 黒茶製造技術(千両茶製造技術)
申請地区:湖南省安化県
新規プロジェクト
13 黒茶製造技術(茯磚茶製造技術)
申請地区:湖南省益陽市
新規プロジェクト
14 黒茶製造技術(南路辺茶製造技術)
申請地区:四川省雅安市
新規プロジェクト
2011年第3回(6)
15 花茶製造技術(呉裕泰茉莉花茶製造技術)
申請地区:北京市東城区
拡張プロジェクト
16 緑茶製造技術(碧螺春製造技術)
申請地区:江蘇省蘇州市呉中区
拡張プロジェクト
17 緑茶製造技術(紫笋茶製造技術)
申請地区:浙江省長興県
拡張プロジェクト
18 緑茶製造技術(安吉白茶製造技術)
申請地区:浙江省安吉県
拡張プロジェクト
19 黒茶製造技術(下関沱茶製造技術)
申請地区:雲南省大理ペー族自治州
拡張プロジェクト
20 白茶製造技術(福鼎白茶製造技術)
申請地区:福建省福鼎市
新規プロジェクト
2014年第4回(9)
21 花茶製造技術(福州茉莉花茶窨製技術)
申請地区:福建省福州市倉山区
拡張プロジェクト
22 緑茶製造技術(贛南客家擂茶製造技術)
申請地区:江西省全南県
拡張プロジェクト
23 緑茶製造技術(婺源緑茶製造技術)
申請地区:江西省婺源県
拡張プロジェクト
24 緑茶製造技術(信陽毛尖茶製造技術)
申請地区:河南省信陽市
拡張プロジェクト
25 緑茶製造技術(恩施玉露製造技術)
申請地区:湖北省恩施市
拡張プロジェクト
26 緑茶製造技術(都匀毛尖茶製造技術)
申請地区:貴州省都匀市
拡張プロジェクト
27 紅茶製造技術(滇紅茶製造技術)
申請地区:雲南省鳳慶県
拡張プロジェクト
28 黒茶製造技術(趙李橋磚茶製造技術)
申請地区:湖北省赤壁市
拡張プロジェクト
29 黒茶製造技術(六堡茶製造技術)
申請地区:広西チワン族自治区蒼梧県
拡張プロジェクト
2021年第5回(8)
30 緑茶製造技術(雨花茶製造技術)
申請地区:江蘇省南京市
拡張プロジェクト
31 緑茶製造技術(蒙山茶伝統製造技術)
申請地区:四川省雅安市
拡張プロジェクト
32 紅茶製造技術(坦洋工夫茶製造技術)
申請地区:福建省寧徳市福安市
拡張プロジェクト
33 紅茶製造技術(寧紅茶製造技術)
申請地区:江西省九江市修水県
拡張プロジェクト
34 烏龍茶製造技術(漳平水仙茶製造技術)
申請地区:福建省龍岩市
拡張プロジェクト
35 黒茶製造技術(長盛川青磚茶製造技術)
申請地区:湖北省宜昌市伍家崗区
拡張プロジェクト
36 黒茶製造技術(咸陽茯茶製造技術)
申請地区:陝西省咸陽市
拡張プロジェクト
37 黄茶製造技術(君山銀針茶製造技術)
申請地区:湖南省岳陽市君山区
新規プロジェクト

中華民族の優れた伝統文化の無形文化遺産を伝承するために、文化と旅游部は十数年前から国家級無形文化遺産代表性プロジェクトリストの整備を開始し、歴史、文学、芸術、科学的価値のある保護対象を予め確認しています。このほか、これらはユネスコの『無形文化遺産保護条約』も履行しています。
国家級リストは無形文化遺産を10のジャンルに分けています。その分類は、民間文学、伝統音楽、伝統舞踊、伝統演劇、曲芸、伝統スポーツ・演芸と雑伎、伝統美術、伝統技術、伝統医薬、民俗です。
これまでに国務院は国家級無形文化遺産代表性プロジェクトのリストを1557件発表しており、それらには民間文学167件、伝統音楽189件、伝統舞踊144件、伝統演劇171件、曲芸145件、伝統スポーツ・演芸と雑伎109件、伝統美術139件、伝統技術287件、伝統医薬23件、民俗183件があります。

 

今回、8つのお茶の製造技法が無形文化遺産リストに追加されたそうです。
これらの技術を伝承する人たちを、伝統技術伝承人として認定している動きもあります。
一部では、この伝承人のことを「人間国宝」のような表現をされることもありますが、意味合いはだいぶ違うと思われます。

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. 第5回国家級無形遺産に8つのお茶の製造技術が認定(一覧リストあり)

  2. 恩施玉露、ブランドの復興に向けた書籍を発刊

  3. 西湖龍井茶に浙江省のトレーサビリティーコード導入へ

  4. 西湖龍井茶の初摘み、3月12日に決定

  5. 景邁山古茶林文化景観、2022年の世界遺産へ申請

関連記事

PAGE TOP